ギャラ(出演料)を英語でいうには?

ギャラ

芸能人や有名人の出演料を「ギャラ」と呼ぶケースが見られますが、この使い方は何がもとになっているのか? といった疑問があります。「guarantee(ギャランティー)」だとするならば、そのまま使えない和製英語になってしまいます。

今回はカタカナの「ギャラ」が何を意味しているのか? 英語で出演料に対してはどのように言うべきかを考えてみました。

guaranteeの意味と使い方

俳優や芸人、フリーランス系の仕事の報酬を日本では「ギャラ」といったりしますが、これは和製英語に近いものです。

語源は不明ですがギャラが「guarantee」の略だとするならば、もちろん英単語としては存在しています。

しかしguaranteeは「保証する」「保証(書)」などの意味しかありません。意味合いとしては「promise」に近いものです。

例文

The company printed a guarantee that their product won’t break.

その会社は製品が壊れないだろうという保証書を印刷した。

例文

I guarantee I will not lose the game.

その試合は負けないって保証するよ。

フリーランス系の仕事は1回1回の仕事の受注なので、この報酬を保証しますよといった意味から和製英語になっていったのではないかと推測されます。

「保証する、確かなものにする」は英語では類語が多いので以下の記事に違いをまとめています。

salary

ニュースで登場しましたが芸能人の報酬を「サラリー」と表現されることに違和感があったので確認してみると特に問題はないそうです。

俳優などの出演料もサラリーで表現することが可能です。

例文

Johnny Depp’s salary is large.

ジョニー・デップの報酬は大きい。

例文

People like to compare actors’ salaries.

人々は俳優の給料を比べるのが好きだ。

出演料は英語でどういうか?

出演料

では英語で出演料はどういうか? といった問題になりますが、自然な英語で会話を作ると「出演料」という単語がなかなか出にくいといった意見がありました。

例えば「誰か有名人を呼ぼうとしたけれどすごく出演料が高かった」といった場合に、わざわざ出演料という単語を使わなくても文章が作れます。

例文

I want to hire the Rolling Stones for my birthday but they are too expensive.

ローリング・ストーンズを誕生日に呼びたいけれど、彼らは高すぎる。

例文

I want to hire the Rolling Stones for my birthday but they charge too much.

ローリング・ストーンズを誕生日に呼びたいけれど、彼らはかなり請求をする。

例文

I want to hire the Rolling Stones for my birthday but their fee is too high.

ローリング・ストーンズを誕生日に呼びたいけれど、料金は高すぎる。

しいていうならば「fee」が料金に近いものだといえます。他にもperformance feeなどより明確にしてもいいかもしれません。もしくは例文のように「charge(チャージ)」を使う方法もあります。

日本語からの翻訳にこだわらずに、英語で考えるとより自然な感じの表現になります。以下の記事も関連項目なのであわせてご覧ください。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. handle

    和製英語とカタカナ英語

    ハンドル(handle)の意味と使い方

    カタカナで「ハンドル」といった場合には多くの人は自動車のハンドルを想像…

  2. draft

    和製英語とカタカナ英語

    draft(草案・下書き・徴兵)の意味と使い方

    カタカナで「ドラフト」といえば、プロ野球などの新人を獲得するドラフト制…

  3. 適切な
  4. stab

    日本語から英語へ

    「刺す」のstab / sting / bite の意味の違い

    stab / sting / biteはすべて「刺す」を意味しますが、…

  5. 強制

    カタカナビジネス英語

    強制を意味する「mandatory」と「compulsory」の違い

    これはどちらも「強制的な、強制された、必須の」といった意味ですが少しニ…

  6. justの意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    justの意味と使い方

    justは中学校で習う基本単語であり、カタカナでも「ジャストミート」「…

おすすめ記事

  1. シューズ
  2. ジブリ
  3. adjective(形容詞)
  4. ハンバーグ
  5. 赤ちゃん




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. 中国でキラキラ・イングリッシュネームが増えている
  2. doping(ドーピング)とdopeの意味を考える
  3. 注射(shot / needle / injection)を打つのは英語でどういうか?
  4. annual(年に一度、年一回)の意味と使い方
  5. comfortable / comfortの意味と使い方
  6. apartの意味と使い方
  7. fall outの意味と使い方
  8. 「nuke(核兵器)」「nuclear(核の・原子力の)」の意味と使い方




PAGE TOP