emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方

emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.12.2

emeritusは第一線、現役を退きまだ影響力を残すような地位の高い男性に対する敬称です。女性版にあたるのがemeritaとなります。

そんなに多く使われる単語ではありませんが、名誉教授や企業の会長、相談役を指して使われるケースがあります。また王族、皇族、ローマ法王に使われています。

たまたま平成から令和に移行する中でクローズアップされた「正しい使い方」を誰も知らないような単語ですが、簡単な例文とともにご紹介します。

広く使われる敬称については『majesty, excellency, highnessなどの敬称について』にまとまっているのでご覧ください。

emeritusの意味と使い方

emeritusの意味と使い方

基本的にはemeritusは高い地位を退いた男性に対する名称です。女性にもときどき使われます。読み方はエメリタス、イメリタスが近いですが以下の音声ファイルの発音を参考にしてください。

emeritus【iméritəs】

企業でいうならば会長・相談役や、大学の名誉教授のような、第一線・現役を退いてなお影響力を残す人々にも使われます。

皇室・王族関係では平成から令和に変わり、退位された上皇の英語名が敬称で「His Majesty the Emperor Emeritus」と宮内庁から発表がありました。ほかにも前ローマ法王の名称などに見られるぐらいです。

例文

After becoming pope emeritus Benedict XVI only makes a few public appearances.

元ローマ法王のベネディクト16世は公共の場に数回現れている。

例文

Having founded the company in 1974, the chairman emeritus now lives in Florida.

1974年に会社を設立し、元会長は今フロリダに住んでいる。

emeriti(複数形)

複数形がemeritiです。読み方はエメリタイあるいはエメリティみたいな感じになります。

emeriti

そんなに偉い人が複数形で現れる文脈はかなり限定されていると思いますが、以下のような例文ならばありえるかもしれません。

例文

The book has a full list of Harvard’s professors emeriti.

その本には元ハーバード大学教授の全リストが載っている。

emeritaの意味と使い方

emeritaの意味と使い方

emeritaは同じく高い地位を退いた「女性」に対して使われる言葉です。

emerita【iméritə】

日本では美智子上皇后がHer Majesty the Empress Emeritaになります。Empress(女帝・皇后・女王)を退位した女性の意味です。

例文

Having founded the company in 1974, the chairwoman emerita now lives in Florida.

1974年にその会社を設立し、元会長は今フロリダに住んでいる。

例文

On September 8, Empress Emerita Michiko underwent an operation to remove early-stage cancerous tissue from her left breast.

9月8日に、上皇后美智子さまが初期のステージのがん腫瘍を左胸から取り除く手術を受けた。

名詞か? 形容詞か?

「emeritus」「emerita」「emeriti」は辞書によると名詞でも掲載はありますが本来は形容詞です。

ラテン語由来の言葉なのでラテン語の文法に従うと名詞のあとに置かれますが、名詞の前に置くことも可能です。しかしそれほどよく使われる言葉ではないので「一般的な使い方」があまりありません。あっても誰もわかってないと思います。

先の例文でいえば「pope emeritus Benedict XVI」あるいは「emeritus pope Benedict XVI」のどちらも可能です。

「emeritus」「emerita」「emeriti」は日本語に訳すと「元〇〇」のようになってしまいますが、「元〇〇、前〇〇」を意味する言葉にformerがあります。

違いとしてはformerがあらゆる状況での「元〇〇、前〇〇(元カレなど)」を表せるのに対して、「emeritus」「emerita」「emeriti」は肩書きや役職のようなもので学校や組織に属す人物に与えられ、いまもなおその力を有するような人物に対して使われる言葉だといった点です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ノスタルジー

    英単語の意味と使い方

    ノスタルジーの英語での意味と使い方

    英単語にはnostalgyという単語は基本的には存在していないのでカタ…

  2. ピアレンティング

    英単語の意味と使い方

    parentingとchildcareの違いを考える

    辞書の英辞郎にも注意事項として記載がありますが「parenting(ペ…

  3. オルタナティブ(alternative)の英語での意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    オルタナティブ(alternative)の英語での意味と使い方

    「alternative(オルタナティブ)」はカタカナでも聞かれるよう…

  4. instrument / instrumentalの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    instrument / instrumentalの意味と使い方

    instrument(インストルメント)といえば、主に「楽器」あるいは…

  5. port(ポート・港)の意味と使い方、harbor(ハーバー)との違い

    英単語の意味と使い方

    port(ポート・港)の意味と使い方、harbor(ハーバー)との違い

    portとは港や入口、ゲートのようなものを指す言葉で、かなり古くから使…

  6. draft

    英単語の意味と使い方

    draft(草案・下書き・徴兵)の意味と使い方

    カタカナで「ドラフト」といえば、プロ野球などの新人を獲得するドラフト制…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. イギリス / イングランド / UK / ブリティッシュの違い
  2. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言
  3. 外国人
  4. America(アメリカ)とUSAの違い
  5. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?




最近の記事

  1. bare(裸の、むき出しの)の意味と使い方
  2. old-fashioned / out-of-date / old-schoolの意味の違い
  3. diaper(おむつ)の意味と使い方
  4. relent / relentlessの意味と使い方
  5. lightenとlighten upの意味と使い方
  6. wholehearted / half-heartedの意味と使い方
  7. weightとweighの使い方の違い
  8. crown(王冠・クラウン)の意味と使い方
PAGE TOP