holy / sacred / divineの意味の違い

holy / sacred / divineの意味の違い

どれも日本語にすると「神聖な、聖なる」といった意味合いです。日本語の「神聖な」「聖地」が特に宗教的な意味ではなく、部外者に干渉されたくないといった意味で使われますが英語でも可能です。

少し使い方にニュアンスの差がありますが使い分けを記載しておきます。この中では明らかにdivineだけは「神の所有の、神が持っている」といった意味が強くなるので文脈によってはあいません。

ほかにもmecca(メッカ)やsanctuary(サンクチュアリ)などの関連用語もあわせてご紹介しています。

sacredとholyの違い

sacredとholyの違い

どちらも日本語にすると「神聖な」の意味です。読み方は以下の音声ファイルを参考にしてください。

sacred【séikrid】
holy【hóuli】

基本的には同じ意味なので置き換えても問題はありません。

例文

This book is holy in their religion.

This book is sacred in their religion.

この本は彼らの宗教では神聖だ。

本当にわずかな差があるとすればsacredが他から干渉されない、されてはいけないような神聖さを表すのに対して、holyは宗教色が強くなった、崇拝されているようなニュアンスを感じさせます。

これは「〇〇の聖地」といった表現が可能ですが、例えば「秋葉原はオタクの聖地」といった場合には以下の文章が考えられます。

例文

◎ Akihabara is a sacred place for otaku.

〇 Akihabara is a holy place for otaku.

秋葉原はオタクの聖地だ。

基本的にはどちらもOKですが、オタクの人々が秋葉原を崇拝している感じではなく、守りたい場所・干渉されたくない場所として思っているならばsacredのほうがベターだという意見です。ただしholyを使っても間違いではありません。

divineの意味と使い方

divineの意味と使い方

「神の、神聖な」の意味です。一文字違いの「divide」は「分割する」の意味です。

この場合のdivineは「of the gods / god」であり「神の持っている」の意味での神聖さです。

divine【diváin】

例文

The priest is full of divine wisdom.

その神父は神のような英知・良識にあふれている。

例文

It’s his divine right.

それは彼の神の権利だ。

概念として日本語にしにくいですが神が持っている知識・権利みたいなものに対して使われます。

したがって単純に「神聖な」という意味では使いにくいです。

例文

This book is divine in their religion.

(こういう使い方が少し変です)

例文

This book contains divine wisdom.

この本は神の英知が含まれている。

本に書かれていることは神の知恵、知識なので「divine wisdom」といえますが、本そのものが神の所有物ではないので少し変だという話です。

例文

They should have better plans so they don’t have to rely on divine intervention.

彼らは神の介入に頼らないでいいように、もっといい計画を持つべきだ。

interventionは「介入・干渉」の意味であり、divine interventionは「神の干渉・介入」なので要するに「運(luck)」です。

素晴らしい

ここから「素晴らしい」の意味にもなります。ちょっと大げさな仰々しい表現です。神が所有しているかのようなものです。

例文

Dinner was simply divine!

夕食はまさに神だった!

例文

She is a divine beauty.

彼女の美しさは神レベル。

ネット用語では「神」が軽く使われますが、その雰囲気と同じとはいいませんが、言葉としてはやや大げさな感じがしますね。

彼女の美しさは神聖だ、ぐらいの勢いはあります。使い方によっては嫌味にもなると思います。

Mecca(メッカ)

〇〇のメッカという表現は英語でも可能です。大文字で「Mecca」と書けばサウジアラビアにあるイスラム教の聖地を指します。

例文

He began his pilgrimage to Mecca.

彼はメッカへの巡礼を始めた。

小文字でmeccaと書けば、あるグループや集団にとって大切な場所、神聖な場所になります。このあたりカタカナにも近い使い方です。

例文

Silicon Valley is the mecca for app developers.

シリコンバレーはアプリ開発者のメッカだ。

例文

The San Diego Comicon is the mecca of comic book fans.

サンディエゴのコミコンは漫画好きのメッカだ。

sanctuary(サンクチュアリ)

sanctuaryも英語でも認識されている単語ですが、一般的な言葉かといわれると微妙なところです。使うとしても非常に文学的な表現になってしまいます。

意味としては神聖な場所よりも「安全な場所」です。どちらかといえば日本の動物保護団体などが名称に使っている単語です。

例文

The criminal sought sanctuary in a church.

その犯罪者は教会に安全な場所を見つけた。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. peeve(pet peeve)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    peeve(pet peeve)の意味と使い方

    peeve(ピーブ・ピーヴ)とは日本語でいう「イラっとする」といった意…

  2. adopt

    英単語の意味と使い方

    adopt / adapt / adeptの違い

    基本的にぜんぜん違う言葉ですが、1字違いで似ているのでややこしい単語だ…

  3. nail(ネイル)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    nail(爪・釘・うまくやる)の意味と使い方

    nailという単語はカタカナでは女性が飾り付ける手や足の爪、ネイルの意…

  4. leak(リーク・漏れる・漏洩)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    leak(リーク・漏れる・漏洩)の意味と使い方

    leak(リーク)もカタカナでけっこう使われますが何かが「漏れる」を表…

  5. ライトアップ

    英単語の意味と使い方

    light(光・明かり)とライトアップの意味を考える

    みなさんご存知のように英語のlightには「光、明かり、ライト、光源」…

  6. advice

    英単語の意味と使い方

    advice / advise / advisory / advisableの意味の違い

    基本的にはカタカナと使い方に大きな違いはなくadviceが名詞で「助言…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. bread
  2. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い
  3. 匂い
  4. Japanese
  5. ifと仮定法




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. structure / restructureの意味と使い方
  2. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
  3. squeeze(スクイーズ・しぼる)の意味と使い方
  4. spare(スペア)の意味と使い方
  5. subscription(サブスクリプション)とsubscribe(サブスクライブ)の意味を英語で考える
  6. annoyとbotherの意味と使い方の違い
  7. ride(ライド・乗る)の意味と使い方
PAGE TOP