charge(チャージ)

charge(チャージ)の意味と使い方

charge(チャージ)といえば、頻繁にカタカナでも聞かれる言葉ですが、カタカナの場合はおそらくスマホなどを「充電する」の意味か、またはプリペイド式の電子マネーに残高を加算する意味です。

英語のchargeはもう少し意味が広く、名詞、動詞ともに存在しているので少しややこしいかもしれません。代表的な使い方をピックアップして例文と共にお届けます。

「請求する」などのほかに、映画などでは「突撃する」といった意味でもchargeが使われます。またこのページでは意味が似ている「in charge of」と「responsible for」の違いについても解説しています。

充電する

ニュースで登場する意味で、カタカナでもほぼ「チャージする」として使われています。スマホなどの電子機器に電気を回復させるような行為を指しています。

I need to charge my phone.
電話を充電する必要がある。

Electric cars look good, but there aren’t many places to charge them.
電気自動車は良さそうに見えるけど、充電する場所が多くない。

「充電する」の意味では「charge」と「recharge」があり、どちらも似たような感じですが別のページに違いをまとめています。

クレジットカードで支払う

クレジットカードで支払いすることや、料金の支払いをほかの誰かに請求することを意味します。

I didn’t have enough cash so I charged it to my credit card.
十分な現金がなかったので、クレジットカードで払った。

Just charge the dinner to the company account.
会社のアカウントに夕食代をチャージしておいて(会社が払う)

クレジットカードで大きな金額の品物を支払う時に、下に紹介する「突撃!!」の意味とかけて「チャージ!」と叫ぶネタがわりと古くからあります。

プリペイドカードのチャージは英語で?

確認してみましたがプリペイドカードに課金(補充)することを「チャージ」とはあまり英語圏では用いないみたいです。この使い方はけっこう日本、カタカナ独特の使い方です。

I need to charge my prepaid card.
(この使い方をしない)

では、どういうかといえば「reload」や「put」が使われています。

I need to put money on my prepaid card.

I need to reload my prepaid card.

請求する・料金

動詞で「請求する」の意味と、名詞で「料金」の意味があります。

They charged me $200 to repair my car.
彼らは200ドルを私の車の修理代金に請求した。

I was charged extra for shipping.
追加の送料を請求された。

少し使い方に注意が必要で、会話の流れによっては混乱する要素のある言葉です。

①Doctors charge a lot of money.

②A doctor’s charge is expensive.

上の①は動詞で「charge(請求する)」です。

下の②は名詞で「料金」ですが、前半部分の発音はほぼ同じでまぎらわしいです。こういった混乱があるので同じ「料金」をあらわせるfeeなどを使うと混乱しません。

特にdoctor’s chargeのような所有格の名詞で使われるのが紛らわしいので敬遠されます。

料金としてのチャージは以下の記事にまとめています。

突撃する、突進する

「突撃する、突進する」などの意味でもたまに使われます。戦争ものの映画などで司令官が部隊に「突撃!」と叫ぶシーンなどが見られます。

The rioters charged at the police.
暴徒が警察に突撃した。

The police charged into the building to rescue the hostages.
警察は人質を救出するため建物に突撃した。

(バスケットボールなどの)チャージ

バスケットボールでは敵選手に体当たりするチャージング(charging)という反則行為があります。

Bill Laimbeer was famous for charging other players.
ビル・レインビアは他の選手へのチャージングで有名だった。

He charged a player three times and was removed from the game.
彼は三回、ある選手にチャージした。そしてゲームから退場させられた。

告訴する、起訴する

ニュースではよく犯罪などの「告訴する、起訴する」といった意味でも登場します。

He was charged with murder.
彼は殺人で起訴された。

犯罪用語としてのチャージは以下の記事も参照してください。

in charge of / responsible forの違い

in charge ofは「~を担当して、~を任されて、~を管理している」です。

responsible forは「~に対して責任がある、~の責任を負う」です。

この2つの違いについて確認してみましたが、場合によっては同じで、場合によってはわずかに差がある、といった微妙な感じでした。

結果的に日本語と同じ感覚で「彼はこの計画の担当者だ」と「彼はこの計画の責任者だ」の違いが微妙なのと似ています。

ネイティブスピーカーに書いてもらった例文をまとめていますので合わせてご覧ください。

in charge of

in charge ofは基本的には何か(行動・物事)をコントロールしないといけないことです。

He’s in charge of distribution.
彼は流通を管理・担当している。

She is in charge of a team of 20 people.
彼女は20人のチームをまかされている。

responsible for

responsible forは失敗しないように確かにすることで、失敗すると非難される立場にあります。

I’m responsible for making the budget.
私は予算作成の責任がある。

She’s responsible for getting her children to school on time.
彼女は子供たちを時間通りに学校に行かせる責任がある。

まったく同じケース

これらは同じように使えるケースが存在しています。まったく同じ意味になるので置き換え可能です。

I’m in charge of distribution.
= I’m responsible for distribution.
私は流通の担当者・責任者だ。

She’s in charge of the promotion for our new product.
= She’s responsible for the promotion of our new product.
彼女は我々の新商品の宣伝の責任者・担当者だ。

意味が違うケース

しかし、わずかに違いがみられるケースが事実として存在しています。この違いについては何度も確認しましたが本当に細かい差です。

①I’m in charge of my children.
(= I tell my children what to do.)

②I’m responsible for my children.
(= I must make sure my children are good and healthy.)

=の部分はカナダ人のスティーブの言葉をそのまま書きました。

①は子供たちが何をするかを伝えたりする役目です。②は健康的で正しく育つようにちゃんとしないといけないといった感じです。

もう1つ例文を作ってもらいました。

③I’m in charge of getting my kids to school.
(= I tell them when to go to school.)

④I’m responsible for getting my kids to school.
(= I must make sure they go to school.)

③は何時に学校に行くかをちゃんと伝える。④はちゃんと学校に通わせるようなことです。

この意味ではややin charge ofの方が作業レベルの話で、responsible forが責任など大きな視点によっている感じはあります。

日本語でも担当者と責任者は重複する部分もありますが、やや責任者のほうが全体を俯瞰してみている感じがあります。

差としてはかなり微妙で、重複する部分もありながらも、やはりわずかにニュアンスに差が見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  2. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い
  3. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  4. 「影響する」のeffect, affect, influence, impact…
  5. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳

関連記事

  1. 同情

    英単語の使い方と単語比較

    sympathyとempathyの違い

    sympathyとempathyも区別がつきにくい単語の代表で、非常に…

  2. alt

    英単語の使い方と単語比較

    オルタナティブ(alternative)の意味は?

    ニュースなどでもたまに「alternative(オルタナティブ)」とい…

  3. wash

    イディオム・熟語・慣用句

    washを使った熟語・イディオム

    アプリの中で配信したニュースに、washをつかった別々の表現がたまたま…

  4. news

    英文法とライティング

    英語ニュースの見出しの文法とルール

    英語のニュースの見出し・ヘッドライン(Headlines)は独特の表記…

  5. turn-on

    イディオム・熟語・慣用句

    turn onとturn off の意味(例文付き)

    turn off / turn onとはスイッチ・電源などの「入れる、…

  6. local

    英単語の使い方と単語比較

    local / rural / regionalの違い

    どれも似た言葉なので違いを整理してみます。ローカルなどはカタカナでもよ…

おすすめ記事

  1. ミッションインポッシブル
  2. lay-lie
  3. 保証する
  4. 眼鏡
  5. シューズ
  6. ifと仮定法
  7. 影響を与える
  8. カタカナ
  9. bread
  10. フリーティー

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. coast
  2. 寄付
  3. prove
  4. ミッションインポッシブル
  5. スタントマン
  6. have gone to
  7. pedestal
  8. マイルストーン
  9. 歴史的な
  1. T4TWO

    スラング

    2=to、U=youなどの置き換えと省略
  2. contain

    英単語の使い方と単語比較

    例文で見るcontainとincludeの違い
  3. 猫の画像

    文化と体験

    アニマルシェルターと動物愛護
  4. デスノート

    和製英語

    Death Note(デスノート)は和製英語か?
  5. on earth

    スラング

    強調のon earth / the hell
PAGE TOP