bomb(爆弾・すべる・失敗)の意味と使い方

bomb(爆弾・すべる・失敗)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2022.07.30

bombはもちろん「爆弾・ボム」の意味がありますが、その爆弾、爆発するイメージからさまざまな比喩的な意味やスラング使いがされています。特に代表的な意味がジョークやギャグなどがうけないことで「すべる」「すべったジョーク」みたいな使い方や、興行的に大失敗の赤字に終わったものに対して使われます。ここではボムの使い方をまとめてみました。

爆弾 / 爆破する

爆弾 / 爆破する

まずは基本となる意味で、爆発する武器のことです。名詞では「爆弾」、動詞では「爆破する、爆撃する」を意味します。

bombとありますが最後の「b」は発音しないので「ボム」に近い発音です。

bomb【bɑm】

例文

He was arrested for sending a bomb to the president.

彼は大統領に爆弾を送って逮捕された。

例文

The military bombed several enemy bases today.

軍隊は今日、いくつかの敵基地を爆破した。

原子爆弾は「atomic bomb / A-bomb」、水素爆弾は「hydrogen bomb」といわれるので以下の記事にまとめてあります。

(ジョークやギャグが)すべる

(ジョークやギャグが)すべる

bombは「すべる」みたいな意味でも使われます。笑いを生み出さなかった、成功しなかったジョーク、ギャグです。

一説によるとこの意味は飛行機から落下するような爆弾、真っ逆さまに落ちていく感じではないかという話です。

例文

Most of his jokes bombed.

彼のほとんどのジョークはすべった。

例文

The joke I put in my speech bombed.

私がスピーチでいったジョークはすべった。

動詞、名詞のどちらでも使うことができます。

例文

The joke was a bomb.

そのジョークはすべった。

例文

The joke bombed with the audience.

そのジョークは客にうけなかった。

興行成績の良くなかった映画

bombはあまり興行成績の良くなかった映画にも使われています。厳密には客は入ったけれども、それ以上に制作費がかかった赤字映画にも使われます。

例文

The movie was a bomb in the box office, but it made a lot of money in DVD sales.

その映画はチケットの売上では大失敗だったが、DVDの売上ではたくさん稼いだ。

例文

Hollywood’s 47 Ronin was the biggest bomb of 2013.

ハリウッドの『47RONIN』は2013年のもっとも大コケした映画だった。

例文

Comedies usually bomb in other countries because of the culture gaps.

喜劇はたいてい文化のギャップから他国では興行成績が良くない。

例文

A lot of good movies bomb because they cost too much to make.

たくさんの良い映画がかなり製作費がかさむことで大失敗になる。

これも動詞と名詞で使うことができます。

例文

The movie bombed in China.

その映画は中国で大失敗だった。

例文

The movie was the biggest bomb in history.

その映画は歴史上最大の失敗だった。

より意味をはっきりさせるため「box-office bomb」といったりもするので以下の記事も参考にしてください。

the bomb(スラング)

スラングのスラングっぽくなりますが「the bomb」のように表現すると「すごいもの!」「いいもの!」みたいな意味になったりします。

けっこう若者言葉かもしれないので、どこまで使用されているのかは不明です。この場合にはいろんなものに対して使えます。

例文

My new keyboard is the bomb.

私の新しいキーボードはすごいよ。

例文

You’re the bomb!

おまえはすごいよ!

ヒップホップ系の用語でも「the bomb」ですごい人みたいな意味でも使われています。da bombと言われたりもします。

例文

Yo, she was the bomb in that movie!

ヨ! 彼女はあの映画ですごいやつだったぜ!

例文

That song is the bomb!

あの歌はすごいよ!

スポーツではロングパスの意味にもなったりします。

例文

Tom Brady threw a long bomb for a touchdown.

トム・ブレイディはタッチダウンのロングパスを投げた。

これもイメージですが爆弾は航空機の時代には落下する、落ちていくイメージだったものから、地上で力強く爆発するものにイメージが変わり、そのあたりがポジティブにとらえられるようになったのではないかという意見です。映画のbombは昔から使われていますが、それ以外のポジティブな「the bomb」は少し意味が違います。

以下の例文などは意味合いが違います。以下のthe bombは別に興行成績がすごいといっているわけではなく、内容的にすごいという意味です。

例文

That movie was the bomb!

あの映画はすごかったよ!

例文

That movie was a bomb!

あの映画は興行的な失敗だったよ!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 外国人
  2. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  3. all-you-can-eat
  4. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)
  5. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言

最近の記事

  1. electとselectの意味の違い
  2. call out / call inの意味と使い方
  3. cancel(キャンセル) / cancellation / cancelledの意味と使い方
  4. 教育を意味するeducateとeducationの使い方
  5. surcharge(サーチャージ・追加料金)の意味と使い方
  6. startup(スタートアップ)とstart upの意味と使い方
  7. roam(歩き回る、散策する、うろつく)の意味と使い方
  8. sink(沈む・沈める)の意味と使い方
PAGE TOP