和製英語の検証「ジュース(juice)」

juice
 

公開日: 最終更新日:2020.08.4

カタカナ語で定着してしまって誤解を生みやすい言葉に「ジュース/juice)」があります。

和製英語というわけではありませんが、言葉が指すものが明確に違います。

英語圏でジュースといえば、一般的には果物から作られた100%の飲み物だけを指します。コーラやポカリスエットのような飲み物を「ジュース」とは表現しません。

英語圏の人に「オレンジジュース飲む?」といって、サントリーのなっちゃん(果汁40%)を出すと「これ、ジュースじゃないし…」と言われるかもしれません。

fruit juice(フルーツジュース)が指す100%の果汁のほかに、fruit drink(フルーツドリンク)という表現もあり、これは果汁の低い安っぽい合成のオレンジジュースみたいなものも含みます。

おおまかな分類

ジュース

おおよそ以下のような表現の使い分けが可能です。

peach juice
(ほぼ100%果汁)

peach drink
(99%以下のもの)

peach soda
(炭酸とおそらく砂糖が入ったdrink)

sparkling peach juice
(100%果汁と炭酸)

厳密には各国の商品表示のルールに従う形で「98%以上でジュースの表現がOK」などの規制があるようです。

日本でも一昔前には「コーヒー牛乳」「フルーツ牛乳」といった商品がありました。雪印製品が有名でしたが、2003年法改正で生乳100%のものしか「牛乳」と表記してはならないことになり、名称が変更されています。

コーヒーに関しても日本では生豆換算のコーヒー豆の使用量で「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」に表記が分類されます。「コーヒー入り清涼飲料」ってなんだ?って話になりますが「ミルクカフェオレ」のような牛乳感を強調した製品によく見られます。

このあたりは各国に同様の規制が設定されているようです。

その他の飲み物の表現

飲み物を表す場合に「drink」の他にもbeverage(べバレッジ)なども使えます。先に紹介したジュースも含め「飲み物」という広い意味の単語です。

drinkよりも「beverage」のほうがフォーマルでファンシー(華やか)な響きがするそうです。

①Would you like something to drink?
(何かお飲みものは?)

②Would you like a beverage?
(何かお飲みものは?)

①も②も言っている意味は同じですが、①が普通のお店などでの表現です。②はかなり丁寧、気品のある表現に感じるそうで、高級ホテルなどで出くわすかもしれません。

果汁もジュース

ガリガリ君のグレープフルーツ味が発売されたことを記事にしたことがあります。「果汁」もジュースで表現されていました。

They hope to recreate the acidic and bitter taste of grapefruit faithfully by using 55% real fruit juice.
(グループフルーツの酸っぱく苦い味を忠実に再現できるように、55%のグレープフルーツ果汁を使っている)

オレンジジュース(orange juice)をOJと呼ぶのは、確かにそういう人も世界各地にいるようです。

スティーブにも確認しましたが「個人的には言わないけど、そういう人はいる」といった感じでした。

だからといってapple juiceをAJ、grapefruit juiceをGJ(GFJ?)というかといえば、それはたぶんいないそうです。

なぜかオレンジジュースだけがOJと省略されています。昔、バイトしてた居酒屋でもオレンジジュースはOJと伝票に書いていました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 10段階評価は英語では「on a scale of one to ten」

    英単語の意味と使い方

    10段階評価は英語では「on a scale of one to ten」

    「10段階評価」を英語で表すには「on a scale of one …

  2. curfew(門限・時間制限)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    curfew(門限・時間制限)の意味と使い方

    curfewは伝統的には「門限」「夜の外出制限」といった意味ですが、そ…

  3. wave(波・手を振る)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    wave(波・手を振る)の意味と使い方

    wave(ウェイブ)はもちろん海に発生する自然現象としての「波」の意味…

  4. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い

    英単語の意味と使い方

    summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い

    summit(サミット)は山の最も高い部分、山頂を意味する言葉ですが、…

  5. workshop(ワークショップ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    workshop(ワークショップ)の意味と使い方

    workshop(ワークショップ)は名詞では大きく2つの意味で考えるこ…

  6. up-to

    英単語の意味と使い方

    up to(最大・次第・数字)の意味と使い方

    up toは会話表現でもよく登場する言葉で「~次第だ」と「最大で〇〇だ…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  2. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?
  3. Japanese
  4. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)
  5. select

最近の記事

  1. surviveとsurvivalの意味と使い方
  2. enter / entry / entranceの意味と使い方
  3. simple / simply / simplicityの意味と使い方
  4. dwarf(ドワーフ)とelf(エルフ)の意味と使い方
  5. トラック(truck / track)の意味と使い方
  6. lobby(ロビー)の動詞・名詞での意味と使い方
  7. blossom(ブロッサム)、bloom(ブルーム)、flower(フラワー)の違い
  8. bear(もたらす、耐える、産む、熊)の意味と使い方
PAGE TOP