erupt / eruptionの意味と使い方

erupt / eruptionの意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.02.21

eruptは動詞で「噴出する、噴火する」の意味で、よく火山の噴火などを表し用いられます。名詞がeruptionで「噴火、爆発」となります。

どちらも物理的な噴火だけではなく、人々の怒りの感情などが「爆発」するといった使い方が可能です。ずっとためていた感情を爆発させるイメージです。

だいたい日本語の「噴火」と似ていますが、少し英語独自の使い方もあるので例文にまとめました。同じ爆発のexplodeとの違いもまとめています。

eruptの意味と使い方

eruptの意味と使い方

eruptは「噴出する、噴火する」と訳されることが多く、圧力がかかって何かを放つことです。最もわかりやすいのが火山の噴火です。発音は「イラプト」が近いです。

erupt【irʌ́pt】

例文

The volcano erupted 100 years ago.

その火山は100年前に噴火した。

例文

A stream of hot water erupted from the pipe.

熱いお湯の絶え間のない流れがパイプから噴出していた。

比喩としてのeruptの使い方

比喩としてのeruptの使い方

eruptは火山のような物理的な現象だけではなく、怒りのような感情の爆発に対しても使うことができます。日本語と近い感覚です。

eruptの使い方に共通していえることですが、エネルギーが蓄積してある時に噴出するようなイメージです。

例文

The kids continued to bully him until one day he erupted and punched one in the face.

その子供たちは、ある日に彼が爆発して、ある一人の顔を殴るまで、いじめを続けた。

例文

I broke another one of her dishes and she erupted at me.

私は彼女の皿をもう1枚割って、彼女は私にブチ切れた。

例文

Controversy erupted minutes after the tweet went out.

そのツイートが出てすぐに論争が勃発した。

explodeとeruptの違い

explodeとeruptの違い

explodeは「爆発する」の意味で、激しい圧力によってバラバラになるようなことを指します。

一方のeruptはすでに書いたように、エネルギー・圧力のようなものが時間をかけてたまっていき爆発、噴出するようなイメージです。

例文

A bomb exploded in the station.

駅で爆弾が爆発した。

例文

Someone put a pumpkin in the microwave and it exploded.

誰かがかぼちゃを電子レンジに入れて、それが爆発した。

通常、火山の報道ではeruptが使われますが、特定の状況ではexplodeも使われます。

例文

The volcano erupted and slowly released lava.

火山が噴火して、ゆっくりと溶岩を出した。

例文

A part of the volcano exploded during the eruption, sending rocks flying for hundreds of meters.

噴火の間に、火山のある部分が爆発し、岩石を数百メートルまで放り出した。

噴火でも溶岩がドロドロ流れ出すようなものもあれば、爆発している状態に近いものもあるので、区別して使われる時があります。

また感情などに対してもexplodeを使うことも可能です。ほぼ同じ意味と思っても間違いありませんがeruptは蓄積したものが爆発する感じで、explodeはいきなり爆発するようなニュアンスの差があります。

例文

She exploded at me when she saw the broken dish.

彼女が割れた皿を見つけたときに、私にブチ切れた。

例文

He came in late again and the boss exploded.

彼がまた遅刻したので、ボスが怒った。

eruptionの意味と使い方

そのまま名詞がeruptionで「噴火、爆発」などの意味になります。以下は実際のニュースからです。

例文

Powerful eruptions continued at Mt. Shinmoe, which straddles Miyazaki and Kagoshima Prefectures in Kyushu.

巨大な噴火が新燃岳でつづき、九州の宮崎県と鹿児島県に及んでいる。

例文

In addition to releasing toxic sulfur dioxide gas, the eruptions have also led to numerous earthquakes in the area.

有毒な二酸化硫黄ガスの放出に加えて、噴火はまたこの地域での多数の地震を引き起こした。

例文

There was an eruption in Sakurajima.

桜島の噴火があった。

名詞のeruptionも比喩としての噴火、爆発に使うことができます。

例文

Frequent bullying led (up) to his eruption.

頻繁ないじめが彼の怒り爆発につながった。

例文

He is known to have angry eruptions.

彼は怒りの爆発で知られている。

上の例文もイメージとしては蓄積していた怒りが、ある地点で爆発したといったイメージです。

また感情だけではなく、以下のようにちょっと日本語でとらえにくいような使い方もあります。

例文

There was an eruption of activity during the Olympics.

オリンピックの間に、活動に爆発があった。

オリンピックの時には人々がいろんな活動をするといった意味です。オリンピックに向けて貯めていたエネルギーが爆発するといった意味です。

例文

There is always an eruption of laughter during that scene.

あのシーンになると、いつも笑いの噴出がある。

これもこらえていた笑いが出てしまうといった意味合いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. milestone

    英単語の意味と使い方

    milestone(マイルストーン)の使い方

    ビジネス用語としてのマイルストーンは何かの節目を意味する言葉です。…

  2. standoff

    英単語の意味と使い方

    standoff(スタンドオフ・膠着)の意味と使い方

    standoff(スタンドオフ)は膠着状態、にらみ合いを表す言葉で、名…

  3. colleague / coworker

    英単語の意味と使い方

    「同僚」「仕事仲間」のcolleagueとco-workerの違い

    同僚、職場仲間、仕事仲間などを表す2つの言葉の違いについては、日本語で…

  4. divide / division / divisiveの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    divide / division / divisive / dividerの意味と使い方

    divideは「分割する、割る」の意味で、よく受動態で「be divi…

  5. dunk12

    英単語の意味と使い方

    ダンクシュートは和製英語!dunk(ダンク)の意味について考える

    英単語としてのdunkの意味を考える場合には、一般動詞としてのdunk…

  6. talent(タレント)

    英単語の意味と使い方

    タレント(talent)の英語での意味と使い方

    英語でタレント(talent)といった場合には「才能」の意味が多く、こ…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. ファックについて
  2. capital-letter
  3. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  4. yera-old
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

最近の記事

  1. shoot(シュート)とshot(ショット)の違い
  2. burnout(バーンアウト)の意味と使い方
  3. regardless (of) / irregardlessの意味と使い方
  4. velvet(ベルベット)とvelvetyの意味と使い方
  5. complete(コンプリート)の意味と使い方
  6. cover up(カバーアップ)の意味と使い方
  7. danger / dangerous / endangered / endangerの意味の違いと使い方
  8. pinch(ピンチ・つまむ)の意味と使い方
PAGE TOP