Most / Most ofの意味と使い方の違い

Most / Most ofの意味と使い方の違い

「most + 名詞」または「most of + the 名詞」の形は文頭でもよく見かけますが、意味する内容が少し違います。

mostだけでは「大半の、ほとんどの」の意味で、世の中にある広く一般的なことについて話しています。例えば「ほとんどのテーブルは4本の脚がある」みたいな意味です。

most ofの形になると「大半の、ほとんどの」ですが、ある特定のグループ内について話しているときに使います。「私の友達のほとんどは英語を話す」みたいな使い方です。

例文をいろいろと用意したので使い方の参考にしてください。

most + 名詞の使い方

most + 名詞の使い方

mostだけの場合は「most 〇〇」「most 名詞(複数形が多い)」の形になります。

こちらは世の中の一般的な話としての「ほとんどの、大半の、大部分の」を指して使われます。

例文

Most smartphones have touchscreens.

大半のスマホはタッチスクリーンがある。

例文

Most tables have four legs.

ほとんどのテーブルは4本の脚がある。

例文

Most anime characters have big eyes.

大半のアニメのキャラは目が大きい。

例文

Most cars run on gas.

ほとんどの車はガソリンで走る。

例文

Most horses run fast.

大半の馬は速く走る。

例文

Most milk is white.

ほとんどのミルクは白だ。

特定のグループ内の話ではなく、世の中に広く存在しているものに対して使うのが「most 〇〇」の形です。

most ofの使い方

most ofの使い方

most of 〇〇の形で、〇〇には「the / my / this / his …」のような言葉が入ります。

ある特定のグループの中の「ほとんど、大半、大部分」を指します。範囲が限定されています。

例文

Most of my friends speak English.

私の友達のほとんどは英語を話す。

例文

Most of her songs are under three minutes long.

彼女の曲の大半は3分以下の長さだ。

例文

Most of his money was lost in the stock market.

彼の資金の大半は株式市場で失われた。

例文

Most of the cars they sell are Toyotas.

彼らが販売する自動車の大半はトヨタ車だ。

例文

Most of the fruit in that tree is ripe.

= Most of the fruits in that tree are ripe.

あの木のフルーツの大半は熟している。

MostとMost ofの違い

似たような文章で意味していることの違いを比較してみます。例文なので世の中の事実とは少し異なりますがご了承ください。

例文

Most people like chocolate.

ほとんどの人々はチョコが好きだ。

上の例文は世の中の一般的な話として、だいたいみんなチョコが好きだという話です。

例文

Most of the people like chocolate.

その人たちのほとんどはチョコが好きだ。

上の例文だとある特定の人々(政治団体、クラスのみんな、アプリユーザーなど)の大半がチョコを好きだという話です。

the 複数形 / the 単数形

もう少し例文をかきます。複数形と単数形では意味するところが違います。これはtheの感覚をしっかりとらえている人ならすんなり理解できる分野だと思います。

例文

Most cats are white.

ほとんどの猫は白だ。

上の例文は世の中の一般的な話としてだいたい猫は白いといっています。これも事実ではありませんが例文なのでご了承ください。

例文

Most of the cats are white.

その猫たちのほとんどは白だ。

上の例文だとある特定の猫たち(the cats)の大半が白だといっています。近所に集まっている野良猫の集団、アニマルシェルターで預かっている猫たちなどです。

例文

Most of the cat is white.

その猫のほとんどは白だ。

上の例文だと1匹の猫(the cat)の身体の大半が白だという話です。1匹の猫の身体のほとんどが白色だという意味になっています。これだけ意味合いが少し違います。

もう1個、単数形と複数形の違いがわかる例文を書いておきます。

例文

Most families like chocolate.

ほとんどの家族はチョコが好きだ。

上の例文だと世の中に多くいる家庭はチョコ好きになります。アメリカの家族も、日本の家族も、インドの家族も大半はチョコが好きだという話です。

例文

Most of the families like chocolate.

その家族たちのほとんどはチョコが好きだ。

社員の家族みんなが参加する会社の運動会のようなものをイメージするとわかりやすいかもしれません。社長の家族も、部長の家族も、課長の家族もだいたいチョコが好きだという話です。

例文

Most of my family likes chocolate.

うちの家族のほとんどはチョコが好きだ。

8人のうちの家族で1人ぐらいチョコ嫌いがいるけれど、ほとんどはチョコが好きだという話です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. fitting(フィッティング)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    fitting(フィッティング)の意味と使い方

    動詞のfit(合う、適合する)が-ingになって進行形でfitting…

  2. clear(クリアー)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    clear(クリア)の意味と使い方

    クリア(clear)とカタカナで言った場合にイメージするのはおそらく「…

  3. spill

    英単語の意味と使い方

    spillの意味と使い方

    spillは「こぼれる、あふれる」といった意味の言葉です。他にも動詞で…

  4. fold(フォールド) / unfold(アンフォールド)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    fold(折りたたむ・フォールド)とunfoldの意味と使い方

    fold(フォールド)は「折り畳む、折り曲げる」の意味ですが、そこから…

  5. net(ネット)とgross(グロス)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    gross(グロス)とnet(ネット)の意味と使い方

    net(ネット)もgross(グロス)もビジネス関係でよく聞かれるカタ…

  6. history(ヒストリー)

    英単語の意味と使い方

    history(ヒストリー)の意味と使い方

    history(ヒストリー)は「歴史」の意味ですが、人類の歴史よりもよ…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 眼鏡
  2. bread
  3. 影響を与える
  4. shoes(靴・シューズ)の単数形と複数形の使い方
  5. hatena




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. structure / restructureの意味と使い方
  2. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
  3. squeeze(スクイーズ・しぼる)の意味と使い方
  4. spare(スペア)の意味と使い方
  5. subscription(サブスクリプション)とsubscribe(サブスクライブ)の意味を英語で考える
  6. annoyとbotherの意味と使い方の違い
  7. ride(ライド・乗る)の意味と使い方
PAGE TOP