tailorの意味と使い方、オーダーメイドとの違い

tailorの意味と使い方、オーダーメイドとの違い
 

公開日: 最終更新日:2020.04.23

tailor(テイラー)は服などを個人のサイズや好みにあわせてオリジナルの品を作ってくれる「仕立屋」を意味する名詞です。

そこから「服を仕立てる」といった意味以外にも、何かに対して「調整する」といった意味でも使われます。ただし、サービスや口調など無形のものに対して使うことができます。

カタカナで聞く「オーダーメイド」は和製英語にあたるので英語ではtailor-madeやcustom-madeといった言葉があるのでこちらを使います。

tailor(名詞)

テーラー、仕立屋

名詞では「テーラー、仕立屋」のことで、お客さんそれぞれに合った服を仕立てる人です。

発音は【téilər】なので読み方は「テイラー」が近くなります。テイラー・スウィフトに代表される苗字のテイラーさんも元は服を仕立てる人から来ている名前だそうで同音です。

例文

The tailor made impeccable suits.

その仕立屋は申し分ないスーツを作った。

例文

Do you know of any good tailors in this town?

この町で良いテーラーを知ってる?

例文

He worked as a tailor in Germany for thirty years.

彼は30年間、ドイツで仕立て屋として働いた。

tailor(動詞)での使い方

tailor(動詞)での使い方

動詞では「服を仕立てる」です。男性に使われることが多い言葉です。tailoredで形容詞で「仕立てのきちんとした」の意味です。

例文

I had a suit tailored for my wedding.

私は結婚式用にスーツを仕立てた。

例文

This outfit was tailored in London.

この服はロンドンで仕立てられた。

動詞ではここから服以外にも「~を合わせる、調整する」といった感じで個人・個別に対して調整するようなことにも使われます。

カスタマイズとの違いは次の項目で書いていますが、サービスのような無形のものに使います。

例文

Our services can be tailored for both companies or individuals.

私たちのサービスは、法人・個人の両方に合わせることが可能です。

例文

He is good at tailoring his sales pitches to different types of people.

彼はセールストークを異なるタイプの人々に合わせるのがうまい。

例文

Try to tailor your suggestions to each customer.

それぞれの顧客にあなたの提案を合わせるようにしなさい。

オーダーメイド

オーダーメイド

日本語の「オーダーメイド」がちょっと和製英語であり、英語ではtailor-madeやcustom-madeが使われます。個々の体型やニーズにあわせてオリジナルの品を作ることです。

tailor-madeは言い換えるとcustom-made(カスタムメイド)と言い換えることができます。多くの場合に「衣服」に対して使われます。

例文

He buys tailor-made suits.

彼はオーダーメイドのスーツを買う。

パソコンの場合などはcustom-madeかまたは単にcustomを使います。

例文

He bought a custom PC.

He bought a custom-made PC.

彼はカスタムPCを買った。

customizeとの違い

衣服以外に使った場合にはtailorはモノではない、無形の物事に使う傾向があります。customizeは形のないもの、形のあるもの両方に使えます。

例文

I customize computers for gamers.

コンピューターをゲーマー用にカスタマイズする。

例文

▲ I tailor computers for gamers.

(変な表現)

以下のように「話し方」など無形のものにはtailorが使えます。

例文

He is good at tailoring his sales pitches to different types of people.

He is good at customizing his sales pitches to different types of people.

彼はセールストークを異なるタイプの人々に合わせるのがうまい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. alter, modify, chnage

    英単語の意味と使い方

    alter / change / modifyの違い

    どれも日本語にすると「変える、変更する」といった意味になります。この3…

  2. routeの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    route(ルート)の意味と使い方、wayとの違い

    英語のrouteはカタカナの「ルート」と同じ意味で「道、道筋、経路」と…

  3. mansplaining(マンスプレイニング)

    英単語の意味と使い方

    mansplaining(マンスプレイニング)の意味と使い方

    mansplaining(マンスプレイニング)は近年になって登場した新…

  4. take upの意味と使い方

    Area / 場所・地域・国・方角

    take upの意味と使い方

    takeがモノを手に取るような動作を表し、upが上にあがる感じ、やりと…

  5. certificate / certification / certifyの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    certificate / certification / certifyの意味の違い

    まず前提としてこれらの単語は公的な団体などから発行されることや、認めら…

  6. spit

    英単語の意味と使い方

    spit / spatの意味と使い方

    spitは大きくわけると2つの意味があり、1つは「唾(つば)」などに代…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. middle finger
  2. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)
  3. select
  4. 日本人と無神論
  5. 電源の「コンセント」は英語でどういうか?

最近の記事

  1. eligible(資格のある)の意味と使い方
  2. surviveとsurvivalの意味と使い方
  3. enter / entry / entranceの意味と使い方
  4. simple / simply / simplicityの意味と使い方
  5. dwarf(ドワーフ)とelf(エルフ)の意味と使い方
  6. トラック(truck / track)の意味と使い方
  7. lobby(ロビー)の動詞・名詞での意味と使い方
  8. blossom(ブロッサム)、bloom(ブルーム)、flower(フラワー)の違い
PAGE TOP