アメリカの大学生が最も読む本は?

本

コロンビア大学が過去15年間で、大学において最も課題として出された本を「オープン・シラバス・プロジェクト」の一環としてランキングで発表しています。

アメリカの大学全体の「課題図書」としての話なので、純粋に最も読まれているとなれば聖書やハリーポッターなどかもしれません。

アメリカ国内の大学で課題図書として読まれている10位までのランキングは以下のとおりです。

1位:The Elements of Style / William Strunk Jr.
英語文章ルールブック ウィリアム・ストランク・Jr

2位: Republic / Plato
国家 / プラトン

3位:The Communist Manifesto / Karl Marx
共産党宣言 / カール・マルクス

4位:Biology / Neil Campbell
バイオロジー / ニール・キャンベル

5位:Frankenstein / Mary Shelley
フランケンシュタイン / メアリー・シェリー

6位: Ethics / Aristotle
倫理学 / アリストテレス

7位: Leviathan / Thomas Hobbes
リヴァイアサン / トマス・ホッブズ

8位: The Prince / Niccolò Machiavelli
君主論 / マキャベリ

9位: Oedipus / Sophocles
オイディプス王 / ソポクレス

10位:Hamlet / Shakespeare
ハムレット / シェイクスピア

以下の元サイトで見ることが可能です。

Open Syllabus Explorer

最も多かったフィクションの課題図書は、英国人小説家メアリー・シェリーによる名作小説『フランケンシュタイン』で、これは人によっては本当の意味での初のSFだと見なされているそうです。

作品のラインナップが古典の中の古典で、こんなの読んでいるのか…とアメリカの大学の厳しい感じが伝わってきます。

The Elements of Style / 英語文章ルールブック

1位になっているこの本は、日本語訳されたものが『英語文章ルールブック』のタイトルで発売されています。

レポートなどを書くことも多い大学生に基本的な英文の書き方のルールを理解してもらおうという意図がみえます。

気になったので英語版をAmazonで購入してみました。

The Elements of Style, Fourth Edition

The Elements of Style, Fourth Edition

Strunk Jr., William, White, E. B.
1,039円(04/10 11:46時点)
発売日: 1999/07/23
Amazonの情報を掲載しています

The little bookの愛称があるようで薄くて小さな本です。

内容は単数形・複数形の使い方など英語の基本からはじまっていますが、英語で書かれているので初心者には難しい内容かもしれません。

大学時代の恩師に日本語の書き方の本として本多勝一さんの『日本語の作文技術』をすすめられました。

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

本多勝一
660円(04/10 17:16時点)
発売日: 2015/12/07
Amazonの情報を掲載しています

本多勝一さんはいろいろと言われますが、これは非常に良い本で、一昔前の大学生はみんな読んでいた本として紹介されました。

内容は句読点の打ち方から作文の基本まで載っているので、おすすめしたい本です。

英語も日本語も私たちは普通に話し書きますが、体系的な作文の練習をしている人はほとんどいません。

村上春樹のような文芸的な文章ではなく、誰でも訓練次第で身につけることが可能な技術ではあるので、大学生、社会人問わず一読する価値はある本なのでおすすめです。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. パイ投げ

    USA / アメリカの文化

    パイ投げの文化について

    ニュースでアメリカ、サクラメントの市長に抗議のパイ投げをして刑務所送り…

  2. liking

    英単語の意味と使い方

    likingの意味と使い方

    likeに-ingをつけた「liking」については辞書レベルでは「好…

  3. both

    Grammar / 英文法

    neither / either / both / の使い方

    似たような使われ方をする言葉ですがネイティブの意見と例文を交えながら確…

  4. セブンイレブン

    USA / アメリカの文化

    911をセブンイレブンといってしまうトランプ氏に見るアメリカ英語の特徴

    ニューヨークにおける大統領に向けた予備選挙の集会の中で、ドナルド・トラ…

  5. 国歌斉唱

    USA / アメリカの文化

    国歌斉唱中に胸に手を当てるのはアメリカの習慣

    よく国歌斉唱の際に胸に手を当てている光景(Put your hand …

  6. nike

    USA / アメリカの文化

    ナイキのスローガンJust do itは死刑囚の言葉から

    アプリの中でニュースとしてNikeの有名なスローガン、キャッチフレーズ…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. センテンススプリング
  2. yera-old
  3. カタカナ
  4. 花粉症
  5. middle finger




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 「返金」のrefund / reimburse / repayの違い
  2. curfew(門限・時間制限)の意味と使い方
  3. isolate / isolation / self-isolationの意味と使い方
  4. feeling(フィーリング)の意味と使い方
  5. workshop(ワークショップ)の意味と使い方
  6. fiscal / financial / financeの意味と使い方
  7. adhere / adhesiveの意味と使い方
  8. come throughの意味と使い方
PAGE TOP