full of / filled withの意味と使い方

full-of

fullは「満員、満杯」などの意味になりますがfull ofの形になると「~であふれている、~で満ちている」といった意味の表現になります。

fullと比較するといっぱいではあるけれどまだ入る余地が残っているような感覚で伝わります。使い方を例文にまとめてみました。

類似の表現であるfull ofとfilled withの違いについてはネットでも様々な意見が見られますが当サイトの結論としては「違いはない」となっています。

full(満杯・満員)

full ofの前にまず、カタカナでもおなじみの「フル」については、何かがいっぱい、満員であることを意味します。

この場合には満員、満杯であると同時に他のものがこれ以上は入る余地がないことも表しています。

例文

Sorry this restaurant is full. You’ll have to wait outside.

すみません、当店は満員です。外で待たないといけません。

例文

A:Do you want another piece of pie?

B:No thanks. I’m full.

もう1枚、ピザいる?

けっこうです。もうお腹いっぱいです。

(be) full ofの使い方

full ofだと「~に満ちている、いっぱいである、あふれている」となりますが少しニュアンスがfullとは異なります。

fullで書くと「満員、満杯」となり入る余地が残っていないかのように感じられます。一方でfull ofで表現すると「満ちている」となりますがまだ入る余地が感じられます。

例文

The building is full of people.

その建物は人でいっぱいだ。

例文

The building is full.

その建物は満員だ。

例文

This jar is full of honey.

このジャーははちみつでいっぱいだ。

抽象的なもの、形のないものに使う

またfull ofは漠然としたもの、愛、興奮、喜びなど形のないものにも使えます。

例文

She is full of love for her family.

彼女は家族への愛で溢れている。

例文

The book is full of excitement.

この本は興奮で溢れている。

例文

She was full of joy.

彼女は喜びにあふれていた。

full of it(スラング)

少し注意したいのはfull of itで「嘘、でたらめ」の意味になります。元はfull of shitから変化したものです。

例文

I don’t trust anything politicians say. They’re all full of it.

政治家のいうことは何も信用しない。あいつらはうそっぱちだ。

例文

He has a lot of funny stories but most people think he’s just full of it.

彼はおかしな話をいっぱい持っているけど、ほとんどの人は嘘だと思っている。

filled withとfull ofの違い

類似の表現にはfilled withがあり、これも「~でいっぱいである、~で満たされている」の意味になります。

この2つの違いについて確認してみましたが結論としては「違いはない」となりました。相互に置き換えても問題ありません。

例文

The pot is filled with honey.

= The pot is full of honey.

= The pot is full with honey.

ポットははちみつであふれている。

例文

This building is filled with people.

= This building is full of people.

この建物は人であふれている。

例文

My room is filled with manga.

= My room is full of manga.

私の部屋は漫画であふれている。

例文

She was filled with joy.

= She was full of joy.

彼女は喜びであふれていた。

例文

The comedian always looked happy but he was filled with sadness.

= The comedian always looked happy but he was full of sadness.

そのコメディアンはいつも楽しそうに見えた。しかし、彼は悲しみであふれていた。

例文

Her wallet is filled with cash.

Her wallet is full of cash.

彼女の財布は現金でいっぱいだ。

例文

The room was filled with old furniture.

The room was full of old furniture.

その部屋は古い家具でいっぱいだった。

例文

On Christmas morning, the stockings were filled with presents.

On Christmas morning, the stockings were full of presents.

クリスマスの朝には、靴下はプレゼントがいっぱいだった。

ネットで検索すると違いについてさまざまな意見が飛び交っておりそれを踏まえて確認してみましたが、上の文章はすべて同じと考えても問題ないという判断です。

物体、人、感情、ポジティブ、ネガティブのどのパターンで確認しても違いは感じられないという意見です。

ただ傾向として「full of」は自然にあふれているようなものに、「filled with」は人間あるいは神があふれさせたような人為的なものに使われやすい傾向は感じられます。

例文

Fresh fruits like apples are full of vitamins.

新鮮なフルーツ、たとえばリンゴなどはビタミンでいっぱいだ。

上のような例文の場合には「filled with」を使うと誰かがビタミンを注入したようにも少し感じられるので、これはfull ofのほうがベターではないかといった意見はあります。しかし、世の中は神が作ったものというような概念を持ち込めば「filled with」でも不思議ではなく、非常に曖昧な境界線です。基本的には上の文章を「filled with」で書いても問題はありません。

これは日本語の「いっぱいである」と「あふれている」ぐらいの微妙な差で、「あふれている」にはそこに人為的なものがほんのわずかに感じられるかな、といった差と同じぐらいのレベルだと思います。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. spot(スポット)

    英単語の意味と使い方

    spot(スポット)の意味と使い方

    スポットライトやツーリストスポットのようにカタカナでも聞かれるspot…

  2. nevertheless

    英単語の意味と使い方

    nevertheless(nonetheless)の意味と使い方について

    neverthelessは「にもかかわらず」の意味でよく知られています…

  3. path

    英単語の意味と使い方

    pathの意味と使い方、passとの違い

    pathはもともとは小さな道、小道、散歩道みたいなものを指します。そこ…

  4. indeed

    カタカナビジネス英語

    英語の「indeed」の意味と使い方

    indeed(インディード)は品詞としては「副詞」にあたり、何かを強調…

  5. pollution

    英単語の意味と使い方

    contaminationとpollutionの違い

    contaminationとpollutionはどちらもニュースでは「…

  6. promote

    カタカナビジネス英語

    promote(プロモート) / promotion(プロモーション)の意味と使い方

    promotion(プロモーション)はカタカナでは製品・商品の宣伝や販…

おすすめ記事

  1. hack(ハック)の意味と使い方
  2. シューズ
  3. 影響を与える
  4. 支持する
  5. lay-lie




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. smuggle(密輸する)の意味と使い方
  2. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い
  3. lifespanとlife expectancyの意味の違い
  4. disputeとargue(argument)の意味の違い
  5. Tenderの意味と使い方
  6. bunch(束・房)の意味と使い方
  7. clean up / clean out / cleanの意味の違い
  8. clue(クルー)の意味と使い方




PAGE TOP