ポリティカル・コレクトネスはどのぐらい浸透しているのか?

スチュワーデス

1980年代からアメリカで広まった運動に「ポリティカル・コレクトネス/political correctness」があります。

職業などを言い表す時に性差や偏見を防ぐために、言葉を中立的なものに置き換える運動です。

political correctness

日本語でも「看護婦・保母」と書くと女性のイメージが強くなるので、「看護師・保育士」といった性差のない言葉に言い換えられています。

英語でも「firefighter」もかつては「fireman(firewoman)」のように言われていました。

例をあげたら無数に出てきますが、一例を紹介すると以下のような言葉です。

policeman → police officer
steward /stewardess → flight attendant
chairman → chairperson
housewife → homemaker

本当に浸透しているのか?

ポリティカル・コレクトネスの趣旨はわかりますが「実際に使われているのか?」となると少し別問題です。

一部では言葉狩りといった批判や過剰反応といった意見も聞かれますが、このあたりどこまで置き換えが浸透しているのか確認してみました。

カナダ人のスティーブ、いちネイティブスピーカーの感覚的な意見という前提がありますが以下のような印象を受けるようです。

fireman / firewoman

firefighter

使ってもOKですがこの言い方は古臭いようで、すでに「firefighter」が好まれるようです。

特にポリティカル・コレクトネス(PT)の話になるとあげられる代表的な言葉です。

policeman / policewoman

police

こちらも使っても極端に変ではありませんが、やはり古くさい感じがするそうで「police officer」が好まれます。

copもありますが「ポリ、サツ、マッポ」みたいなカジュアルな言い方なので、警察官が聞いたらたぶん怒る種類の表現です。

waiter / waitress

ウエイトレス

まだまだ使われている言葉で、特に私達お客さん側は「waiter / waitress」と言っているケースが多いです。

反対にお店が従業員に対して「server」と呼ぶケースが増えてきています。

日本ではウエイター、ウエイトレスという言葉はまだまだ根強いし、使う側もさほど意識していないようですね。

steward / stewardess

スチュワーデス

これはもう「flight attendant(フライトアテンダント)」が一般的になっているといっても差し支えないレベルです。

他にも「cabin crew(キャビン・クルー)」などの表現もあり、これは各航空会社などによっても違います。

ウィキペディアで「cabin attendant(キャビン・アテンダント)」は和製英語だと紹介されていますが、上の2つほどではないものの、英語圏でも使われていました。

日本語では「客室乗務員」と呼ばれますが、そう聞くと飛行機は客室だったんだと気付かされますね。

mailman / mailwoman

郵便配達員ですが、これもあまり使われなくなっています。

postal worker, mail carrier, letter carrierなどが好まれ、一般的になっています。

メイル・ウーマンって奇妙な響きですね。

actress

アクター

最近は男女ともにactorに統一されつつありますが、まだ使われている言葉です。

しかしアカデミー賞では「Best Actor / Best Actress」の表記が維持されています。

他の賞では「Best Male Actor / Best Female Actor」が使われています。

fisherman

漁師を意味する言葉で、古くさい感じもするけどまだまだ使われている言葉です。

逆に性差をなくした「fisher」を使っている人のほうが少ない印象。

プロレス技の「フィッシャーマン・スープレックス」もゆくゆくはなくなっていく名称なのでしょうか。

chairman / chairwoman

チェアマン

「議長、委員長、司会者」などを意味する言葉ですが、媒体や書く人によってばらつきがあります。

chairperson / chairが使われるケースや、女性に対してもchairmanと書くケースもあります。

おそらく時代と共に浸透具合も変わり、この記事を公開したタイミングからもどんどん変化していくものだとは思いますので、あらかじめご了承ください。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ミッションインポッシブル

    Culture / 文化と体験

    「should you choose to accept it」とifの省略

    スパイの活躍を描いたミッション・インポッシブル(Mission:Imp…

  2. 英単語の意味と使い方

    gender(ジェンダー)の意味と使い方

    gender(ジェンダー)も非常によく聞かれる言葉になりましたが、今日…

  3. bill

    英単語の意味と使い方

    bill(紙幣・請求書・法案)の意味

    billは基本的には「お札、紙幣」の意味で使われますが、それ以外の別の…

  4. likeness

    英単語の意味と使い方

    likeness(ライクネス)の意味と使い方

    likenessは「似顔絵」と訳されることも多いですが、意味としては「…

  5. 外国人

    英単語の意味と使い方

    外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?

    外国人に対して「foreigner(フォーリナー)」と表現することに対…

  6. recipientの意味と使い方、receiverとの違い

    英単語の意味と使い方

    recipientの意味と使い方、receiverとの違い

    recipient(レシピエント)は「受け取る人」のような意味で、賞の…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. rich / wealthy
  3. asas
  4. カタカナ都市名
  5. hatena




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. relevant / irrelevantの意味と使い方
  2. fail / failure / failing / fail toの意味と使い方の違い
  3. dwell(住む、居住する)の意味と使い方
  4. matterの意味と使い方
  5. for here(店内で食べる) / to go(持ち帰り)
  6. fold(フォールド) / unfold(アンフォールド)の意味と使い方
  7. set offの意味と使い方
PAGE TOP