convention(コンベンション)の意味と使い方

コンベンション

convention(コンベンション)などカタカナでも微妙に耳にする単語ですが、語源をたどるとconが「一緒に」といった意味であり、ventの部分が「come」のような意味になります。

以下に派生語などもまとめていますが、これらの言葉が根本的に意味するのは「人々が集まること」です。人が集まることによって成立するものに関連した意味になっています。

convention(慣習、慣例)

名詞は大きく2つ意味があり、まず1つに「因習、しきたり、慣習、慣例」などがあります。これも人々が集まってできあがることです。

His business breaks with convention.
彼のビジネスは慣習を破壊している。

Conventions often change over time.
習慣はしばしば時間と共に変化する。

習慣・慣例の意味で使う場合は、基本的には今、あるものに対して使います。

Japan has lots of traditional conventions.
(こういう使い方ができません)

ちょっとtraditional(伝統的な)という言葉との相性が悪いです。今にフォーカスしたものを指すので、古くから続くものならばcustom, cultureなどの適切な言葉があります。

また上の例文では次に紹介する「伝統的な会議・集会」と読まれる可能性もあります。

会議・集会

もう1つは、人々が集まることで「会議・集会」などの意味です。会議や展示会のために建てられたコンベンション・センター(convention center)なども、たまに耳にします。

He went to an engineering convention in Seattle.
彼はシアトルでのエンジニアの集会に行った。

I will fly to Chicago for the convention.
私は会議のためにシカゴへ飛ぶだろう。

There were many sci-fi enthusiasts at the convention.
多くのSF愛好家が集会にいた。

We hope you visit our booth at the convention next week.
我々は来週の集会で私達のブースにお越しいただくことを望んでいます。

日本語の「集会」が少し漠然としているように、展示会ならばexhibitionといった言葉があるので、その内容によってはより具体的に言い表せる単語があるかもしれません。


conventional(形容詞)

「慣習の、慣習として認められた、従来型の」などの意味があります。人が集まるからそこに習慣や慣例ができます。

Many people teach their children at home, because they disagree with conventional education.
多くの人々が家で子供を教えてる。なぜなら彼らは従来型の教育に同意していないからだ。

A lot of conventional tools are designed for right-handed people.
多くの従来型のツールは右利きの人々のためにデザインされている。

Conventional TV shows end with a cliffhanger so people watch the next episode.
伝統的なテレビ番組は宙ぶらりん(ぎりぎりのところ)で終わるから、人々は次のエピソードを見る。

convene(動詞)

動詞では人と会うことなのでmeetの意味になります。辞書には会議などが招集される、開かれる、開催されるとあります。

We all convened at 11:00.
我々全員が11時に会った。

なんとなく大勢を連想させますが、別に1対1でも使えるみたいです。しかし、わざわざconveneを使う理由がありません。

I convened with Rob about the project.
そのプロジェクトについてロブと会った。

上の例文など普通にmeetで十分です。

convent

いちおうconventには「女子修道会」みたいな意味もあります。

She ran away from home and joined a convent.
彼女は家を逃げ出し、修道会に参加した。

nun(修道女、尼僧)になったという意味です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. release(リリース)の意味と使い方、launch / roll outとの違い

    カタカナビジネス英語

    release(リリース)の意味と使い方、launch / roll outとの違い

    release(リリース)は新曲の発売時などにカタカナでもよく使われま…

  2. stackの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    stackの意味と使い方

    stackは動詞で物体を「積み重ねる、積み上げる」ことを意味します。そ…

  3. by accident / by chance

    英単語の意味と使い方

    by accident / by chance / accidentally / happen to…

    by accidentとaccidentallyが意味としては同じグル…

  4. have gone to

    英文法とライティング

    have been toとhave gone toに違いはあるの?

    カナダ人のスティーブと話し合いになったのは以下の2つの文章が同じだとい…

  5. 辞書に登録

    スラング

    ICYMI、TMI、hellaなど1400の新語が辞書に登録

    2016年の春にアメリカの辞書会社メリアム・ウェブスターが1400の新…

  6. スマート

    カタカナビジネス英語

    smart(スマート)の英語の意味を考える

    カタカナ独自の意味で使われている言葉の1つに「smart(スマート)」…

おすすめ記事

  1. お客さん
  2. センテンススプリング
  3. 仕事
  4. ハンバーグ
  5. manager




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  2. sort(ソート)の意味と使い方
  3. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  4. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  5. shoot upとshoot downの意味と使い方
  6. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い
  7. stake(ステイク)の意味と使い方
  8. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い




PAGE TOP