drinkの過去形と過去分詞は何か?

drink-drunk

単純なことですが、書きながらひっかかってしまったのがdrinkの活用です。

過去形はdrank? 過去分詞はdrunk? drank? drunken? と迷ってしまったので、海外サイトも含めて調べてみました。

drinkは動詞で「飲む」なので酒を飲むとしても使われますが酒に限ったことではありません。水でもコーラでもおでんの出汁でもdrinkです。

drinkの過去形と過去分詞

一般的な結論としては以下の通りです。

drinkの活用

drink(原形)- drank(過去形)- drunk(過去分詞)

発音:dríŋk – drǽŋk – drʌ́ŋk

これが一般的な形です。海外の文法サイトを調べてみましたが、これが最も多い表記でした。文法系の掲示板の意見交換とかでも上記の形がスタンダードです。

いくつかのサイトでは以下の形でもOKと記載があります。

この活用もOK

drink(原形)- drank(過去形)- drunk/drank(過去分詞)

過去分詞に「drank」をとってもOKと表記しているところもあり、北米を中心にらしいですが地域性もあるのかもしれません。

さすがにdrunkenを過去分詞にしているところはありませんでしたが、唯一日本のWeblioだけが「drunken」は動詞「drink」の過去分詞です」と小さく書いています。

Weblio検索結果「drunken」(魚拓)

本当ですか?! Weblioそのものは信頼していますが、この件に関してはちょっと簡単には信じられないです。おそらく誤植じゃないとか思いますが、どうなんでしょうか。

drunken / drunk

どちらの言葉も共に「酒に酔った、酔っぱらった」です。しかし使い方に制限があります。

例文

The drunken man…

(その酔った男が…)

例文

The drunk man…

(その酔った男が…)

例文

The man was drunk.

(その男は酔っていた)

ダメな例文

The man was drunken.

(この使い方ができない)

drunkenは前に置くことしかできず、She is beautiful.みたいな使い方ができません。

例文

The man was drunk at the time.

(男はその時、酔っていた)

例文

The drunken(drunk) man stumbled into the road.

(酔った男はよろめきながら道路まで歩いた)

文法用語では限定用法(前に置く形)や叙述用法(補語として受ける形)の違いになりますが、ご興味のある方はキーワードで検索してください。

drunkは両方いけるみたいなので、だったらもうdrunken使わなかったらいいのでは? とも思いますが。

関係ないですがジャッキー・チェンの名作「酔拳」シリーズの英語版は「Drunken Master」です。

drinking(お酒)

drinkingだけで「飲酒」を意味することができます。

例文

His drinking is really getting out of hand.

彼の飲酒は本当に手に負えない。

例文

Doctors say even casual drinking can be harmful.

医者達はたまの飲酒でも有害になりうるという。

関連して飲酒運転に関係する英語表現の記事をご紹介しておきます。イギリスとアメリカで微妙に言い方が異なっているのも特徴です。反対の意味の「シラフ」はsoberです。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. whereas

    英文法とライティング

    whereasとbutの違い

    接続詞の「whereas」は「~の一方で、~に対して、しかし」といった…

  2. overcome

    英単語の意味と使い方

    overcomeの意味と使い方、get overとの違い

    overcomeは「克服する、打ち勝つ」といった意味で登場します。ほか…

  3. demand

    英文法とライティング

    demandの使い方と仮定法現在

    demand(デマンド)は大きく2種類の使い方をされているのを見かけま…

  4. go to hell

    スラング

    go to hellの意味と使い方

    go to hellはそのまま文字通り「地獄へ行け」となり、拒絶や拒否…

  5. appearの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    appearの意味と使い方

    appearは大きく2つの使い方があり、1つは「登場する、現れる、出現…

  6. dark / darkness

    英単語の意味と使い方

    dark(ダーク)とdarkness(ダークネス)の意味と使い方

    すでにカタカナでも広く使われているdark(ダーク)は名詞と形容詞で「…

おすすめ記事

  1. カタカナ都市名
  2. 外国人
  3. fix / repair / mend
  4. hack(ハック)の意味と使い方
  5. カタカナ




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  2. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  3. come with / come complete withの意味と使い方の違い
  4. episode(エピソード)の意味と使い方
  5. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  6. equipment / tool / facility / machineの意味の違い
  7. scoop(スクープ)の意味と使い方
  8. wave(波・手を振る)の意味と使い方




PAGE TOP