charge(チャージ)

charge(チャージ)の意味と使い方

charge(チャージ)といえば、頻繁にカタカナでも聞かれる言葉ですが、カタカナの場合はおそらくスマホなどを「充電する」の意味か、またはプリペイド式の電子マネーに残高を加算する意味です。

英語のchargeはもう少し意味が広く、名詞、動詞ともに存在しているので少しややこしいかもしれません。代表的な使い方をピックアップして例文と共にお届けます。

「請求する」などのほかに、映画などでは「突撃する」といった意味でもchargeが使われます。またこのページでは意味が似ている「in charge of」と「responsible for」の違いについても解説しています。

充電する

ニュースで登場する意味で、カタカナでもほぼ「チャージする」として使われています。スマホなどの電子機器に電気を回復させるような行為を指しています。

I need to charge my phone.
電話を充電する必要がある。

Electric cars look good, but there aren’t many places to charge them.
電気自動車は良さそうに見えるけど、充電する場所が多くない。

「充電する」の意味では「charge」と「recharge」があり、どちらも似たような感じですが別のページに違いをまとめています。

また和製英語の代表とされる「コンセント」の話は以下の記事に詳しい考察があります。

クレジットカードで支払う

クレジットカードで支払いすることや、料金の支払いをほかの誰かに請求することを意味します。

I didn’t have enough cash so I charged it to my credit card.
十分な現金がなかったので、クレジットカードで払った。

Just charge the dinner to the company account.
会社のアカウントに夕食代をチャージしておいて(会社が払う)

クレジットカードで大きな金額の品物を支払う時に、下に紹介する「突撃!!」の意味とかけて「チャージ!」と叫ぶネタがわりと古くからあります。

プリペイドカードのチャージは英語で?

確認してみましたがプリペイドカードに課金(補充)することを「チャージ」とはあまり英語圏では用いないみたいです。この使い方はけっこう日本、カタカナ独特の使い方です。

I need to charge my prepaid card.
(この使い方をしない)

では、どういうかといえば「reload」や「put」が使われています。

I need to put money on my prepaid card.

I need to reload my prepaid card.

請求する・料金

動詞で「請求する」の意味と、名詞で「料金」の意味があります。

They charged me $200 to repair my car.
彼らは200ドルを私の車の修理代金に請求した。

I was charged extra for shipping.
追加の送料を請求された。

少し使い方に注意が必要で、会話の流れによっては混乱する要素のある言葉です。

①Doctors charge a lot of money.

②A doctor’s charge is expensive.

上の①は動詞で「charge(請求する)」です。

下の②は名詞で「料金」ですが、前半部分の発音はほぼ同じでまぎらわしいです。こういった混乱があるので同じ「料金」をあらわせるfeeなどを使うと混乱しません。

特にdoctor’s chargeのような所有格の名詞で使われるのが紛らわしいので敬遠されます。

料金としてのチャージは以下の記事にまとめています。

突撃する、突進する

「突撃する、突進する」などの意味でもたまに使われます。戦争ものの映画などで司令官が部隊に「突撃!」と叫ぶシーンなどが見られます。

The rioters charged at the police.
暴徒が警察に突撃した。

The police charged into the building to rescue the hostages.
警察は人質を救出するため建物に突撃した。

(バスケットボールなどの)チャージ

バスケットボールでは敵選手に体当たりするチャージング(charging)という反則行為があります。

Bill Laimbeer was famous for charging other players.
ビル・レインビアは他の選手へのチャージングで有名だった。

He charged a player three times and was removed from the game.
彼は三回、ある選手にチャージした。そしてゲームから退場させられた。

告訴する、起訴する

ニュースではよく犯罪などの「告訴する、起訴する」といった意味でも登場します。

He was charged with murder.
彼は殺人で起訴された。

犯罪用語としてのチャージは以下の記事も参照してください。

in charge of / responsible forの違い

in charge ofは「~を担当して、~を任されて、~を管理している」です。

responsible forは「~に対して責任がある、~の責任を負う」です。

この2つの違いについて確認してみましたが、場合によっては同じで、場合によってはわずかに差がある、といった微妙な感じでした。

これについては新しい記事に書き起こして、詳しくまとめています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  2. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  5. 「影響する」のeffect, affect, influence, impact…

関連記事

  1. big-deals

    英単語の意味と使い方

    big deal / great dealの意味と使い方

    dealそのものは名詞で「取引・契約」といった意味ですが、big de…

  2. staff

    イギリス英語とアメリカ米語

    staff(スタッフ)と複数形の話

    staffは扱いが難しい単語で全体としての「職員、スタッフ、部員、社員…

  3. 仕事

    英単語の意味と使い方

    仕事を意味するjob / work / occupation / career / の違い

    仕事や職業を表す4つの言葉ですが、それぞれ持っている性質や意味するもの…

  4. 人身売買

    英単語の意味と使い方

    traffickingの意味(人身売買・交通関係)

    トラフィックといえば「交通や交通量」を意味する言葉で、ラジオの交通渋滞…

  5. leg

    英単語の意味と使い方

    Foot、Legなど足の英語表現

    日本語の話になりますが「あし」には「脚・足」の漢字があり、定義では「脚…

  6. sum

    イディオム・熟語・慣用句

    sum upの意味と使い方

    エクセルなどの関数にも登場しますがsumは「合計する」といった動詞や「…

おすすめ記事

  1. 眼鏡
  2. manager
  3. 本当は好きじゃなかった
  4. yera-old
  5. ツイッター
  6. シューズ
  7. bread
  8. ハンバーグ
  9. カタカナ都市名
  10. adjective(形容詞)

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cool(クール)
  2. vary
  3. as if / as though
  4. コーナー
  5. grind
  6. wipe
  7. practical
  8. uphold
  9. プリンシパル
  10. So am I
  1. uesless

    英単語の意味と使い方

    unuseful, useless, usefulの意味と違い
  2. far

    英文法とライティング

    farther / furtherの違い(farの比較級)
  3. accident / incident

    英単語の意味と使い方

    accident / incident / happening / troubl…
  4. practical

    英単語の意味と使い方

    「実用的」を意味するpractical / practicallyの使い方
  5. お客さん

    日本語から英語へ

    お客様のcustomer / client / guest / visitorの…
PAGE TOP