Love trumps hate.の誤訳問題

love-trumps-hate

大統領選挙の結果を受けて、ドナルド・トランプを認めたくない人々の抗議活動の中、レディー・ガガが掲げた「Love trumps hate.」のテレビ放送での訳がツイッターで話題になっていました。

Love trumps hate.

ツイートの方の説明通りでtrumpが動詞で「~に勝つ、~より勝る、~をしのぐ」といった意味です。

知ってて意訳したのか誤訳したのか時間がなかっただけなのかはわかりませんが「トランプは嫌い」だと確かにLOVEはどこいった?みたいな話になります。

どちらにしろ安易に「誤訳」という言葉を使いたくはないですが、レディー・ガガの意図が伝わっていないのは事実でしょう。

本当に誤訳なのか?

このLove trumps hateは反トランプの運動の際は使われています。今回の大統領選挙の他にも、LGBTの集会などでも見かけることができます。

フレーズを頭から読んでいくと「LOVE」が先に頭に入ってくるので抜け落ちるのが変な感じがします。

仮に英語の基本をまったく知らなかった場合、ボードのビジュアル、文字配置的には「トランプをloveかhateか」と問いかけているようにも見えなくもないです。

あるいは「トランプへの憎しみさえ愛せ」みたいな、選挙は終わったんだし、といった暴動を起こしている人たちをいましめている風にも見れないこともありません。

それらを飛ばして、さすがにこの文章でLOVEを見落とすのはありえないと思うので、やはり抗議者が殺到しているニュースを伝えたかった、その中で有名人のレディー・ガガを取り上げたかった、しかし、掲げているボードがヘイトスピーチを繰り返すトランプ氏への皮肉と言葉遊びになっているため、普通の日本語では意図が伝わりにくい、そこでスーパー意訳して日本人にわかりやすく伝えた、というのが予測ですがどうでしょうか。

テレビ映像を見ていないので大雑把な予想です。どういう報道のされ方だったのか気になりますね。

trump(動詞)

動詞のtrumpには~に打ち勝つみたいな意味があります。

しかし、ネイティブに確認すると普通の人は知っているもののあまり使わない言葉だそうです。

最近は大統領選のドナルド・トランプとひっかけた少し知的な表現としてメディアが使うため見かけますが、それ以前は日常会話で使わないタイプの言葉です。

Your queen trumps my eight.
(あなたのクィーンが私の8を打ち負かす)

このように実際のカードゲームで用いられることがあります。

しかし「I trump you.」など「人が◯◯をトランプする」のように使うのではなく、自分の持っているツール・道具・カードなどが、相手のツール・道具・カードなどを打ち負かすことを表現することに用います(それでもあまり使わない)。

My Pikachu trumped your Squirtle.
(私のピカチュウがお前のゼニガメを打ち負かした)

trump card(切り札・不敗のカード)

trump cardは負けることのない最強のカードを指します。切り札、奥の手と考えても問題ないと思います。

A jack of spades is a trump card in this game.
(スペードのジャックはこのゲームで最強のカードだ)

trump cardを負けることのない切り札として、慣用的に使えないこともありません。

I have a trump card.
(私は切り札を持っている)

しかし、これを言うならば以下の表現が自然です。

I have an ace in the hole.
(私は切り札を持っている)

スタッド・ポーカー(ファイブスタッドポーカー)のルールと用語から来たもので「奥の手、とっておきがある」というならばこちらがいいかもしれません。

どちらにしろtrumpという単語そのものが、動詞・名詞どちらであってもあまり使われない言葉だという話です。

和製英語としてのトランプが気になる方は別の記事にまとめています。

外国人の録画インタビュー

今回のようなメディアの英語の間違いは検証が可能なのでまだマシです。

よく外国人に対する録画インタビューなどで、外国人が英語で話し始めたらご丁寧に吹き替えの日本語をかぶせて本人の肉声が消されるパターンがあります。

軽めのバラエティー番組の街角インタビューなどでよくある手法ですが、なんと言っているのか検証、確認のやりようがなくなります。

有名人だと肉声を残しますが、一般人の発言だとオーバーラップ(最初の2,3言葉だけ本人)されて消えしまうことがあります。

オーバーラップの吹き替えたケースは「日本のお好み焼に感動したよ!」「日本の文化が大好きだよ」と日本語でいわれても、本当に言っているのか信じられない時があります。

理想は肉声を残して字幕を出してほしいところです。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. niche(ニッチ)の意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    niche(ニッチ)の意味と使い方

    カタカナで使われるニッチは、英語でもnicheとなり「隙間産業」「特定…

  2. slot(スロット)の英語での意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    slot(スロット)の英語での意味と使い方

    slot(スロット)といえばスロットマシーンが思い浮かぶ人が多いかもし…

  3. grant / grantedの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    grant / grantedの意味と使い方

    grantはお願いごとを許可したり、権利などを与えるといった「give…

  4. later

    英単語の意味と使い方

    laterとlatterの違い

    lateの比較級の話ですが、lateは2つの意味があり、意味によって変…

  5. likeness

    英単語の意味と使い方

    likeness(ライクネス)の意味と使い方

    likenessは「似顔絵」と訳されることも多いですが、意味としては「…

  6. insist

    英単語の意味と使い方

    insist(on)の意味と使い方(例文付き)

    insistは「主張する、力説する、言い張る」のような意味の言葉です。…

おすすめ記事

  1. 炎上
  2. 英語の先生
  3. hack(ハック)の意味と使い方
  4. hatena
  5. lay-lie




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. precedent(前例)とunprecedented(前例のない)の意味と使い方
  2. league(リーグ)の意味と使い方
  3. circle(サークル)の意味と使い方
  4. material(マテリアル)の意味と使い方
  5. house(ハウス)の意味と使い方
  6. fine(ファイン)の意味と使い方
  7. お世辞のflatterとflatteryの意味と使い方




PAGE TOP