onceの意味と使い方

onceは大きくわけると「~するとすぐに、~した時点で(接続詞)」の意味と、副詞で「あるとき、かつて、以前」と「一度、一回」の使い方があります。

なんとなくわかりますがニュアンスやネイティブの受け止め方もふくめて掘り下げてみます。

他にも有名な「once in a while」などの表現もとりあげています。

「~するとすぐに」と「かつて」

「~するとすぐに」の場合は以下のような使い方になります。

Once I went to France, the police arrested me.
フランスに行くとすぐに、警察が私を逮捕した。

「かつて」の意味になると以下のようになります。

Once, I went to France, and the police arrested me.
かつて、私はフランスに行き、警察に逮捕された。

このように見た目は似ていますが意味が異なるので少し混乱するときもあります。

特に長文の中でonceがふいに登場して意味を取り違えてしまうと、文章そのものがよくわからなくなるケースがありますね。

「1回」と「かつて」の意味

I study English once a week.
私は週に1回、英語を勉強する。

上のように書かれると明確ですが下のような文章があると少し曖昧です。

I studied English once.

上のような英文を聞いた場合「1回だけ英語を勉強した」とも「かつて英語を勉強した」とも受け止められます。

1回だけ英語を勉強したとは、参考書を買ってきたけど1回だけ見てすぐ投げ出してしまったような状況です。

結局は文脈次第です。

①I rode a roller coaster once.
②I rode roller coasters once.

①の書き方をすると「a roller coaster」は1台なので、1回だけ乗ったことがあると判断されます。

下の書き方だと、ある期間に複数回乗っていたけど、嫌いになった・病気になったなどで今は乗っておらず、「かつて・以前に乗った」といった意味になります。

I played in a rock band once.

このような文章も同様に「過去にロックバンドでプレイをした」とも「1回だけロックバンドでプレイをした」とも読めます。

楽器のパートにもよりますが、普通はロックバンドで1回はあまりないので、過去のある期間を指しながら「かつて、ロックバンドでプレイをした」と考えるのが妥当ですね。

once in a while

アイドルの橋本環奈さんのニュースを取り扱った時に彼女のキャッチコピーになっている「千年に一度のアイドル」は「once in a millennium star」と訳されていました。

once in a millenniumにあるように「○○に一度」という表現は会話でも頻出です。

once in a day / 1日に一度
once in a week / 週に1回
once in a month / 月に一度
once in a decade / 10年に一度

他にも「once in a life time / 一生に一回」という言い方もあります。

once in a whileで「たまに」「時々」という表現もでき、これは「sometimes」と同じ意味です。ブルームーン

ちょっと変わった表現ではonce in a blue moonで「滅多にない」「ほとんどない」という言い方もできます。

辞書には「ちょっと古い表現だ」と書かれていましたが、スティーブに確認したところ「普通の英語なんで使っても変じゃないよ」との意見をもらいました。

語源は諸説あるようで、大気中の塵の影響で月が青く見える現象を「ブルームーン」といいますが、滅多に見れないのでこのような慣用句が生まれたそうです。

「rarely」とほぼ同じ意味なので使う機会があれば使ってみてください。

Once upon a time

ワンス

有名な「Once upon a time」は物語の冒頭の決まり文句で日本語でいう「むかしむかしあるところに…」にあたる言葉です。

この言葉はおとぎ話の主人公たちが呪いによってアメリカに住むことになってしまう人気のドラマのタイトルになっています。

Once Upon A Time Season1-6 [Blu-ray Region Free](Import)

Once Upon A Time Season1-6 [Blu-ray Region Free](Import)

9,980円(11/18 09:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

uponはあまり会話では登場しませんがニュースなどではたまに見かけることがあります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. transform

    changeの類義語

    transformの意味と使い方、changeとの違い

    transformは動詞で「変わる、変える」ですがchangeとの比較…

  2. cheer

    英単語の意味と使い方

    cheer(for / up / on)の意味と使い方

    チアリーディングなどの言葉で知られるcheerは「声援を送る」などの意…

  3. 主人公・主役のprotagonist / hero / lead characterの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    主人公・主役のprotagonist / hero / lead characterの意味の違い

    映画や小説などの物語における「主役・主人公」を表す言い方にはhero(…

  4. find(わかる・思う)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    find(思う・見つける・わかる)の意味と使い方

    findは「見つける」の意味で広く使われる基本単語ですが、この意味以外…

  5. beg

    英単語の意味と使い方

    begとI beg your pardonの意味と使い方

    beg(ベグ)は動詞で使った場合には「懇願する、お願いする、乞う」とい…

  6. 増加

    日本語から英語へ

    増える、増加する、増やすを英語でいうには?

    「増やす、増加する」を意味する言葉は英語にはたくさんあるので「増加」に…

おすすめ記事

  1. 匂い
  2. カタカナ
  3. 〇〇風
  4. ゆるキャラ
  5. ツイッター




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  2. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  3. come with / come complete withの意味と使い方の違い
  4. episode(エピソード)の意味と使い方
  5. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  6. equipment / tool / facility / machineの意味の違い
  7. scoop(スクープ)の意味と使い方
  8. wave(波・手を振る)の意味と使い方




PAGE TOP