「提出する」のsubmit(サブミット)の使い方

提出する

submit(サブミット)もつかみどころのない単語ですが、1つ1つ意味をネイティブスピーカーに確認してみました。

主に「提出する」といった意味で使われますが、少し日本語の「提出する」とニュアンスが異なります。

「提案する」などのあまり使われなくなった用法や、プログラミング関係でも登場するので順番に例文付きでご紹介します。

提出する・提示する

提出する、提示するで「同意、承認」のために、何かを与える、見せることです。この使い方が一般的に知られています。

All students must submit their homework tomorrow.
すべての生徒は宿題を明日、提出しなければならない。

I have to submit this budget proposal by next week.
私は来週までにこの予算案を提出しなければならない。

日本語では「提出」と「提示」は別ですが、英語では共にsubmitです。これらは「承認」を得るための行為であって、その場で見せるだけか、いったん相手に預けるかの区別がありません。

日本語の「提出・提示」は自分が出す動作に寄った表現ですが、英語のsubmitはその後の「誰かに承認・同意をもらう」という部分に寄った表現であるといえます。

ニュースではオーストラリアの北部地域で、アルコールを買う時に写真付きIDカードを見せて承認をもらう制度が始まった時に「提示する」の意味で登場しました。ブラックリストに載っている人には持ち帰りでお酒は販売しない制度です。

Australia’s Northern Territory has begun enforcing the Banned Drinker Registry which requires everyone to submit a photo ID when buying take-away alcohol.
オーストラリアの北部特別地域では「禁止飲酒者登録」を執行することを開始した。これは全員に対して、写真付きのIDを持ち帰りで酒を買う時に提示するように求めるものだ。

この場合には写真付きのIDカードを店員に「提出」しているわけではなく、単に見せているだけで、そこから「買ってもOKですよ」と承認をもらうことを意味します。

ネットの掲示板やブログのコメント欄にも場合によっては「submit」の文字が「投稿する」の意味で登場しています。これらは投稿すると考えても問題ありませんが、ブログの管理者や上司などに承認を得るためにやっている行動と考えることもできます。

服従する・屈服する

誰かの権力、パワーなどに屈することを意味します。フィジカル・肉体的なパワーと、権力など目に見えない力どちらにも使えます。

He submitted to the Iron Sheik’s Camel Clutch.
彼はアイアン・シークのキャメルクラッチに屈した(プロレス)

After they ran out of food, the rebels submitted to the government.
食料が尽きた後で、反乱者は政府に屈した。

誰かをある条件に置く

誰かを特定の状況、だいたい悪い条件のもとに置くことを意味します。

この意味で日本語の辞書に掲載がありません。「服従させる」の延長にある考え方に近いです。

以下、特定の日本語を避けて直訳にしています。ネイティブスピーカーに作ってもらった例文を参考に感じ取ってください。

The police submitted the suspect to hours of questioning.
警察は容疑者に数時間にわたる尋問をした。

He claims the government submitted him to torture.
彼は政府が彼を拷問にかけている状態にしたと主張している。

I submitted myself to chemotherapy.
私は自分自身に化学療法をした。

日本語に直すと「置く」あたりでしょうか。「強いる」としてもいいかもしれませんが、submitそのものにそこまで強制するニュアンスがあるわけでもありません。

提案する

提案するの「suggest」に近い意味もありますが、あまり一般的な使い方ではありません。

I submit that using wasabi is an effective way to regrow hair.
私は髪の毛を再生させる効果的な方法としてわさびを使うことを提案している。

submission(名詞)

名詞のサブミッションは上にあげた「提出する」と「服従する」の両方の意味での名詞があるため、意味としては「提出・提示」と「服従」です。

Your submission to our school was incomplete.
あなたの学校への提出(提出物・提示したもの)は不完全です。

The rebel’s submission was fast.
反逆者たちの服従ははやかった。

サブミッションといえば格闘技の関節技を指すことでも知られていますが、英語では服従させる技、ギブアップをとれる技を指すため、関節技のほかに占め技も含まれます。

His submission to the Iron Sheik’s camel clutch happened after four minutes.
アイアン・シークによるキャメルクラッチによる服従(ギブアップ)は試合開始4分だった。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. back

    英単語の意味と使い方

    動詞での「back」の使い方

    backはカタカナと同じように自動車などを「~を後ろへ動かす、~をバッ…

  2. フィーチャリング

    英単語の意味と使い方

    フィーチャリング(featuring)とフィーチャー(feature)の意味と使い方

    feature(フィーチャー)はニュースに頻出の単語ではありますが、文…

  3. 保険

    英単語の意味と使い方

    保険(insurance)に関連する用語

    日本語でも同じですが保険業界は独特の英語表現が使われる傾向があるのでま…

  4. 匂い

    英単語の意味と使い方

    scent / smell / stink / odor / aroma / stenchの違い

    匂い、香りを表す英単語は多彩ですが大きく分類するならば「良い匂い、香り…

  5. スペクタクル

    英単語の意味と使い方

    spectacle(スペクタクル)の意味と使い方

    カタカナでもよく見るspectacle(スペクタクル)は視覚、見ること…

  6. capable

    英単語の意味と使い方

    capableの意味と使い方、able / canとの違い

    capableの使い方はbe capable ofとなり後ろには名詞・…

おすすめ記事

  1. 保証する
  2. 日本人と無神論
  3. all-you-can-eat
  4. select
  5. bread




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. live(ライブ:形容詞)の意味と使い方
  2. volunteerの意味と使い方、ボランティアは無償なのか?
  3. life(ライフ)の意味と使い方
  4. seed(シード・種)とseedyの意味と使い方
  5. method(メソッド)の意味と使い方
  6. secrecy / secret / secretiveの意味の違い
  7. prohibitの意味と使い方
  8. burner(バーナー)とstove(ストーブ)の意味と使い方




  1. スマッシュ

    和製英語とカタカナ英語

    スマッシュヒット(smash hit)の意味を考える
  2. overcome

    英単語の意味と使い方

    overcomeの意味と使い方、get overとの違い
  3. certified

    英単語の意味と使い方

    certificate / certification / certifyの違い…
  4. giant(ジャイアント)とgiganticの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    giant(ジャイアント)とgiganticの意味と使い方
  5. intimateの意味

    英単語の意味と使い方

    intimateの意味と使い方
PAGE TOP