individual / individuallyの意味と使い方、personalとの違い

individual / individuallyの意味と使い方、personalとの違い
 

公開日: 最終更新日:2022.09.17

individualは形容詞と名詞で使うことができ、形容詞では「個々の、個別の」、名詞では「個人、一人の人間、個体」といった意味になります。人間に対して使うと「personal」や「person」「people」とも意味が近くなります。ニュアンスの差もあるので整理してみました。あわせて副詞のindividuallyとpersonallyの違いについても整理しています。

individualの意味と使い方

individualの意味と使い方

形容詞のindividualは「個々の、個別の」といった意味です。single anything(1個の何か)と考えてもいいと思います。

語源としてはdivide(分割する)と同じで、ラテン語での「divisible(分けられる、分割できる)」という意味と、それを否定・反対する「in」をつけたもので、分割できないものといった意味合いです。

例文

I have an individual slice of cheese.

私は一切れのチーズを持っている。

例文

Each individual computer has its own password.

個々のパソコンにはそれぞれのパスワードがある。

実際のニュースでの使用例もあげておきます。

ニュースより

Currently, driver’s licenses are issued by individual prefectures, but once unified, they can be given and renewed anywhere in the country.

現在、運転免許証は各都道府県で発行されているが、一度統一されれば、それらは全国どこででも発行・更新ができる。

例文

A proposal in the Canadian government may make it the first country in the world to place health warning labels on individual cigarettes rather than packs.

カナダ政府の提案によって、箱ではなく個々のたばこ(1本1本)に健康への警告ラベルを書く世界で最初の国になるかもしれない。

名詞のindividual

individualは名詞でも使うことができ「個人、一人の人間」といった意味になります。その場合はpersonと、複数形で使った場合はpeopleと意味が近くなります。

例文

Some individuals in the group complained about the lunch.

グループの中の数人の個人が、ランチに不満を言っていた。

例文

The YouTuber has the most subscribers for an individual.

そのユーチューバーは個人としては最大の登録者がいる。

individualとpersonalの違い

individualは人間に対しても使えるのでその場合は「個人の」と考えたほうが自然です。そうなると「personal」「person」と似たような意味になってきます。

しかし、本質的には意味が違うのではないかという意見です。いくつかの例文では置き換えると意味が成立しなくなります。名詞、形容詞の両方で比べてみます。

例文

The contest is open to groups or individuals.

そのコンテストはグループまたは個人が参加できる。

例文

× The contest is open to groups or people.

(意味がよくわからない)

この場合はgroupもpeopleなので意味がよくわからない文章になります。ニュースでは団体や企業としてではなく、独立した意思を持った個人を強調する意味でよく使われます。

ニュースより

About 71 million of these surplus masks are finally going to be given away to 330,000 individuals and groups in May, with the additional distribution costs estimated at 500 million yen.

(アベノマスクのあまりもの)約7100万のこれら余りのマスクは、ついに33万人の個人と団体に5月に、追加の配布コスト推定5億円と共に、無料で配られる予定だ。

しかし、次の文章だと置き換えても意味は通ります。

例文

The exhibition is usually attended by companies, but individuals go too.

その展示会はたいていは企業が参加するが、個人でも行ける。

例文

The exhibition is usually attended by companies, but people go too.

その展示会はたいていは企業が参加するが、人々も行ける。

日本語にすると少し違和感がありますが企業ではない普通の人でも参加できるといった意味で成立します。

individualとpersonalはニュアンスが異なる

individualとpersonalはニュアンスが異なります。けっこうネイティブの感覚的な話になるので参考程度にお考えください。

例文

She is the nicest person I ever met.

彼女は今まで会った中でもっともナイスな人だ。

上の例文は「person」だと普通の文章で今まで会った人々の中で最もいい感じの人だという意味です。

例文

She is the nicest individual I ever met.

彼女は今まで会った中でもっとも個人な人だ。

これをindividualを使うと、彼女が集団から切り離された特別な人であるような感じがします。ニュアンスとして難しいですが他とはレベルが違うような感じです。

この感覚の違いを図にすると以下のような感じで、nicest personだと今まで出会った多くの人々の中に彼女がいて、その中で彼女は最もナイスだという感じです。nicest individualだとそもそも彼女は私が出会ってきた人々という集団には入らないぐらいに、レベルや特別さが違うような感じがします。

パーソンとインディビジュアル

次の例文で比較してみます。

例文

There’s an individual here who cheated on their test.

There’s a person here who cheated on their test.

テストで不正をした人がいます。

この場合は「individual」のほうが言い方が強く、先生は誰が不正をしたかをおそらく知っているような感じがします。しかし、personを使うと不正はあったけれどまだ誰かわかってないような感じもします。

以下の違いは微妙ではあるものの、明らかに違いがあります。

例文

Each employee has a personal workspace.

各従業員は個人のワークスペースを持っている。

例文

Each employee has an individual workspace.

各従業員は個別のワークスペースを持っている。

personal workspaceは個人に帰属するスペースです。会社が与えた私のものであり、私のデスク、私のスペースみたいな感じです。

individual workspaceは他とつながっていない個別のスペースです。他の人に邪魔されない個別スペースです。しかし、私が休みの日には他の誰かが使っているような感じもします。

これらはあくまで与える印象、感覚の差なので、はっきり何を指しているかは個別のケースによります。

individuallyの意味と使い方

individuallyは「一つ一つ、個別に、個々に」といった意味の副詞です。

例文

The cookies are individually wrapped.

クッキーは個別にラッピングされている。

例文

The brothers became famous individually.

その兄弟は個々に有名になった。

individuallyも人間に対して使えるので文脈によっては「個人的に」「個人で」と考えても近いと思います。その場合はby a single person(1人の人間によって)の意味です。

例文

It is an individually owned company.

その会社は個人によって所有される会社だ。

例文

The contest can be entered by groups or individually.

コンテストにはグループまたは個人で参加できる。

personallyとindividuallyの違い

しかし、日本語でいう以下のような「個人的」はpersonallyです。individuallyは「個別で、ひとりで」といった意味です。

例文

I personally don’t like Taylor Swift.

私は個人的にはテイラー・スウィフトが好きじゃない。

例えば以下のような文章はpersonallyを日本語の「個人的」で解釈すると英語と意味があいません。

例文

I’ve never met Abe personally.

(意味がよくわからない)

上の例文だとメールなどで話したことや何らかの関係はあるけれど面と向かって顔を合わせたことがないといった英文になります。

以下の例文も状況がはっきりしません。

例文

The contest can be entered personally.

そのコンテストはパーソナリィに参加できる。

上の例文だと「誰の仲介も通さずに、直接の申し込みができるコンテスト」といった漠然とした状況になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 炎上
  2. latestとlastの意味の違い
  3. capital-letter
  4. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  5. i’m lovin’ it

最近の記事

  1. swirl(渦巻・ぐるぐる)とwhirlpoolの意味と使い方
  2. 「issue」と「problem」の意味の違い
  3. fight off(撃退する、追い払う)の意味と使い方
  4. subsidy(補助金・助成金・給付金)とsubside(弱まる)の意味と使い方
  5. alligator(アリゲーター)とcrocodile(クロコダイル)の違い
  6. piggyback(おんぶ)の意味と使い方
  7. latestとlastの意味の違い
PAGE TOP