assert(主張する)とassertionの意味と使い方、claimとの違い

assert(行使する、主張する)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2022.07.17

assertは「行使する、主張する」の意味です。何か強くモノを言うという意味ではclaimと同じですが、ネイティブに使い方や意味の違いを聞いてまとめています。

名詞がassertionで「主張、断言」となります。ここではassert(主張する)とassertion(主張、断言)の使い方を中心に整理しています。

assertの意味と使い方

assertの意味と使い方

assertは力を見せるために何かをすることで「行使する」といった意味です。

例文

The CEO asserted his authority by firing several workers.

CEOは数人の従業員を解雇することで、彼の権力を行使した。

例文

The citizens asserted their right to protest.

市民は抗議の権利を行使した。

強く主張する、言い張る

何かが真実であると強く言うことで「強く主張する、言い張る」の意味もあります。

例文

The mayor asserted that he did not accept money.

市長はお金を受け取っていないと言い張った。

例文

Many people doubt the claims that were asserted in the report.

多くの人々はその報告書で強く主張されていることを疑っている。

assert oneself

assert oneselfになると「自らを主張する、自分の主張を押し通す」で、自信を持って主張・行動している状況です。

例文

You need to assert yourself during meetings.

あなたはミーティングの間に自らを主張する必要がある。

例文

The candidate didn’t assert himself enough during the debate.

その候補者は議論の間に十分に自分の主張を押し通さなかった。

assertとclaimの違い

この2つはどちらも何か物事を強く言うという意味での「主張する」として使えます。

違いについては論争のある分野で、基本的には同じだと考えていいと思いますが、少し感覚として差がないこともないそうです。

ここではあるネイティブの感覚的な差といった参考程度に考えてほしいのですがassertのほうがちょっと激しい感じがするそうです。

assertはある人が強く何かを感じ激しく主張している感覚です。claimはなんとなくその人が主張の根拠を何も出してなくて、人々が信じていない一方的な感覚を少し感じるそうです。

例文

He asserted that he is innocent.

He claimed that he is innocent.

彼は無罪を主張した。

assertだと彼は無罪を強く感じ強く主張している。claimも同じですがたぶん彼は感覚的には無罪ではなさそうだけどそう言い張っている感じもするそうです。

文法的にもほぼ同じ名詞やthat節を置けますが、以下の例文のようにassertの後に名詞を置くなら所有格を入れる、逆にclaimだと入れないほうが自然だという意見でした。

例文

He asserted his innocence.

He claimed innocence.

彼は無罪を主張した。

assertion

assertion

assertionは名詞で「主張、断言」の意味になります。claimと同じような意味になります。

例文

Despite his assertions, no one believes he saw aliens.

彼の主張にもかかわらず、誰も彼がエイリアンを見たということを信じていない。

例文

I don’t agree with her assertion that climate change is a hoax.

気候変動がデマだという彼女の主張には同意しない。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 炎上
  2. middle finger
  3. yera-old
  4. peace sign
  5. America(アメリカ)とUSAの違い

最近の記事

  1. electとselectの意味の違い
  2. call out / call inの意味と使い方
  3. cancel(キャンセル) / cancellation / cancelledの意味と使い方
  4. 教育を意味するeducateとeducationの使い方
  5. surcharge(サーチャージ・追加料金)の意味と使い方
  6. startup(スタートアップ)とstart upの意味と使い方
  7. roam(歩き回る、散策する、うろつく)の意味と使い方
  8. sink(沈む・沈める)の意味と使い方
PAGE TOP