devil(デビル)の意味と使い方

devil(デビル)の意味と使い方

devil(デビル)といえば「悪魔」のことですが、「いたずら好きな子供」や「いたずらをする小動物」を指して比喩としても使われる言葉です。

形容詞には「devilish」があり、こちらは「悪魔っぽい」といった意味になるので、日本語の小悪魔の概念にも近い要素があります。

最近はあまり見られない古臭い使い方には強調のthe devilがあります。これらを全部、例文にまとめています。特に難しい言葉でもありません。

devilの意味と使い方

devilの意味と使い方

まずは悪魔、悪魔の心の意味で、angel(エンジェル)の反対だと考えることができます。

例文

The murderer said that a devil took control of his body.

その殺人犯は、悪魔が身体をのっとったのだと言った。

例文

She dressed up as a devil for Halloween.

彼女はハロウィンに悪魔の衣装を着た。

例文

Idle hands are the devil’s workshop.

暇人の手許は悪魔の仕事場。

上の例文はことわざで時間があると悪いことに手を出してしまうといった意味です。

the Devilとなるといわゆる「Satan(サタン)」であり、地獄の支配者を指します。

例文

Mostly Christian religions believe in the Devil.

ほとんどのキリスト教ではサタンを信じている。

例文

Al Pacino played the Devil in a movie.

アル・パチーノは映画でサタンを演じた。

この映画は『ディアボロス/悪魔の扉』のことです。

ディアボロス/悪魔の扉(字幕版)

ディアボロス/悪魔の扉(字幕版)

キアヌ・リーブス, アル・パチーノ
Amazonの情報を掲載しています

いたずら好きな子供・小動物

いたずら好きな子供・小動物

devilは比喩としていたずら好きな子供や小動物にも使われます。いわゆる日本語の「小悪魔」の概念と少しかぶっています。

例文

I saw a rabbit in my garden but the devil ate a tomato!

庭でウサギを見た。けど、その小悪魔がトマトを食べてしまった!

例文

My sister’s kids visited my home and the little devils broke a chair.

姉の子供たちが家に来て、小悪魔が椅子を壊した。

daredevil(デアデビル)は一種のスタントマンであり、自らの危険なパフォーマンスで収入を得るパーフォーマーの一種です。

例文

Evel Knievel is the most famous daredevil.

エベル・ナイベルはもっとも有名なデアデビルだ。

こちらについては以下のスタントマンのページにまとめています。

devilish(悪魔っぽい・小悪魔っぽい)

devilish(悪魔っぽい)

形容詞のdevilishは「悪魔っぽい、いたずらっぽい」といった意味で、ちょっと悪い感じのする言葉ですが、やや何を指すのかは漠然としています。

例文

My son gave me a devilish grin after he stole a cookie.

私の息子はクッキーを盗んだ後で、悪魔っぽい笑いを見せた。

例文

He gets devilish enjoyment from shoplifting.

彼は万引きから、悪魔的な楽しみを得ている。

完全に悪魔とは言わないけれど、ちょっとした悪魔、小悪魔っぽいという意味になります。

人間に対しても使えないことはありませんが、以下のような例文が何を意味するのかは人によってイメージするものが違うと思います。

例文

She’s a devilish woman.

彼女は悪魔的な女性だ。

強調のthe devil

強調のthe devilがありますが、古臭い表現なのであまり見かけません。同じ使い方では「the hell」「on earth」があります。

どっちにしろ強調の意味であって、特になくても通じます。

例文

Where the devil is she?

彼女はいったいどこに?

例文

What the devil is going on here?

いったいぜんたい何がここで起こってる?

「いったい」「いったいぜんたい」にあたる言葉で、特になくても意味は通じます。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. make one’s way / make wayの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    make one’s way / make wayの意味と使い方

    make one’s wayは「道を進む」であり単純に「go」と考える…

  2. get it doneの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    get it doneの意味と使い方

    「get it done」は基本的には「do it」と同じなので何かを…

  3. devote

    英単語の意味と使い方

    dedicateとdevoteの違い

    以前に取り上げた単語でdedicatedには「~専用、~に特化した、熱…

  4. wrap(ラップ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    wrap(ラップ)の意味と使い方

    wrap(ラップ)に関連する日本人に馴染みがある言葉といえば、ギフトな…

  5. 増加

    英単語の意味と使い方

    増える、増加する、増やすを英語でいうには?

    「増やす、増加する」を意味する言葉は英語にはたくさんあるので「増加」に…

  6. コンテンツ

    英単語の意味と使い方

    contentとcontentsの違い、コンテンツの意味は?

    ネット用語で「コンテンツ」「デジタルコンテンツ」という単語が聞かれるよ…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 匂い
  2. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  3. 外国人
  4. present
  5. センテンススプリング




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. come throughの意味と使い方
  2. hospital(ホスピタル)とclinic(クリニック)の違い
  3. stigma(スティグマ・烙印・汚名)の意味と使い方
  4. postpone(延期する)の意味と使い方
  5. nameの動詞・名詞での使い方
  6. firsthand / secondhandなど「hand(ハンド)」を使った英語表現
  7. need / in need of / needyの意味と使い方
  8. compromise(妥協・譲歩)の意味と使い方
PAGE TOP