brewery(ブルワリー)の意味と使い方

breweryの意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.02.13

brewery(ブルワリー)は一般的にビールを造る場所のことを指します。ビール醸造所と考えてもいいと思います。そこから生産の工程が似ている日本酒の酒蔵なども「Sake brewery」と呼んだりします。

ビールを生産する人がbrewerとなります。breweryとbrewerは重なりあう部分も多いですが、言葉としては少し定義が違うことになります。

動詞のbrewの使い方も含めて例文にまとめています。日本酒などが世界的にニュースになることも増えたのでよく見かけるようになっています。

breweryの意味と使い方

breweryの意味と使い方

brewery(ブルワリー)とは普通はビールが作られる場所、ビールを醸造する会社を指します。複数形は「breweries」となります。ワインにはwinery(ワイナリー・ワイン醸造所)という単語があります。

brewery【brúːəri】

例文

She got a job at a brewery.

彼女はビール醸造所での職を得た。

例文

Anheuser-Busch InBev is the biggest brewery in the world.

アンハイザー・ブッシュ・インベブ社は世界で最大のビール会社だ。

例文

He works at Asahi Brewery.

彼はアサヒビール(を作る場所)で働いている。

例文

This prefecture has the oldest sake brewery in Japan.

この県には日本最古の酒蔵がある。

sake brewery

sake brewery

「brewery」は酒を作る場所、会社としても使えます。醸造過程がビールと似ているからです。しかし、酒が世界中に知れ渡っているわけではないため、前提条件がないとネイティブスピーカーの大半は「brewery」と聞くと「ビール」だと感じます。

意味をはっきりさせるためには「sake brewery」と言えば、よりはっきり伝わります。

例文

△ I took a tour of a brewery when I visited Fushimi.

伏見を訪れたとき、私は(ビール? 酒?)醸造所のツアーに参加した。

普通の人は伏見について知らないので、おそらくビール醸造所だと感じてしまいます。

例文

I took a tour of a sake brewery when I visited Fushimi.

伏見を訪れたとき、私は酒醸造所のツアーに参加した。

brewerの意味と使い方

brewerの意味と使い方

brewerが「ビール醸造者」となります。酒蔵のようなものをイメージすると、生産者・醸造者でもあり、場所でもありますが、brewerは厳密には生産者で、人間あるいは会社を指して使います。

例文

He is a brewer for Asahi.

彼はアサヒのビール醸造者・職人だ。

以下はほぼ同じですが言葉の解釈では厳密にはちょっと違います。

例文

There are many sake breweries in Kobe.

神戸には多くの酒を造る場所がある。

例文

There are many sake brewers in Kobe.

神戸には多くの酒を造る人(あるいは会社)がある。

上段は酒を造る場所(brewery)がいっぱいある、下段は酒を造る生産者(人・会社)がいっぱいいるです。酒蔵は場所であり生産者でもあるので、結局は似たような意味になります。

日本酒を造る人は杜氏(とうじ)と呼ばれるので、杜氏はSake brewerと訳してもいいと思います。

またcoffee brewerでコーヒーメーカーのような使い方があります。

例文

I bought a new coffee brewer.

新しいコーヒーメーカーを買った。

brewの意味と使い方

brewの意味と使い方

そもそも動詞の「醸造する、醸成する」や「お茶やコーヒーなどを入れる」といった意味があります。過去形・過去分詞はそのままbrewedです。

例文

I like to brew a fresh pot of tea in the morning.

私は朝に、新鮮なお茶を入れるのが好きだ。

醸造に似た感じ、比喩的な意味で何かがある程度の時間をかけてできあがっていくことを指して「起ころうとしている」みたいな使い方があります。

例文

A storm is brewing.

嵐が起ころうとしている。

例文

The CIA suspected trouble was brewing in that country.

CIAはあの国でトラブルが起ころうとしているのではと疑っていた。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. speciesの意味と使い方、kindとの違い

    英単語の意味と使い方

    speciesの意味と使い方、kindとの違い

    speciesとは動物や植物の分類で使われる「種」のことであり、科学的…

  2. necessarily / necessity / necessaryの違い

    英単語の意味と使い方

    necessarily / necessity / necessary / unnecessaryの…

    necessaryは「必要な、必須の」といった意味の形容詞ですが、似た…

  3. poundはイギリスの通貨「ポンド」と重さの「パウンド」を意味する

    英単語の意味と使い方

    poundはイギリスの通貨「ポンド」と重さの「パウンド」を意味する

    poundは「パウンド」と発音され、大きく3つぐらいの意味で考えること…

  4. sleep / go to bed / asleepの違い

    英単語の意味と使い方

    sleep / go to bed / asleepの意味の違い

    ここでは「眠る」という意味の動詞である「sleep」の基本的な使い方に…

  5. 仕事

    英単語の意味と使い方

    仕事を意味するjob(ジョブ)とwork(ワーク)の違い

    job(ジョブ)とwork(ワーク)は基本的には同じ意味でどちらも「仕…

  6. row / low / law / rawの意味と発音の違い

    英単語の意味と使い方

    row / low / law / rawの意味と発音の違い

    日本人にとっては似た音になりますが意味はぜんぜん違い、それぞれrow(…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 仮予約
  2. 炎上
  3. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  4. 外国人
  5. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 邪魔する、妨げるのdisturb / interfere / interrupt / disruptの違い
  2. glow(グロー)の意味と使い方
  3. lost(形容詞)の意味と使い方
  4. gut(ガッツ、腸、はらわた)の意味と使い方
  5. 「stay at home」と「stay home」の違い
  6. background (バックグラウンド)の意味と使い方
  7. riddle(なぞなぞ・謎)の意味と使い方
  8. population / populateの意味と使い方
PAGE TOP