heads-upの意味と使い方

heads-up

heads-upとは文字通り「頭を上げる」ことで、ここから「注意喚起、警告」といった意味でも使われます。英語では「notice / warning」などと同じです。

下を向いていたら何も気が付きませんが、顔をあげることによって、何か危険なものに対して注意を払うことを意味します。

実際に頭をあげているかはあまり重要ではありません。例文を記載するので使い方の参考にしてください。

heads-upの使い方

使い方は以下のように「注意勧告」「警告」の意味で、名詞として用いられるケースが多いです。ビジネス英会話などでもよく見かける表現です。

ちょっと日本語にしにくいですが以下のように使ってください。

Hey, I just want to give you a heads-up that the show starts in ten minutes.
なあ、忠告なんだけど、10分後にショーがはじまるよ。

If you see the boss coming, give me a heads-up.
もしボスが来たら、知らせてくれ。

Thanks for the heads-up!
忠告をありがとう!

上は名詞で使っていますが、下は動詞で使っています。

Heads up!
= Look out!
= Watch out!
気を付けろ!

名詞で使う場合でもハイフンのあるなしはあまり重要ではなく、そもそも話し言葉ではハイフンが入っているかどうかはわかりません。

1単語として見やすいという意味で名詞で使う場合にはハイフンを入れた方が読みやすいと思います。

また「Heads up! (気を付けろ!)」と誰か一人に対して言った場合でも複数形になるのが一般的です。こういう表現だからだそうで、名詞として忠告の意味でたった1つだけ忠告しても、やっぱり複数形の「heads-up」になります。

単純に頭をあげる動作でもあるので、ゴルフや野球でも打つ瞬間に、頭があがってしまう動作を指しても使われている言葉です。

率いる、進む

headを動詞で使うと「~を率いる」といった、自分が頭になっているといった意味にもなります。この動詞で使った場合にはhead upを見かけるかもしれません。

I’m heading up the new project.
=I’m heading the new project.
私は新しいプロジェクトを率いている。

この場合のupは別になくてもよくて、アメリカ英語に見られるあまり意味のないupの使い方です。

同様にheadには「~に向かう、進む、行く」の意味もあるため、この動詞で使った場合でもhead upが見られます。

I’m heading up to New York.
=I’m heading to New York.
ニューヨークに向かっています。

こちらの場合も同じく「up」はなくても意味は通じるので、あまり意味のないupだといえます。

ヘッドアップディスプレイ (HUD)

HUD

もう1つheads-upを見かけるとすれば「Heads-up display(ヘッドアップディスプレイ)」といった表現です。略してHUDともいわれます。head-upの単数形でもOKです。

ヘッドアップとは文字通り顔を上げた状態ですが、その状態で見ることができるディスプレイ、視線を落とさずに人間の視野でそのまま見れるディスプレイを指します。

最近では一部の車でフロントガラスにスピード等が表示されますが、あれがHUDです。視線を外す一瞬でも命取りになるような戦闘機などに採用されています。

The fighter jet has a heads up display for pilots to constantly watch their radar.
戦闘機にはパイロットが常にレーダーを確認できるようにヘッドアップディスプレイがある。

Some luxury cars have a heads-up display.
一部の高級車にはヘッドアップディスプレイがある。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. カタカナ都市名

    英語の使い方

    カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

    カタカナと英語名でかなり発音が違う都市名や、発音が難しい都市名などをピ…

  2. brief(ブリーフ)の意味の使い方

    英単語の意味と使い方

    brief(ブリーフ)の意味と使い方

    brief(ブリーフ)といえば男性用の下着が思い浮かびますが確かにその…

  3. apply(アプライ)

    カタカナビジネス英語

    apply(for / to)の意味と使い方

    apply(アプライ)は大きく意味をわけると何か仕事や学校などに対して…

  4. deal with

    イディオム・熟語・慣用句

    deal with / deal inの意味と使い方

    dealそのものは「売る、取引する」みたいな意味ですが、動詞で使った場…

  5. 英単語の意味と使い方

    double / dual / twinの違い

    ダブル、デュアル、ツインはそれぞれカタカナでもよく聞かれるなじみのある…

  6. routine(ルーティン)

    和製英語とカタカナ英語

    routine(ルーティン)の意味と使い方

    routineは主に日々、繰り返されるようなことを指し、品詞としては名…

おすすめ記事

  1. カタカナ都市名
  2. accident / incident
  3. select
  4. capital-letter
  5. 飲み放題




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. routeの意味と使い方
  2. choke(チョーク)の意味と使い方
  3. novelty(ノベルティ)とnovelの意味と使い方
  4. tour(ツアー)の意味と使い方
  5. give awayの意味と使い方
  6. decoration(デコレーション)/ decorate(デコレート)の意味と使い方
  7. exercise(エクササイズ)の意味と使い方




PAGE TOP