trans

trans(トランス)のつく言葉まとめ

「まとめ」というほどでもありませんが、transがつく言葉は多いので整理してみようと思います。

接頭辞(接頭語)のtransは元々は「~越えて、横切って」などの意味があり、英語でいえば「change」や「move」といったイメージです。

全体的に何かの動きや変化をともなった言葉が多くみられます。

transを使った言葉

あげていけばきりがありませんが、よく見かけるものを詳しいページがあるものはリンクしながら使い方の例文をつけたして整理していきます。

また新しい言葉が登場していけば書き加えていく予定です。

「越えて、横断して」などの意味が基本なので、アメリカが脱退することでニュースで話題になったTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)も英語ではTrans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement と書かれます。

transpacificで「太平洋の向こうの、太平洋を横断した」といった意味になります。

transport (運ぶ・輸送する)

運賃や輸送を表す「transportation」も派生語です。

There are many ways to transport these boxes.
これらの箱を輸送する手段は多くある。

transform(変形する)

昔から人気のアニメで映画にもなっている「Transformers」が有名です。日本語では「トランスフォーマー」ですが英語では複数形です。

This bed transforms into a sofa.
このベッドはソファに変形する。

transaction(商取引・資金決済)

ネットでオンラインショップなどを運営する方は「トランザクション」とよく見かけるのではないでしょうか。

He made a transaction at the bank.
彼は銀行で取引を行った。

translate (翻訳)

こちらはある言語を別の言語に置き換える作業に使われます。

I have to translate this document into French.
私はこの書類をフランス語に翻訳しないといけない。

こちらについては意味の近いinterpret(通訳)との違いをまとめた記事があります。

transgender(トランスジェンダー)

最近はLGBTの単語をニュースなどで見かけるようになりましたがトランスジェンダーは「T」にあたります。残りはレズビアン(L)ゲイ(G)バイセクシャル(B)です。

トランスジェンダー、身体が持っている性別と、心で自覚する性別が異なるケースを指しますが、実際はもっと細かく分類できる歴史があるようです。

レズビアンであることを公言しているタレントの牧村朝子さん、性的なマイノリティーに対して以下の様な考え方を紹介しています。

①からだの性
②こころの性
③好きになる性

実際はもっと複雑なケースもあり、トランスジェンダーでバイセクシャルであったり、ゲイであったりするケースもあるようです。

一般的に代名詞は本人の自覚する性別で表記するのが社会通念上のルールになっています。

He is a transgender man.
彼はトランスジェンダーの男だ。
(身体が女性、心が男性)

She is a transgender woman.
彼女はトランスジェンダーの女だ。
(身体は男性、心が女性)

transvestite

transgenderの古い言い方で、異なる性の服を着るような人を指します。辞書にも「服装倒錯者、異性の衣類を身に着けたがる人、異性の服装をする人」で掲載があります。

しかし、今日では失礼、無礼な言葉としてみなされる傾向にあります。

He is a transvestite.
(*失礼にあたる言葉です)

tranny

同じくこれも失礼にあたる言葉で、transsexual(性転換)を行った人に対して使われました。

tranny、transsexualどちらの単語も今日ではあまり使われなくなった言葉です。

このあたりの言葉の移り変わりは日本語でも「おかま」などの言葉が公の場で控えられるようになったのと状況は似ているかもしれません。

He went to a tranny bar by mistake.
彼は間違っておかまバーに行った。

透明を意味する「transparent」については長くなってしまったので別の記事にまとめています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  2. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  3. 「影響する」のeffect, affect, influence, impact…
  4. アメリカと日本の育児方針の違い
  5. Fuck(fucking)についての考え

関連記事

  1. moist

    文化と体験

    Moistが最悪な英単語の調査でトップ

    辞書製作で有名なオックスフォードプレッシングが実施した国際的な調査では…

  2. イニシアチブ

    英単語の使い方と単語比較

    initiative(イニシアチブ)の意味と使い方

    イニシアチブは「主導権」などの意味で、ビジネス界隈のカタカナ英語でも聞…

  3. マニア

    和製英語

    和製英語の「マニア(mania)」の意味を考える

    カタカナと英語でかなり使い方が違う単語に「マニア(mania)」や「マ…

  4. クレーム

    和製英語

    「クレーム(claim)」はどこまで和製英語か?

    英語に興味を持つと日本語の「苦情を言う」に相当する「クレーム(clai…

  5. 同情

    英単語の使い方と単語比較

    sympathyとempathyの違い

    sympathyとempathyも区別がつきにくい単語の代表で、非常に…

  6. カタカナ

    和製英語

    カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?

    最近に始まったことではありませんが、聞き慣れないカタカナ語がビジネスシ…

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. 影響を与える
  3. カタカナ
  4. bread
  5. フリーティー
  6. hatena
  7. センテンススプリング
  8. 本当は好きじゃなかった
  9. ツイッター
  10. asas

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. dedicated
  2. チャージとリチャージ
  3. charge(チャージ)
  4. ifと仮定法
  5. 影響を与える
  6. gritty
  7. wonder
  8. オープン
  9. ニューオープン
  10. サクセス
  1. 空飛ぶスパゲッティモンスター

    文化と体験

    空飛ぶスパゲッティモンスター教とID説
  2. offとaway

    英単語の使い方と単語比較

    awayとoffの違いについて
  3. アメリカ

    アメリカ

    America(アメリカ)とUSAの違い
  4. 人身売買

    英単語の使い方と単語比較

    traffickingの意味(人身売買・交通関係)
  5. 幼稚園

    アメリカ

    kindergarten, preschool, elementary scho…
PAGE TOP