クラシカル(classical)とクラシック(classic)の違い

クラシカル(classical)とクラシック(classic)の違い
 

公開日: 最終更新日:2021.03.13

日本人がよくする間違いに「クラシカル(classical)とクラシック(classic)」の混同があります。英語では明確に意味の異なる単語です。

特に「昨日、クラシックのコンサートに行ったんだ」といった、本来は英語で「クラシカル」と表現すべきところに「クラシック」を使うので通じないことが多いです。

classical(クラシカル)の意味と使い方

classical(クラシカル)の意味と使い方

classicalは100年単位での古い作品を指し「古典」と考えるのが間違いが起こりにくいと思います。またバッハやベートベンなどに代表される音楽ジャンルを指すのも「クラシカル・ミュージック」です。

「どんな音楽が好きなの?」と質問された際に「(ショパンやバッハなどの)クラシックが好き」と答えがちですが、この場合の古典音楽を指す言葉は英語では「classical music」となります。

特に音楽限定ではないので、下の例文にあるようにシェイクスピアのような文学や建築などにも使えます。

classical【klǽsikəl 】

例文

Bach made classical music.

バッハは古典音楽を作った。

例文

Shakespeare is classical literature.

シェイクスピアは古典文学だ。

例文

Mozart’s The Marriage of Figaro is a classical song.

モーツアルトの『フィガロの結婚』は古典音楽だ。

例文

She belonged to a theater troupe, performing classical plays.

彼女は劇団に属していて、古典的な劇をしている。

例文

Her music was hugely influenced by classical composers.

彼女の音楽は古典の作曲家からかなり影響を受けている。

例文

I prefer classical architecture to modern.

私は現代よりも古典建築が好きだ。

英会話でもこの話題は取り上げられるので見たり聞いたりしたことがあるかもしれません。「classic musicではないよ、classical musicが正しいよ」という話です。

classic(クラシック)の意味と使い方

classic(クラシック)の意味と使い方

classicは「名作、傑作」などの意味があり、少し古い作品の名作・定番に使われることが多いです。こちらも音楽限定の言葉ではありません。

数年前の新しい作品ではなく、10年、20年〜の単位での古く良い作品に使われます。どこまで含むのかのルールはないので話し手の感覚です。

classic【klǽsik】

例文

Hey Jude is a classic.

ヘイ・ジュードは名曲だ。

例文

Dragon Ball is a classic manga.

ドラゴンボールは名作漫画だ。

名作か? 定番か?

大きくクラシック(classic)は「名作」の意味と、新旧で「従来の、定番の」といった意味にわけられます。

特に新旧を比較する文脈ならば「定番の」といった意味になります。近い意味ですが文脈で判断してください。

例文

I prefer the classic Dragon Ball to the new series.

私は(オリジナルの定番)ドラゴンボールが、新シリーズよりも好きだ。

例文

In the 80s there were New Coke and Coca Cola Classic.

80年代には「ニューコーラ」と「クラシックコーラ」があった。

classic music(クラシック音楽)

先にあげたように「classic」には幅広い意味があり「伝統的な、古典的な、昔ながらの、よく知られた、有名な、著名な、第1級の、傑作の」といった訳があります。

したがって「classic music(クラシック音楽)」は日本人がイメージするものとは違うかもしれませんが間違いではありません。

ネイティブスピーカーに言わせると「classic music」は感覚的にはショパンやバッハからビートルズぐらいまでを含むことが可能だそうです。

ただし、どんな「音楽が好き?」と聞かれた質問に「classic musicが好き」と答えると、日本語でいう「定番の音楽が好きだよ」「有名な音楽が好きなんだ」と答えているのと一緒で、ニュアンスとしてあまりに漠然としすぎているみたいです。

もっとジャンルを絞った表現ならばぜんぜんありで、例えば「classic rock」「classic jazz」「classic manga」などは普通に使えます。

この場合は20年~40年ぐらい前の名作、定番とよばれる作品を指すことになります。暗に話題の最新作ではないことをにおわせています。

「クラシック・マンガ」で該当するのは、手塚治虫の『火の鳥』『ブラックジャック』から鳥山明の『ドラゴンボール』ぐらいまでを指してもいいのではないかという意見です。

classic rock(クラシックロック)

classic rock(クラシックロック)

特に「classic rock」は一般的な言葉で、よく耳にしたりネットで見かける単語です。

20年~40年前ぐらいの定番のロックを「classic rock」を指すそうですが、バンド名でいえば具体的に誰なのか?と聞いてみました。

もちろん個人の感覚によるところが大きいですが「ローリングストーンズ(The Rolling Stones)」「レッドツェッペリン(Led Zeppelin)」「ディープパープル(Deep Purple)」あたりです。

70年代から活躍していた「エアロスミス(Aerosmith)」も入れてもいいのではないか、今となっては「ボン・ジョヴィ(Bon Jovi)」も「classic rock」の範疇でもいいだろうという意見です。

時代と共に移り変わる概念で「classic music」はちょっと漠然としていますが、「classic rock」あたりは遠慮なく使ってみてください。

レッド・ツェッペリンの話は以前に書きましたが『天国への階段』など、定番曲といった感じです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. shithole
  2. peace sign
  3. middle finger
  4. ソウルフード
  5. i’m lovin’ it

最近の記事

  1. assumeの意味と使い方
  2. pilot(パイロット)の意味と使い方
  3. dispenser(ディスペンサー)とdispenseの意味と使い方
  4. appreciateの意味と使い方、thank youとの違い
  5. weaveの意味と使い方
  6. native(ネイティブ)の意味と使い方
  7. shoot(シュート)とshot(ショット)の違い
  8. burnout(バーンアウト)の意味と使い方
PAGE TOP