rate / ratingの意味と使い方

rate

rateを動詞で使った場合には「評価する、格付けする」といった意味になり、アプリやネットショップ、ネットオークションなどを使うと表示されることがあります。

名詞で使った場合にはrateだと「比率、割合」の意味となり、これはexchange rate(為替レート)やinterest rate(金利)といった言葉が身近にも見られます。

他にも視聴率といった使い方や、年齢制限などを表す「レーティング」といった使い方もあるので、意味をまとめてみました。

rate(動詞:評価する)

rateはスコアやレベルを割り当てることで、「評価する、格付けする」を表す動詞です。

I rate his films very highly.
私は彼の映画をとても高く評価する。

Please rate us.
私たちを評価してください。

アプリなどを使っていると★を使った5段階での評価などを求められることも多いと思いますが、意味としては「私たちを格付けしてください、評価してください」といった表現になります。

rating(名詞:評価)

名詞はratingで「評価、格付け」を意味します。動詞のrateにそのままingをつけた形になります。

The hotel has a 5 star rating.
そのホテルは5つ星の格付けだ。

How would you rate their service?
彼らのサービスにどのくらいの評価をつける?

It has a low rating on Rotten Tomatoes.
それ(映画)はロッテン・トマトでは評価が低い。

ロッテン・トマトは映画の評価をまとめたウェブサイトのことです。

Please give us a rating.
私たちを評価してください。

動詞で紹介した例文も同じ内容を表すことができます。

rate(名詞:割合・比率)

rateは名詞で「割合、比率」の意味もあります。〇〇 per △△の意味となり「△△あたりの〇〇」の意味ですが、これが何を指しているのかは文脈や習慣的なもので判断します。

例えばheart rate(心拍数)とは「beats per minute」のことであり、hotel ratesといえば「price per night」なので一泊の料金を指すことになります。

Interest rates have gone down.
金利が下がった。

I’m thinking about exchanging some yen for dollars. What’s the exchange rate?
円をドルに変えようと思っている。為替レートはいくらですか?

Here is a list of the hotel’s rates.
ここにホテルの一泊の料金のリストがある。

What is your resting heart rate?
あなたの安静時の心拍数は何ですか?

The medicine has a high success rate in clinical trials.
その薬は臨床実験において高い成功率を持つ。

特にホテルなどはrate(一泊あたりの料金)とrating / rate(格付け)の2つの意味が考えられるので混同しやすい要素です。

Highly rated hotels usually have high rates.
高い格付けのホテルはたいてい一泊の値段が高い。

ratings(視聴率)

視聴率

ratingsになると日本語でいう「視聴率」のことで、何人ぐらいの人が番組を見たのかを指す指標です。調査会社の名前をとって「Nielsen ratings(ニールセン・レイティング)」としても知られています。

Person of Interest gets high ratings.
Person of Interest is a highly rated show.
『パーソン・オブ・インタレスト』は高い視聴率だ。

どちらの意味も同じですが高視聴率だ、多くの人が番組を見ていると解釈しても問題ないと思います。

rateが使われる理由は、日本も同じだと思いますが実際に見た人を数えているわけではなく、サンプル抽出など独自の分析指標を用いて「何人が見たと思われる」という推測値を出すからだと思います。

rating(年齢制限)

ratingにはもう1つ重要な意味があって、何歳以上は見れる見れないといった規制の基準になっています。日本で言う「18歳未満禁止」などの基準です。

Person of interest is rated TV-14.
Person of interest has a TV-14 rating.
『パーソン・オブ・インタレスト』は14歳以上のレイティングだ。

内容の暴力性や性的な描写の有無によって規制が行われています。Wikipedia『TV parental guidelines』からの引用ですが、アメリカでは以下の様な基準が設定されています。

TV-Y
for children 
子ども向け番組

TV-Y7
for children over 7
7歳以上の子ども向けの番組

TV-G
for all ages
すべての年齢向けの番組
(一般向けの番組)

TV-PG
for all ages but possible violence or bad language
すべての年齢向けの番組だが、暴力シーンや悪い言葉がありうる番組
(親の指導が勧められる番組)

TV-14
for people over 14
14歳以上の人々向けの番組

TV-MA
for people over 17
17歳以上の人々向けの番組

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. profile

    カタカナビジネス英語

    profile(プロフィール)の動詞・名詞での意味について

    カタカナでは「プロフィール」になっていますが、英語での読み方は【pró…

  2. プロポーズ

    英単語の意味と使い方

    propose(プロポーズ)とproposalの意味と使い方

    カタカナでは結婚の申し込みとして知られる「プロポーズ(propose)…

  3. gritty

    英単語の意味と使い方

    gritty / grittierの意味

    アプリ内の映画を扱ったニュースの中で「gritty(砂のような、砂利の…

  4. worth / worthy

    日本語から英語へ

    「価値がある」のworth / worthyの意味と使い方

    worth(ワース)は「~の価値がある、~に値する」を意味する言葉です…

  5. free

    英単語の意味と使い方

    freeとfreelyの違い

    freeとfreelyの違いについてニュースに登場したので取り上げてみ…

  6. creepの意味

    英単語の意味と使い方

    creep / creepyの意味と使い方

    creepはゆっくり忍び寄るような動作を指し、しばしばツタなどの植物が…

おすすめ記事

  1. present
  2. bread
  3. 仕事
  4. カタカナ
  5. ミッションインポッシブル




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. smuggle(密輸する)の意味と使い方
  2. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い
  3. lifespanとlife expectancyの意味の違い
  4. disputeとargue(argument)の意味の違い
  5. Tenderの意味と使い方
  6. bunch(束・房)の意味と使い方
  7. clean up / clean out / cleanの意味の違い
  8. clue(クルー)の意味と使い方




PAGE TOP