passion / passionate / passionatelyの意味と使い方

passion / passionate / passionatelyの意味と使い方

カタカナにもなっているpassion(パッション)は英語でもそのまま「情熱」といった意味になります。これは恋愛的な意味での激しい感情の他にも、仕事や趣味などへの熱意の意味でも使えます。

形容詞がpassionateで「情熱的な」であり、副詞がpassionatelyで「情熱的に」の意味になりますが、特に大きな意味の変化がありません。

少し特殊な要素としてはPassionでキリストの受難の意味でも登場することがある程度でしょうか。パッションフルーツなどもこのキリストの受難に由来する名称です。

passion(パッション)の意味

passion(パッション)の意味

名詞で「情熱、激しい感情、パッション」を意味します。

非常に熱意が伝わる時、恋愛、演説、ディベートなどに関しての話題で耳にすることが多い単語で、恋愛的意味での情熱と、何かに熱心な意味での情熱の両方を表現できます。

読み方は【pǽʃən】です。

passion【pǽʃən】

例文

The movie was filled with passion.

その映画は情熱に満ちていた。

とてもロマンチックな映画だったという意味です。

例文

The director said a lot of passion went into making this movie.

ディレクターはこの映画を作ることにたくさんの情熱が投入されたと言った。

たくさんの努力と熱意がこの映画を作るときに注ぎ込まれたという意味です。

the Passion(キリストの受難)

the Passion(キリストの受難)

大文字でPassionと書いた場合にはキリストの「受難」を指すことになります。これはイエス・キリストが裁判と処刑された苦しみを表す言葉です。

もともとはキリストの受難の意味があり、そこから強い感情、願望、欲望といった意味に広がっています。

果物のパッションフルーツ(passion fruit)は「情熱」を意味するわけではなく、花の形がイエスキリストが十字架にかけられた姿に似ていることに由来するそうです。どのあたりがそう見えるのかは不思議ですが。

日本語では花の形が「時計」のように見えたことから「トケイソウ(クダモノトケイソウ)」と呼ばれています。

これは2004年のメル・ギブソン監督、 ジム・カヴィーゼル主演のキリストの受難を描いた映画『パッション』の原題にもなっています。

The Passion of the Christ (Definitive Edition) [Blu-ray]

The Passion of the Christ (Definitive Edition) [Blu-ray]

6,284円(06/26 09:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

passionateの意味

passionateの意味

passionateはpassionの形容詞で「情熱的な、激しい」を意味します。読み方は音声ファイルを参考にしてください。

passionate【pǽʃənət】

例文

He gave her a passionate kiss under the stars.

彼は星の下で彼女に情熱的なキスをした。

例文

Besides music, the singer is also passionate about pursing a career in politics.

音楽だけでなく、その歌手は政界でのキャリアを積むことにも熱心だ。

passionatelyの意味

passionatelyはpassionの副詞で「情熱的に、熱心に」を意味します。

passionately【pǽʃənətli】

例文

He kissed her passionately under the stars.

彼は星の下で彼女に情熱的にキスをした。

例文

Besides music, the singer is passionately pursuing a career in politics.

音楽だけでなく、その歌手は政界においても熱心にキャリアを積んでいる。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ノスタルジー

    和製英語とカタカナ英語

    ノスタルジーの英語での意味と使い方

    英単語にはnostalgyという単語は基本的には存在していないのでカタ…

  2. birthの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    birth(動詞・名詞)の意味と使い方

    birth(バース)は基本的には名詞であり「誕生、出生」などの意味で使…

  3. flavor(フレーバー・味)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    flavor(フレーバー・味)の意味と使い方

    カタカナでも広く使われている「flavor」は名詞では「味(あじ)」を…

  4. 仕事

    カタカナビジネス英語

    仕事を意味するjob(ジョブ)とwork(ワーク)の違い

    job(ジョブ)とwork(ワーク)は基本的には同じ意味でどちらも「仕…

  5. コンテンツ

    カタカナビジネス英語

    contentとcontentsの違い、コンテンツの意味は?

    ネット用語で「コンテンツ」「デジタルコンテンツ」という単語が聞かれるよ…

  6. deliver

    英単語の意味と使い方

    delivery(デリバリー)とdeliver(デリバー)の意味と使い方

    deliver(デリバー)も意味が多くある動詞で、一般的には「配達する…

おすすめ記事

  1. adjective(形容詞)
  2. manager
  3. ゆるキャラ
  4. 仕事
  5. センテンススプリング




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い
  2. lifespanとlife expectancyの意味の違い
  3. disputeとargue(argument)の意味の違い
  4. Tenderの意味と使い方
  5. bunch(束・房)の意味と使い方
  6. clean up / clean out / cleanの意味の違い
  7. clue(クルー)の意味と使い方
  8. craft(クラフト)の意味と使い方




PAGE TOP