heartbeat(ハートビート)とheart rateの意味

ハートビートの意味

heartbeat(ハートビート)はまさに読んだ通りのheart(心臓)のbeat(鼓動)なので「心臓の鼓動」などを意味する用語です。

これ以外にも心臓が鼓動するぐらいの短い時間という意味でin a heartbeatといった表現も存在しています。

おそらく、使い方としてはこのどちらかの意味になると思います。難しい単語ではありませんが使い方を例文にまとめています。

心臓の鼓動・心拍

heartbeat

heartbeat(ハートビート)は文字通り、人間の心臓の規則的な動きのことで名詞で「心臓の鼓動、心拍」を意味します。ドクン、ドクンという1回を指します。

heartbeatそのものは心拍・心臓の鼓動なので、この言葉そのものに良い悪いはありません。

例文

The doctor kept performing CPR until he could hear a heartbeat.

医者は心拍が聞けるまで心肺停止の蘇生救急をし続けた。

例文

The room was so quiet I could hear my own heartbeat.

部屋はとても静かだったので、私は自分自身の鼓動を聞くことができた。

以下は実際にある赤ちゃんを起こすことなく体温を測ることができるスマートデバイス「クリニクラウド」を紹介するニュースからです。

例文

CliniCloud is made up of two devices. One is a thermometer which uses infrared technology, and there is also a stethoscope for measuring heartbeat and respiration.

「クリニクラウド」は2つの機器から構成されており、赤外線技術を使った体温計と、心臓の鼓動と呼吸を測定する聴診器がある。

とても短い時間(in a heartbeat)

in a heartbeat

とても短い時間、わずかな瞬間の意味もあります。訳としては「すぐに、直ちに、一瞬で」であり、1回の心臓の鼓動ぐらいの短い時間・瞬間であると比喩的にとらえた表現です。

例文

She’s very smart and can answer any math question in a heartbeat.

彼女はとても頭が良くて、一瞬でどんな数学の質問にでも答えられる。

例文

I would go to Europe in a heartbeat if I had the chance.

もしチャンスがあるなら、すぐさまヨーロッパに行くのに。

もしヨーロッパに行くチャンスがあるなら、ためらわずにそのチャンスを掴むだろうという意味です。

例文

He was very careful with his money because he knew his fame could disappear in a heartbeat.

彼はお金に対してとても慎重だった、なぜなら自分の名声はあっという間に消えるかもしれないと分かっていたからだ。

heart beat

heart(名詞)とbeat(動詞)を別々にして使うこともできます。beatの過去形はそのままbeat、過去分詞はbeatenです。

例文

When her crush entered the room her heart began to beat quickly.

彼女の好きな人(片思いの相手)が部屋に入ってきたとき、彼女の心臓は速く打ち始めた。

例文

Roller coasters make my heart beat wildly.

ジェットコースターが私の心臓を激しく打たせる。

heartbreakは「失恋」の意味なので以下の記事をご覧ください。

heart rate

heart rateは一定の期間内の「心拍の数、心臓の鼓動の数」と考えることができ、通常は1分あたりのheart beat(beats per minute)と同じ意味です。

Heart rate = heartbeats per minuteと考えることができます。

例文

The average heart rate of an adult is 80 beats per minute.

成人の平均の心拍数は80(一分あたり80回)だ。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. オッズ

    イディオム・熟語・慣用句

    オッズ(odds)の英語表現

    海外ではスポーツの試合から選挙結果まで、さまざまな結果に対して賭けるこ…

  2. room

    英単語の意味と使い方

    room(部屋・余地)の使い方

    TOEICや受験などでもよく出題されますがroom(ルーム)には一般的…

  3. under

    イディオム・熟語・慣用句

    underを使ったイディオム・表現

    英語でよくunder ◯◯として「◯◯中だ、◯◯下だ」といった形で表現…

  4. remainの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    remainの意味と使い方

    remainは動詞では「とどまる、残る」の意味で、その場に残るような動…

  5. dunk12

    和製英語とカタカナ英語

    ダンクシュートは和製英語!dunk(ダンク)の意味について考える

    英単語としてのdunkの意味を考える場合には、一般動詞としてのdunk…

  6. shithole

    アメリカの文化

    トランプ大統領が言った「shithole」とはどういう意味か?

    2018年の1月にトランプ大統領が「shithole」という言葉を言っ…

おすすめ記事

  1. ファックについて
  2. lay-lie
  3. ジブリ
  4. 飲み放題
  5. ミッションインポッシブル




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  2. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  3. come with / come complete withの意味と使い方の違い
  4. episode(エピソード)の意味と使い方
  5. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  6. equipment / tool / facility / machineの意味の違い
  7. scoop(スクープ)の意味と使い方
  8. wave(波・手を振る)の意味と使い方




PAGE TOP