recognize(レコグナイズ)の意味と使い方

recognizeの意味

辞書で調べるとrecognizeは「識別する、見覚えがある、承認する」などの幅広い意味が掲載されており、使い方が少しわかりにくいかもしれません。

日常会話での使い方と、政治の舞台などフォーマルな場所では少し意味合いが異なります。また主に使われる意味と、まれに使われる意味があるので混乱しやすい要素です。

全体的に日本語にしにくい言葉だといえるかもしれません。使い方を整理しているのでご覧ください。

発音は【rékəgnàiz】なので読み方はレコグナイズあたりが近くなります。またイギリス英語では「recognise」と「se」になるので注意が必要です。

recognize【rékəgnàiz】

recognizeの使い方(基本)

見覚えがある

recognizeの使い方の基本となるのは「見覚えがある、聞き覚えがある」みたいな日本語で、過去に出会って見聞きしたものに対して「見覚えがある、覚えている、識別する」といった意味です。

例文

I recognize that voice. John, is that you?

あの声は聞き覚えがある。ジョン、あの声は君かい?

例文

Many people recognize Ken Watanabe from his role in the Last Samurai.

多くの人々は渡辺謙を『ラストサムライ』の役柄で覚えている。

文章の形がなかなか難しくfromを使って表現されます。

例文

I recognized him from my high school.

私は彼を同じ高校のやつだと見覚えがあった。

上の例文の場合は同じ高校にいて、その時に出会ったので見覚えがあるといった意味になります。

例文

I recognized him from three years ago.

私は彼を3年前に見覚えがあった。

日本語訳が作りにくいですが3年前に彼と会った、見かけた過去の事実があり「見覚えがあった」の意味です。

例文

I recognize her from somewhere.

私は彼女をどこかで見覚えがある。

例文

She recognized that song from her childhood.

彼女はあの曲を子供の頃に聞き覚えがあった。

このように視覚以外にも使え、過去にあったものに対して「識別ができる」といった使い方になります。

noticeとの違い

しかし、recognizeは初めてのモノ、人に対しても使うことができます。その場合は「気が付く」といった日本語になり「notice」に近い意味になります。

例文

I recognized that there was a stranger standing behind me.

私は見知らぬ人が背後に立っているのに気が付いた。

例文

I recognized an unusual odor in the room.

私は奇妙な匂いが部屋にあるのに気が付いた。

このように過去に体験がない場合でも使うことはできます。

しかし、この意味に伝えるならばnoticeを使うというのがスティーブの意見でした。理由はrecognizeはいろんな意味があるので少し混乱を招くからです。

例文

I noticed that there was a stranger standing behind me.

I noticed an unusual odor in the room.

(おそらくこちらの表現を使う)

コンピューター関連の「認識する」

recognize

パソコンにUSBなどのデバイスをさした時によく表示されるエラーメッセージにも「recognize」がよく登場します。

例文

My laptop doesn’t recognize this memory card.

私のノートパソコンがこのメモリーカードを認識しない。

この場合は「認識する、識別する」などの意味になります。このあたりまでが日常英会話としての使い方になります。

承認する、同意する

承認

一方でフォーマルな英語では「approve(承認する、同意する)」の意味で用いられます。

基本的にはあとに続く内容が「本当で、正しくて、妥当である」と述べていること全般に対して使うことができます。

例文

Many countries don’t recognize same sex marriages.

多くの国々では同性の結婚は承認されていない。

例文

My cousin is a painter but feels angry that no one recognizes his work.

私の従兄弟は画家だが、誰も彼の作品を認めないことに怒っている。

例文

The company recognized my vacation request.

= The company approved my vacation request.

会社は私の休暇願を承認した。

例文

The company recognized my hard work.

= The company approved my hard work.

会社は私の激務を認めた。

辞書には「表彰する」の意味も掲載されています。

基本的な意味ではrecognizeは「承認、同意」ですが、功績などを正しいものと認め、賞を与えるといった内容であれば日本語では「表彰する」とするのがスムーズな訳になります。

ニュースの見出しより

Japanese govt recognizes Albright, Ishiguro and Valentine

日本政府がオルブライト、カズオ・イシグロ、バレンタインを表彰

上はニュースの見出しで外国人叙勲と呼ばれる日本に貢献した外国人に与えられる賞についてです。これらはカズオ・イシグロの功績を正しいものと認めることで、結果的に「表彰する」といった意味になります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. up

    イギリス英語とアメリカ米語

    meet up, eat upなど意味のないup

    北米英語の特徴のようでもありますが、動詞に「up」をつけるけど特にこれ…

  2. サブタイトル

    和製英語とカタカナ英語

    subtitle(サブタイトル)の意味は字幕か副題か?

    結論からいえば英語では一般的にsubtitle(サブタイトル)といえば…

  3. 増加

    日本語から英語へ

    増える、増加する、増やすを英語でいうには?

    「増やす、増加する」を意味する言葉は英語にはたくさんあるので「増加」に…

  4. ストレスの意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    stress(ストレス)の英語での意味と使い方

    stress(ストレス)はカタカナと同じく精神的な重圧を意味する名詞で…

  5. alone

    英単語の意味と使い方

    alone / by myself / on my ownの意味の違い

    aloneとby myself、on my ownはいずれも共に「一人…

  6. writing

    アメリカの文化

    筆記体(cursive)は必要なのか?

    筆記体は英語では「cursive」または「cursive handwr…

おすすめ記事

  1. rich / wealthy
  2. お客さん
  3. カタカナ
  4. manager
  5. 英語の先生




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い
  2. lifespanとlife expectancyの意味の違い
  3. disputeとargue(argument)の意味の違い
  4. Tenderの意味と使い方
  5. bunch(束・房)の意味と使い方
  6. clean up / clean out / cleanの意味の違い
  7. clue(クルー)の意味と使い方
  8. craft(クラフト)の意味と使い方




PAGE TOP