facultyの意味と使い方

facultyの意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2019.12.5

facultyは何度かニュースに登場しましたが、使われる国や地域によって指している意味が微妙に変わるケースがあります。

北米では一般的には大学の教授陣、先生たちを指して使われますが、イギリスでは学部・学科を指して使われるケースがあります。

facultyの使い方について話し合ったことをまとめておきます。使い方の参考にしてください。読み方はファカルティーが近いですがアクセントが前にあります。

faculty【fǽkəlti】

教員・教師

教員・教師

インターネットによると、一般的に北米英語ではfacultyは大学の教師、教授、教員に対してだけ使われるようです。正しくは教員陣なのでfamilyやstaffのような集合名詞の扱いでしょうか。

例文

He is a member of the faculty of Harvard.

= He is a Harvard professor.

彼はハーバードの教員だ。

しかし、スティーブはfacultyは自分にとってはかなり地方の言葉、方言のようだと言っています。

例えば彼が中学生だったときにfacultyは、用務員や事務員といった他の雇用者とは違う「教員全員」を指していました。

例文

Would faculty and staff please report to the head office?

教員とスタッフは本部への報告をしていただけますか。

実際のニュースから抜粋してみます。日本の小学校で英語の指導が始まりますが、小学校の教師課程には英語がなかったため教員の英語力・英語指導力不足が指摘されるニュースからです。

ここでは大学ではありませんが「教員」の意味で使われています。

例文

However, because the current elementary school teacher training course does not cover English, there is a lack of English teaching ability among current faculty.

しかし目下の小学校教員養成課程は英語を含まないため、現在の小学校教員の間で英語の指導力が不足している。

学部、学科

学部、学科

イギリス英語では教員そのものを指すのではなく「学部や学科」を表します。

例文

He works in the faculty of science at Oxford.

= He works in the science department of Oxford.

彼はオックスフォードの科学部で働いている。

この例文の場合は教員かどうかは分かりません。単にそこで働いている清掃員などの可能性もあります。

イギリスのケンブリッジ大学で手書きの入試をやめて、パソコンによるタイプを導入する議論があったニュースからです。

例文

The faculty have noticed a steady decrease in the quality of students’ handwriting over the last 15 to 20 years.

学部(教授陣)は過去15年から20年にわたって学生の手書きの質が継続的に落ちていることに気づいた。

アメリカなら教師陣と解釈でき、イギリスならば学部と解釈でき、どちらでも意味は通ります。学部を構成するのが教師陣だとも考えられるので近い意味ではあります。

能力

もともと備わっている能力も意味します。この意味で使う分にはブレがないのでわかりやすいと思います。

例文

He has a certain faculty for mathematics.

彼にはある程度の数学の能力がある。

例文

She drank so much it began to affect her faculties.

彼女は飲みすぎたので能力に影響し始めた。

訳しにくいですが、飲みすぎたことできちんと動けずフラフラになったという意味です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. renewal(リニューアル)とrenewの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    renewal(リニューアル)とrenewの意味と使い方

    動詞の「renew」は何かを再び新しくすること全般に使われる言葉であり…

  2. chips

    USA / アメリカの文化

    ポテトチップスのchipを使った英語表現

    ポテトチップスに使われている英単語のchip【tʃíp】はさまざまな熟…

  3. burden

    英単語の意味と使い方

    burden(負担・重荷)の意味と使い方

    burdenは「負担、重荷」の意味があり、本当に重量の重い荷物を指すよ…

  4. desert(デザート)の動詞・名詞での意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    desert(動詞:見捨てる)とdesertedの意味と使い方

    desertは名詞で使うと水のない「砂漠」ですが、動詞では「見捨てる、…

  5. フィールド

    Area / 場所・地域・国・方角

    field(フィールド)の意味と使い方

    カタカナでもよくフィールドが使われますが、文脈を丁寧に見ると個々には別…

  6. artificialとman-madeの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    artificialとman-madeの意味の違い

    artificialは「人工の」で最近は特にartificial in…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 外国人
  2. peace sign
  3. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?
  4. America(アメリカ)とUSAの違い
  5. イギリス / イングランド / UK / ブリティッシュの違い




最近の記事

  1. striking / strikinglyの意味と使い方
  2. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  3. take offense / no offenseの意味と使い方
  4. review(レビュー・批評・復習)の意味と使い方
  5. second only to / second to noneの意味と使い方
  6. index(インデックス)の意味と使い方
  7. bake(ベイク)/ bakery(ベーカリー)の意味と使い方
  8. at the last minute(ギリギリで、土壇場で、直前で)の意味と使い方
PAGE TOP