die of / die from / die inの違い

die of / die fromの違い

何が原因で死んでしまったのかの理由を言う場合にはdie ofやdie from、またはdie inなどが使われます。どれも「〜が原因で亡くなった」と日本語ではなります。

英語ではこれらの原因によって使い分けがされていますが、なかなか日本人にはややこしいと思われる違いがあるので整理してみました。

明確に基準はありますが、ボーダーライン上のどちらでもとれる主観的な判断がされるケースもあり、スパっと割り切れないものもあります。

die ofの意味と使い方

die-ofの意味

die ofは病気や、短期的・突発的に起こる単なる怪我を超えた死に至る損傷(内臓破裂など)で亡くなった場合に使われます。病名に類するものが入ることが多いです。

「die of +病気 / 何らかの損傷」の形になります。直接の理由・原因と考えてもいいかもしれません。

例文

She died of stomach cancer.

彼女は胃ガンで亡くなった。

例文

He died of a heart attack.

彼は心臓発作で亡くなった。

die fromの意味と使い方

die fromの意味

die fromのあとには死への引き金となった物事、死につながることになった物事がつづきます。

原因となった行動・アクション・行為と考えてもいいかもしれません。

例文

He died from falling off a building.

彼はビルから落ちて亡くなった。

例文

She died of diabetes from eating too much sugar.

彼女は糖分を摂り過ぎて糖尿病で亡くなった。

ビルからの転落で亡くなった場合は正確には「転落したことによる死」ではなく、転落したことによる「全身打撲」が死に至らしめるのであると考えることができます。

病気はof / fromのどちらも可能

病気の場合はofでもfromでも可能です。

例えばエイズであればエイズが直接人を死なせると考えるか、エイズで免疫が弱っているときに風邪などにかかって死につながると考えるかでfromも可能になります。

ガンもガンで亡くなると考えるか、その合併症によるものと考えるかの曖昧なラインがあります。

例文

○ He died of lung cancer.

○ He died from lung cancer.

彼は肺ガンで亡くなった。

die inの意味と使い方

die-inの意味

die inの後には「死に至らせた出来事」などが入ります。

自動車事故だったり台風だったりといった、死に至らせた出来事で死んでしまった場合にはinが使われます。

巻き込まれてしまうような事件・事故をイメージさせる言葉です。

例文

They died in a car accident.

彼らは自動車事故で亡くなった。

例文

She died in the hurricane.

彼女は台風で亡くなった。

アクションなのか? 出来事なのか?

死につながることになった物事・引き金・行為・アクション(die from)なのか、死に至らせた出来事(die in)なのかがあいまいなケースもあるのでfromとinのどちらでも使えることもあります。

例文

○ He died from a plane crash.

○ He died in a plane crash.

彼は飛行機の墜落で亡くなった。

しかし以下の例文は置き換えできません。自動車事故や台風など複数の人が関わる出来事に対して用いられるinは、自分一人がビルから落ちて亡くなるケースとはあいません。

例文

○ He died from falling off a building.

例文

× He died in falling off a building.

「〜のために」を意味するbecause ofを使いたくなるかもしれませんが、使えない表現なのでご注意ください。

例文

× He died because of a heart attack.

(この表現はできません)

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. hit-strike

    英語の使い方

    hit / strike / knockの違い

    hit(ヒット)とstrike(ストライク)の違いについてはネイティブ…

  2. クレバーとスマート

    英単語の意味と使い方

    clever(クレバー)とsmart(スマート)の違い

    clever(クレバー)とsmart(スマート)はどちらも「頭が良い」…

  3. access(アクセス)

    カタカナビジネス英語

    access / accessionの意味と使い方

    access(アクセス)はカタカナでは交通機関の便利さなどを指して「あ…

  4. 英単語の意味と使い方

    high-end(ハイエンド)とlow-end(ローエンド)の意味と使い方

    high-end(ハイエンド)は値段が高いもの、高級品を指して使われる…

  5. intimidate / intimidationの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    intimidate / intimidationの意味と使い方

    intimidateは「脅す」と考えても問題ないと思いますが、語源にな…

  6. runと走る

    日本語から英語へ

    英語の「run」と日本語の「走る」はどこまで同じなのか?

    一説によると「run」は熟語やスラングなども含めて、最も多くの意味で使…

おすすめ記事

  1. タクシー
  2. 影響を与える
  3. 〇〇風
  4. 飲み放題
  5. all-you-can-eat




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. precedent(前例)とunprecedented(前例のない)の意味と使い方
  2. league(リーグ)の意味と使い方
  3. circle(サークル)の意味と使い方
  4. material(マテリアル)の意味と使い方
  5. house(ハウス)の意味と使い方
  6. fine(ファイン)の意味と使い方
  7. お世辞のflatterとflatteryの意味と使い方




PAGE TOP