spectacle(スペクタクル)の意味と使い方

スペクタクル

カタカナでもよく見るspectacle(スペクタクル)は視覚、見ることに関連した表現であり名詞では「光景、美観、ショー」といった意味で使われます。

基本的に何かのパフォーマンスについて語るときには良い意味の言葉ですが、意図せず注目を集めたり目立ってしまったり「見世物」といったネガティブな意味にもなります。

関連用語のspectatorは「観客」であり見ることをするお客さんです。一方でaudienceは「聴衆」であり聞くことを主にするお客さんを指す違いがあります。

古くは「メガネ」の意味

メガネ

spectaclesは昔の言い方で「メガネ」を指すそうです。けっこう古くさい言葉なので今では意図がないとメガネとしては使わないそうです。

古くさい言葉といっても何百年前ではなく、例文のようなおじいちゃん世代の言葉です。

例文

My grandfather lost his spectacles.

うちの祖父がメガネをなくした。

例文

I dropped my spectacles and broke them.

めがねを落として、壊してしまった。

spectacleの使い方

spectacleそのものは「光景、美観、壮観、見せ物、ショー」などの意味があります。

例文

The play was quite a spectacle.

この演劇はかなりスペクタクルだった。

訳が難しいですが、かなり見ごたえのある良いショーだった、芝居だった、光景だったと基本的には褒めています。

視覚に関連する表現なので、ネイティブスピーカーが劇や映画などのパフォーマンスを語る際に「spectacle」を使うと、物語や中身よりも「視覚」の部分での感想などが入る傾向があるそうです。

例文

The play was quite a spectacle because of the special effects, but the story was weak.

その劇は特殊効果のおかげですばらしいショーだった。けど物語は弱かったね。

文脈によっては世間からの注目を集めてしまう「見世物」といったネガティブな意味にもなります。

以下は福島県の町で原発関連施設へのツアーがはじまったニュースからです。原発の教訓を伝える観光事業として復興に役立たせるといった期待感がある反面、世間から見世物のように扱われることを心配する声がありました。

ニュースより

They also hope to serve as a lesson about the dangers of nuclear power, but others worry about becoming a spectacle.

彼らはまた、原子力の危険性に対する教訓を提供できることも望んでいる。しかし、他の人々は見世物になることを心配している。

もう1つ俳優のジョニー・デップとアンバー・ハードの離婚問題のニュースからです。

ニュースより

The divorce was a public spectacle with Heard accusing Depp of mental and physical abuse.

その離婚が世間の注目の的になったのは、アンバー・ハードがジョニー・デップを精神的、肉体的な虐待で訴えたことだった。

このように当事者はショーではないのに、ショーであるかのように人が集まって意図せず注目を集めることにも使えます。

make a spectacle of oneself

サングラスの少年

この形でも使われることが多く、辞書には「恥をさらす」といった訳ものっていますが、意味合いとしては「ばかな振る舞いをする」さらに「それによって人々の注目を集める」という全体の意味になります。

「恥をさらす」でもいいと思いますが、その後に「人々から見られる、視線を集める」という部分があります。直訳すると「自分を見世物にする」といった意味です。

例文

My daughter made a spectacle of herself because I wouldn’t buy her a toy.

私の娘がバカな振る舞いをした。なぜなら、私が彼女におもちゃを買わなかったからだろう。

具体的には例えば泣いたり叫んだりといった振る舞いをしたことを指します。文章には書かれていませんが、それによって道行く人々から視線を集めただろうね、という意味が含まれています。

例文

In Times Square there are many crazy people making a spectacle of themselves.

タイムズスクウェアでたくさんのおかしな人々がばかな振る舞いをしている。

具体的に何かはわかりませんが、変な服を着たり奇妙なダンスを踊ったりで、ある意味で恥をさらしているといってもいいかもしれません。

「バカな振る舞いをする」という意味なので、何かしている行為にはネガティブな感想になっています。

それによって人々の視線を集めているという意味になります。

spectator / audienceの違い

どちらも観客を意味する言葉ですがaudienceは「audio(オーディオ)」のような言葉があるように、聴くようなことにつながっています。コンサートやスピーチの客に使います。「聴衆」です。

一方のspectatorは「spectacle(スペクタクル)」が古くは眼鏡を表したように、視覚によった単語です。したがってサッカーの試合のように聴くことより観戦するものに使います。「観客」です。

例文

The audience gave the orchestra a standing ovation.

聴衆はオーケストラにスタンディングオベーションをした。

例文

The spectators really enjoyed the game.

観客は本当にゲームを楽しんだ。

劇や映画など見ること、聴くことの両方にそれなりのウエイトがあるパフォーマンスもあるので置き換えられることもあります。

しかし、根本的な部分では「観客」と「聴衆」の差はあり、オーケストラにspectatorsを使うと明らかに変です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. punch out(パンチアウト) / punch(パンチ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    punch out(パンチアウト) / punch(パンチ)の意味と使い方

    punch(パンチ)といえば拳で殴ることで、punch out(パンチ…

  2. questionの動詞

    英単語の意味と使い方

    question(動詞)とin questionの使い方

    question(クエスチョン)は名詞では広く知られる「疑問、質問」で…

  3. deliver

    英単語の意味と使い方

    delivery(デリバリー)とdeliver(デリバー)の意味と使い方

    deliver(デリバー)も意味が多くある動詞で、一般的には「配達する…

  4. devote

    英単語の意味と使い方

    dedicateとdevoteの違い

    以前に取り上げた単語でdedicatedには「~専用、~に特化した、熱…

  5. dark / darkness

    英単語の意味と使い方

    dark(ダーク)とdarkness(ダークネス)の意味と使い方

    すでにカタカナでも広く使われているdark(ダーク)は名詞と形容詞で「…

  6. dice(ダイス・さいころ)と単数形の「die」について

    英単語の意味と使い方

    dice(ダイス・さいころ)と単数形の「die」について

    dice(ダイス・さいころ)は複数形であり、単数形はdieで「死ぬ」と…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 仕事
  2. middle finger
  3. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い
  4. 〇〇風
  5. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. delay / late / slowの意味と使い方の違い
  2. tap(タップ)の意味と使い方
  3. departure(出発・出国)の意味と使い方
  4. closure / closenessの意味と使い方
  5. hollow(くぼませる・くりぬく・くぼみ)の意味と使い方
  6. assist / assistance / helpの意味と使い方の違い
  7. prevent(防ぐ・阻止する)の意味と使い方、avoidとの違い
  8. fatality / casualty / deathの意味と使い方の違い
PAGE TOP