compoundの意味と使い方

compoundの意味と使い方

compoundとは名詞で使った場合には化学系の2つ以上のものが結びついた「化合物」みたいな意味で使われることが多いです。

それ以外にも壁やフェンスに囲まれた領域、ある区域、区画などを表すケースがあります。日本語でぴったりくる概念がないのでとらえにくい言葉です。

また複合形容詞(compound adjective)や複合名詞(compound noun)のような文法用語になっています。使い方を整理しているので参考にしてください。

名詞でのcompoundの意味

名詞でのcompoundの意味

名詞でcompoundを使った場合には「区域」「区画」「一帯」を指し、壁やフェンスに囲まれた領域のことを意味します。

通常は複数の建物、家などを含むことが多いです。ある地域とそこにある建物を含んだエリア、一帯のことです。

例文

A fire broke out at the chemical compound on the edge of town.

火事が町外れの化学地帯で起こった。

例文

Two prisoners escaped the compound in the middle of the night.

二人の囚人が真夜中に刑務所から逃げた。

例文

The cult all lived together on a compound in the countryside.

そのカルト教団全員が田舎のある区域で一緒に生活していた。

ニュースでは石油化学コンビナートのある地域で火災が起こったことを伝える時にcompoundが登場しました。

工場やコンビナートの中で火災があったのではなく、それらが含まれる「chemical compound(化学の地帯)」で火災があったと表現されていました。

合成物、複合物、化合物

合成物、複合物、化合物

2つ以上のバラバラの物事からできているもので、名詞では「合成物、複合物、化合物」の意味です。

例文

Water is a chemical compound made of oxygen and hydrogen.

水は酸素と水素でできた化合物だ。

そのままの形で形容詞としても使え、2つ以上のバラバラの物事からできている状態で「複数の部分から構成される、合成された、化合した」を意味します。

これは「composed interest(利息の複利)」や、滑車とケーブルを使った弓の「compound bow(コンパウンドボウ・複合弓)」などに見られます。

複合形容詞(compound adjective)は文法用語で2つ以上の単語をハイフンでつなげて形容詞にしたものです。

例文

You should use a hyphen with compound adjectives like heat-shaped and green-eyed.

君はheat-shapedやgreen-eyedのように複合形容詞にハイフンを使うべきだ。

ten-dollar note(10ドル札)やall-you-can-eat pizza(食べ放題のピザ)みたいな使い方です。

あらゆる組み合わせが可能ですがやりすぎると不格好な感じの英語になります。

複合名詞(compound noun)といえば「airline」「cowboy」「goldfish」のように2つ以上の単語が結びついて1つの名詞になった言葉です。

組み合わせる、混ぜ合わせる

動詞として使うことも可能で、辞書には「組み合わせる、混ぜ合わせる」で掲載がありますが、スティーブはめったに見られないケースだと思うと言っています。

例文

They compounded the oxygen and hydrogen to make water.

彼らは水を作るために酸素と水素を混ぜ合わせた。

ほかにも動詞で何かを悪化させたり、より激しくさせることで「~の度合いを増す、(事態を)悪化させる」を表します。

例文

Worrying about your problems will compound your stress.

君の問題について悩むことは君のストレスを悪化させるだろう。

例文

Her lack of money compounded her problems.

彼女の金欠は彼女の問題を悪化させた。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. record

    英単語の意味と使い方

    recordの意味と使い方のまとめ

    ほぼカタカナでそのまま意味の通じる「レコード」は「記録」として使われま…

  2. shatterの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    shatter(粉々にする、粉砕する)の意味と使い方

    shatter(シャッター)は「粉々になる、または粉砕する」といった意…

  3. フィールド

    Area / 場所・地域・国・方角

    field(フィールド)の意味と使い方

    カタカナでもよくフィールドが使われますが、文脈を丁寧に見ると個々には別…

  4. mood(ムード)とmoody(ムーディー)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    mood(ムード)とmoody(ムーディー)の意味と使い方

    カタカナでもよく使われるmood(ムード)は、英語では「気分、雰囲気、…

  5. trans

    英単語の意味と使い方

    trans(トランス)のつく言葉まとめ

    「まとめ」というほどでもありませんが、transがつく言葉は多いので整…

  6. later onとlaterの違い

    英単語の意味と使い方

    later onとlaterの違い

    later onとlaterはどちらも同じ意味で「あとで、のちに」です…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. ハンバーグ
  2. カタカナ都市名
  3. 〇〇風
  4. センテンススプリング
  5. asas




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. occupy / occupiedの意味と使い方
  2. occupationとjobの意味と使い方の違い
  3. 英語としての「airdrop(エアドロップ)」の意味と使い方
  4. sterile(無菌・不妊)とsterilizeの意味と使い方
  5. emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方
  6. wrap(ラップ)の意味と使い方
PAGE TOP