英語での「東西南北」の方角の言い方

ウエスタン

英語での方角はご存じのようにNorth(北)、South(南)、East(東)、West(西)になります。それぞれに形容詞があり「北の」を指すには「Northern(ノーザン)」、南ならば「Southern(サザン)」となります。

日常ではせいぜい8方位ぐらいしか使われませんが、北北東のような言い方はもちろん英語にもあるので表にしています。ほかにも場所を指す際に注意すべき点がいくつかあるのでまとめています。

英語での東西南北

英語ではNorth(北)、South(南)、East(東)、West(西)の関係になります。それぞれ頭文字の「N」「S」「E」「W」が使われます。

例文

The sun moves east to west.

太陽は東から西へ動く。

例文

I live on the east side of town.

私は街の東側に住んでいる。

日本語と同じですが日常では東西南北に加えてせいぜい北西・北東・南西・南東を加えた8方位ぐらいしか使いません。

SW / Southwestが「南西」となり、SE / Southeastが「南東」となります。

専門の分野・業界ではもう少し細かいNorth-northeast(NNE)で「北北東」や、East-northeast(ENE)の「東北東」などの16方位での分類がされます。

英語での方角

大阪で「ミナミに行った」は南の方角ではなく難波に行ったの意味になりますが、文脈によってはNorthwestで「ノースウエスト航空」になる可能性も否定できません。

south / southernの違い

それぞれはNorth(北)、South(南)、East(東)、West(西)という名詞ですが、対応する形容詞があります。

Northern(北の)、Southern(南の)、Eastern(東の)、Western(西の)のような関係になります。

どちらを使っても同じような意味になり、違いがないケースもあります。

例文

I went to north Europe.

I went to northern Europe.

私は北ヨーロッパに行った。

これは言葉としては微妙な差ですが、状況によってはかけ離れた場所を指している可能性はあります。

例えば以下のような文章だと明確に指している場所が異なり、待ち合わせなどでは注意が必要になります。

例文

I went to the McDonald’s south of the station.

駅の(外側の)南にあるマクドナルドへ行った。

例文

I went to the McDonald’s in the southern part of the station.

駅の構内の南側にあるマクドナルドに行った。

またSouth America(南米)のように固有名詞になっているものもあります。

例文

I love to visit South America.

南米を訪れるのが大好き(ブラジル・ペルーなど)

例文

I love to visit southern America.

USA南部を訪れるのが大好き(たぶんテキサス、フロリダあたり)

おそらく「southern America」といってしまうと合衆国の南部のように受け止められる可能性があります。これは「アメリカ(America)」という単語が何を指すのかという問題にもなります。

west Boston / west of Bostonの違い

ボストンの西にある博物館のニュースを扱いましたが、それも同じような間違いが起こります。

例文

An exhibition commemorating the 75th anniversary of the Pearl Harbor attacks opened at the Museum of World War II west of Boston this week.

真珠湾攻撃75周年を追悼する展示会が、ボストンの西にある第二次世界大戦博物館で今週開催された。

ニュースにある博物館はマサチューセッツ州のネイティックという街にあります。同じマサチューセッツ州にあるボストンから数マイル西側の近い街ではあります。

例文

west Boston

(ボストンの街の中の西側)

例文

west of Boston

(ボストンの街の外の西側)

したがって、この博物館はボストンにはないことが文章から伺えます。

Western(ウエスタン)

ウエスタン

「西の」といった意味ですが概念としては漠然としています。まず西洋と東洋の考え方に基づいた「西側の、西洋の」といった使い方があります。一般的には「キリスト教文明に根ざしたヨーロッパ諸国、及び北アメリカを指す」とされています。

例文

It is rude to slurp your food in western countries.

西洋の国では食べ物をすすり食べるのは無作法だ。

例文

After the war, the country began importing western culture.

戦後、その国は西洋の文化を取り入れ始めた。

例文

In Western countries, people were less likely to talk about their loneliness.

西洋諸国では人々は自分たちの孤独についてあまり話そうとはしなかった。

「西洋の」として使われますがそもそも、この言葉を英語圏ではあまり使わないみたいです。

英語圏にすると自国が西洋なのであって、わざわざこの言葉を日常会話では使わないといった理屈です。イギリスの、アメリカの、といったほうが話が早いです。

また映画のジャンルとしてのWesternとは西部劇のことを指します。相対的な方角なので、基準や視点がどこにあるのかといった問題があります。

orient / oriented

オリエンタル

同様にorientには「東洋、アジア諸国」やorientalには「東洋の」の意味があります。

どちらかといえばorientには動詞で「~を適応させる、正しい位置に置く」といった意味もあるので、orientedで「~指向の、~向けの」といった意味でよく見かけます。

「family oriented restaurant(ファミリー向けのレストラン)」「health-oriented Coke(健康志向のコーラ)」といった使い方です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ガジェット

    英単語の意味と使い方

    device(デバイス)とgadget(ガジェット)の違い

    どちらもここ数年カタカナでよく使われています。デバイス、ガジェットはと…

  2. holiday

    英単語の意味と使い方

    「休み・休暇」のday off / holiday / vacationの違い

    休み・休暇を表すカタカナでもおなじみのホリディ(holiday)が具体…

  3. tollの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    tollの意味と使い方

    tollは道路などの「通行料金」の意味で使われるほかにニュースでは「負…

  4. スルーする

    英単語の意味と使い方

    「スルーする」は英語でどういうか?

    少し前に英単語のthrough(スルー)についての記事を書きましたが、…

  5. gray

    英単語の意味と使い方

    灰色・グレーの「grey」と「gray」の違い

    grey / grayは結論から先に書けば綴り・スペルが違いますが、ど…

  6. bingeの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    binge(ビンジ)とbinge-watch / binge-eatの意味と使い方

    binge(ビンジ)は何かを過度にすることを意味するスラングで、よく使…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. middle finger
  2. delay / late / slowの意味と使い方の違い
  3. センテンススプリング
  4. 支持する
  5. ツイッター




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. brute / brutal / brutalityの意味と使い方
  2. limit(リミット)とlimited(リミテッド)の意味と使い方
  3. structure / restructureの意味と使い方
  4. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
  5. squeeze(スクイーズ・しぼる)の意味と使い方
  6. spare(スペア)の意味と使い方
  7. subscription(サブスクリプション)とsubscribe(サブスクライブ)の意味を英語で考える
PAGE TOP