アメリカの大学生が最も読む本は?

本
 

公開日: 最終更新日:2019.01.14

コロンビア大学が過去15年間で、大学において最も課題として出された本を「オープン・シラバス・プロジェクト」の一環としてランキングで発表しています。

アメリカの大学全体の「課題図書」としての話なので、純粋に最も読まれているとなれば聖書やハリーポッターなどかもしれません。

アメリカ国内の大学で課題図書として読まれている10位までのランキングは以下のとおりです。

1位:The Elements of Style / William Strunk Jr.
英語文章ルールブック ウィリアム・ストランク・Jr

2位: Republic / Plato
国家 / プラトン

3位:The Communist Manifesto / Karl Marx
共産党宣言 / カール・マルクス

4位:Biology / Neil Campbell
バイオロジー / ニール・キャンベル

5位:Frankenstein / Mary Shelley
フランケンシュタイン / メアリー・シェリー

6位: Ethics / Aristotle
倫理学 / アリストテレス

7位: Leviathan / Thomas Hobbes
リヴァイアサン / トマス・ホッブズ

8位: The Prince / Niccolò Machiavelli
君主論 / マキャベリ

9位: Oedipus / Sophocles
オイディプス王 / ソポクレス

10位:Hamlet / Shakespeare
ハムレット / シェイクスピア

以下の元サイトで見ることが可能です。

Open Syllabus Explorer

最も多かったフィクションの課題図書は、英国人小説家メアリー・シェリーによる名作小説『フランケンシュタイン』で、これは人によっては本当の意味での初のSFだと見なされているそうです。

作品のラインナップが古典の中の古典で、こんなの読んでいるのか…とアメリカの大学の厳しい感じが伝わってきます。

The Elements of Style / 英語文章ルールブック

1位になっているこの本は、日本語訳されたものが『英語文章ルールブック』のタイトルで発売されています。

レポートなどを書くことも多い大学生に基本的な英文の書き方のルールを理解してもらおうという意図がみえます。

気になったので英語版をAmazonで購入してみました。

The Elements of Style, Fourth Edition

The Elements of Style, Fourth Edition

Strunk Jr., William, White, E.
1,124円(07/23 10:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

The little bookの愛称があるようで薄くて小さな本です。

内容は単数形・複数形の使い方など英語の基本からはじまっていますが、英語で書かれているので初心者には難しい内容かもしれません。

大学時代の恩師に日本語の書き方の本として本多勝一さんの『日本語の作文技術』をすすめられました。

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

本多勝一
660円(07/24 01:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

本多勝一さんはいろいろと言われますが、これは非常に良い本で、一昔前の大学生はみんな読んでいた本として紹介されました。

内容は句読点の打ち方から作文の基本まで載っているので、おすすめしたい本です。

英語も日本語も私たちは普通に話し書きますが、体系的な作文の練習をしている人はほとんどいません。

村上春樹のような文芸的な文章ではなく、誰でも訓練次第で身につけることが可能な技術ではあるので、大学生、社会人問わず一読する価値はある本なのでおすすめです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い

    英単語の意味と使い方

    lie(自動詞)とlay(他動詞)の使い方の違い

    「横たわる(lie)」と「横たえる(lay)」の違いを扱った問題は受験…

  2. 肥満大国

    USA / アメリカの文化

    アメリカが肥満大国になる理由

    アメリカのマースフード社が自社の食品に「ときどき」「毎日」など摂取を推…

  3. ノーパンツ「

    USA / アメリカの文化

    ノーパンツデーに見る英語と米語の違い

    「ノーパンツ・サブウェイ・ライド(No Pants Subway Ri…

  4. エレン・デジェネレス

    USA / アメリカの文化

    エレン・デジェネレスと差別発言

    アメリカの人気コメディアン、テレビ番組のホスト・司会者として有名なエレ…

  5. hazing

    USA / アメリカの文化

    hazing(いびり・いじめ)の文化とは?

    hazing(ヘイジング)という言葉が何度かニュースに登場したのでまと…

  6. オープン

    Grammar / 英文法

    openとopenedの意味の違いを考える

    openの使い方は簡単なように見えて難しいので、少し整理してみます。…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. cultural appropriation
  2. shithole
  3. capital-letter
  4. i’m lovin’ it
  5. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える

最近の記事

  1. velvet(ベルベット)とvelvetyの意味と使い方
  2. complete(コンプリート)の意味と使い方
  3. cover up(カバーアップ)の意味と使い方
  4. danger / dangerous / endangered / endangerの意味の違いと使い方
  5. pinch(ピンチ・つまむ)の意味と使い方
  6. bracket(括弧・ブラケット)の意味と使い方
  7. blow out(ブロウアウト)の意味と使い方
PAGE TOP