料理

濃い・薄いの英語表現

人口密度から味までさまざまな濃い・薄いが英語のニュースに登場しましたのでまとめておきます。全体的にいえるのは日本語の「濃い/薄い」のほうが明らかに便利、万能感があってさまざまな用途に使えます。

英語では対象になるものによって濃い・薄いの適切な単語が変わってきます。したがってぴったりくる言葉を知っておかなければなりません。

この意味では英語のほうが多少、面倒くさい感じがします。具体的な事例をとりあげて解説していきます。

dense / sparse

denseが「ぎっしり詰まった、密度などが濃い」を意味し、反対はsparseで「まばらな、わずかな」です。

This area has a dense population.
この地域は人口の密度が高い。

This area has a sparse population.
この地域は人口の密度が低い。

これらは「populated(住民のいる、人口の多い)」でも似たようなことがいえます。

This area is very densely populated.
This area is sparsely populated.
(*それぞれ最初と同じような意味です)

ただし「sparse」は数えられる名詞(可算名詞)にしか使いません。「dense」はあらゆるものに使えます。

その前提の上で、対象とするものが何かによって「濃い・薄い」を表現する適切な単語が微妙にややこしいところです。

セブンイレブンの場合

Around here 7-Elevens are dense.
Around here 7-Elevens are sparse.

1店舗、2店舗と数えることができるセブンイレブンには「dense/sparse」が使えます。

「このあたりはセブンイレブンが密集している/まばらだ」の意味です。

スモッグ・煙霧の場合

霧のような数えられないもの、不可算名詞は以下のように表現します。

◯ Around here the smog is dense.
このあたりはスモッグが濃い。

× Around here the smog is sparse.
(*この表現ができません)

したがって以下のように言い換えます。

◯ Around here the smog is thick.
このあたりはスモッグが濃い。

◯ Around here the smog is thin.
このあたりはスモッグが薄い。

スモッグのようなものに対しては thick(厚い・濃い)とthin(薄い)を使うことができます。

ミルクセーキの場合

ミルクセーキの「濃い」はthickのほうがより一般的だそうです。

◎ This milkshake is very thick.
このミルクセーキは濃い。

◯ This milkshake is very dense.
このミルクセーキは濃い。

× This milkshake is very sparse.
(*この表現ができません)

薄いケースには以下のように表現できます。

◯ This milkshake is very thin.
◯ This milkshake is very watery.

薄い場合にはwatery(水っぽい)などの言葉も使えます。

それぞれ微妙に適切な言葉があるという話ですが、そう考えるとやはり日本語の「濃い/薄い」のほうが相手をあまり選ばないので簡単ですね。

料理の味が濃い

味が濃いはboldやrichがよく使われています。ラーメンやガリガリ君の記事によく登場した「rich」はお金持ちの意味もありますが、味などが「濃厚、濃い、こってりした、濃い、コクのある、芳醇な」の意味で使われています。

辞書を調べると「こってりした」と書いてあったので、まさに天下一品のラーメンのためにある日本語訳です。ニュースに登場した英文をそのままサンプルで掲載します。

Tenkaippin is a ramen restaurant famous for soups so rich that people either love it or hate it.
天下一品はこってりしたスープが有名なラーメン店。人によって好き嫌いが分かれる。

Ramen Jiro is known for their large volumes and rich soups and has many enthusiastic fans called “Jirorians”.
ラーメン二郎は巨大なボリュームや濃厚なスープで知られ「ジロリアン」と呼ばれる熱狂的なファンも多い。

This soy sauce flavor comes from Usa City, Oita Prefecture, known for its many fried chicken shops featuring the bold taste of garlic and ginger.
この醤油味は、大分県宇佐市の唐揚げ店に多く、ニンニクやショウガを使った濃い味が特徴。

boldは「はっきりした/際立った/目立つ」といった意味です。他にも「勇敢な」「大胆な」やデザイン関係の人にはフォントの「太字」の意味でもおなじみですね。

strong tasteと「strong」で表現することもできますが、「濃すぎる」のようなちょっとネガティブなニュアンスで伝わってしまうので使う相手や状況に気をつけてください。

料理の味が薄い

対義語の薄味は「bland(味気ない/風味がない/水っぽい)」「plain(味の付いていない)」「boring(退屈な/つまらない)」などがありますが、これはどれもネガティブな意味合いが強く出ています。

日本語でもそうですが「味が薄いよね」と会話に出れば、だいたいネガティブな意味でダメ出ししているケースが想像できます。

ポジティブにいうならば「subtle(微妙な/繊細な)」があります。また「hint」でも使えます。

Yuzan said “This food has hint of salt!”
「この料理は微かに塩が効いておるわっ!」と雄山は言った。

味の表現ってけっこう難しいですね。ここで紹介した表現は事実なんですが、ホームステイ先で出された料理などに感想を述べる時には、ちょっと注意を払って言葉を選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  2. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  3. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  4. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  5. 英語圏で「パン」といった場合に何を意味するのか?

関連記事

  1. demand

    英文法とライティング

    demandの使い方と仮定法現在

    demand(デマンド)は大きく2種類の使い方をされているのを見かけま…

  2. ハンドル

    和製英語

    和製英語の検証「ハンドル(handle)」

    カタカナで「ハンドル」といった場合には2つのものが想像されます。1つは…

  3. セブンイレブン

    イギリス英語とアメリカ米語

    911をセブンイレブンといってしまうトランプ氏に見るアメリカ英語の特徴

    ニューヨークにおける大統領に向けた予備選挙の集会の中で、ドナルド・トラ…

  4. トランプ

    和製英語

    和製英語の検証「トランプ(trump)」

    和製英語を検証していくシリーズの第二弾は「トランプ(trump)」です…

  5. T4TWO

    スラング

    2=to、U=youなどの置き換えと省略

    toを2、YouをUと書いて、"2 U(to you)"と表記するケー…

  6. pay / cost

    英単語の使い方と単語比較

    cost / pay / sell for / worthの違い

    支払う費用や料金などに関連する言葉ですが、似たような意味になってしまう…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. known to
  2. odds
  3. bet
  4. 梟(owl)
  5. ライン
  6. LINE
  7. relationship
  8. 保険用語の英語
  9. 料理
  10. フリー
  1. ジミーペイジ

    イギリス

    御大ジミー・ペイジの握手会(Handshake event)はおかしい
  2. nova

    日本(Japan)

    Vol.01 『日本に来ていきなりNOVAなくなっちゃた』の話
  3. ハック

    英単語の使い方と単語比較

    英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  4. チャレンジ

    和製英語

    和製英語の検証「チャレンジ(Challenge)
  5. asas

    英文法とライティング

    as tall asとas short asは同じ意味なのか?
PAGE TOP