XFER, X-large, x-ratedなど「X(エックス)」を感じる言葉

SFコミックの「X-Men」などに代表されるようにアルファベットの「X」はさまざまな場面で見かけることができます。

これはご存知のようにXは数学では未知のものを指すため、しばしばSF映画などでは未知のミステリアスな何かを示すものとして使われます。

Planet X, Monster X, Doctor Xなどの使い方です。よくわからない惑星やモンスターといった意味です。

今回はそういった「X」を使った言葉を集めてみました。未知の意味と単に表記の省略として使われるケースがあります。

X-ray(X線・レントゲン)

1895年にドイツのヴィルヘルム・レントゲンによって発見されたX線ですが、その発見当時は未知のものだったのでこの名前がつけられています。

今でも日本語では「レントゲン」とそのまま名称になっていますが、英語ではX-rayと呼ばれます。そのまま動詞で使えます。

I got an X-ray taken of my arm.
腕にレントゲンを受けた。

They X-rayed my arm.
彼らは私の腕にX線をあてた。

これらはx-ray visionやx-ray glasses(メガネ)の形でヒーローモノの透視能力としても登場します。

Superman could find the robbers using his x-ray vision.
スーパーマンは透視能力を使って強盗を見つけることができた。

I bought some x-ray glasses from the toy store but they didn’t work.
おもちゃ屋で透視メガネを買ったけど、動かなかった。

x-factor(要因・本質・原因)

x-factorはそのまま未知の要因、原因、本質を指して用いられる言葉です。

There are many talented singers, but none of them have that x-factor to become a star.
多くの才能あるシンガーがいるが、誰もスターになるための要因を持ち合わせていない。

The candidates are tied going into the election, some people suspect the environment is the x-factor that will decide the winner.
候補者は同レベルで選挙に入ったが、何人かは環境が勝者を決める要因になるのではと疑っている。

x-marks the spot

目的地、お目当ての場所みたいな感じで使われるケースがあります。もともとは海賊の宝の地図にXをつけたことに由来するそうです。

He pointed at the map and said, “X-marks the spot.” So we went there.
彼が地図を指差し「ここがお目当ての場所だ」といったので、私たちはそこに向かった。

spotは「地点」を表しています。spotについては単独で詳しくまとめた記事があります。

x-rated

「成人向き指定の、成人向けの、いかがわしい」といった意味で映画やテレビ番組の内容によって表記されます。

My son and his friends snuck into an x-rated movie.
息子と彼の友達が成人映画にこっそり入っていった。

また”xxx” (“triple-x”) の表記もよくポルノ映画の会社などが宣伝のために使います。めちゃめちゃ過激だといった意味です。

I saw him hiding a DVD that said xxx on it.
彼がXXXと書かれたDVDを隠しているのを見た。

テレビ番組の年齢制限

アメリカでは以下の様な基準が設定されています。

昔は正式に「x-rated」の表記だったようですが現在はTV-MAの表記に変わっています。

内容の暴力性や性的な描写の有無によって規制が行われています。

Person of interest is rated TV-14.
『パーソン・オブ・インタレスト』は14歳以上のレイティングを受けている。

Person of interest has a TV-14 rating.
『パーソン・オブ・インタレスト』は14歳以上のレイティングだ。

このように表現されます。

略語としてのX(エックス)

x-ing

またよく書き言葉の省略としてXが用いられます。

X-large (XL) = extra large

railway X-ing = railway crossing(踏切)

XFER = transfer

これらはクリスマスを「X-mas」と書くのと同じで、書き言葉の省略であって発音は「エックスマス」ではなく「クリスマス」です。

したがってXFERと書いても読み方は「トランスファー」であり、「X-ing」はクロッシング、X-largeは「エクストラ・ラージ」となります。

あまり関係ありませんが発音が似ている「元」を意味する「ex-」については以下の記事に解説があります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. consider

    英単語の意味と使い方

    considerの意味と使い方、thinkとの違い

    considerは日本語訳としては「思う、考慮する、見なす、熟考する」…

  2. tip(チップ)

    英単語の意味と使い方

    tip / tipping / tippedの意味と使い方

    tipもさまざまな意味のある言葉で大きく分類するならば「何かの先端、先…

  3. クラッシュ

    英単語の意味と使い方

    クラッシュ(crash / clash / crush)の意味の違い

    「crash」と「clash」は混同しやすいですが意味も発音も違います…

  4. talent(タレント)

    和製英語とカタカナ英語

    タレント(talent)の英語での意味と使い方

    英語でタレント(talent)といった場合には「才能」の意味が多く、こ…

  5. 参加する

    英単語の意味と使い方

    「参加する」のparticipate / join / take part / attendの違い…

    これら4つの言葉はどれも日本語にすると「参加する」に近い意味になります…

  6. take upの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    take upの意味と使い方

    takeがモノを手に取るような動作を表し、upが上にあがる感じ、やりと…

おすすめ記事

  1. lay-lie
  2. 倍
  3. 炎上
  4. middle finger
  5. all-you-can-eat




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. circle(サークル)の意味と使い方
  2. material(マテリアル)の意味と使い方
  3. house(ハウス)の意味と使い方
  4. fine(ファイン)の意味と使い方
  5. お世辞のflatterとflatteryの意味と使い方
  6. circulate / circulationの意味と使い方
  7. punch out(パンチアウト) / punch(パンチ)の意味と使い方




PAGE TOP