in / over the course ofの意味と使い方(例文付き)

in the course of

in the course ofとover the course ofは「~の過程で、~の最中に、~の途上で、~の間に」といった意味で使われます。

courseはカタカナの「コース」ですが、行程、経過、進路などのコースです。「そのコースの間で」みたいな意味になりますが、日本語で考えようとするとしっくりこない感じはします。

類似の意味では「during」や単に「in」があります。会話では特に「in / over the course of」を使わないといけない理由がさほどなく、inやduringだけで表現可能なのでわざわざ使う必要性を感じない言葉です。

in the course of

「~の過程で、~の最中に、~の途上で、~の間に」の意味で、後ろに続く出来事の途中でといったことを表します。

In the course of this project, I learned a lot about insects.
このプロジェクトの間に、昆虫について多くのことを学んだ。

In the course of eating dinner, I noticed several famous people eating in the restaurant.
夕食を食べている間に、何人かの有名人がレストランで食べていることに気づいた。

フランス料理のコースなどもcourseで料理の文章と一緒に登場すると少し混乱するかもしれません。

duringとの違い

基本的にはduringと同じ意味で「〜の間に」を表します。in the course ofはあまり会話では使われない表現であり、理由は単純にduringのほうが短く言いやすいからです。

in the course ofは何らかの行動や活動など、時間的にそんなに長くない期間に対して使われる傾向があります。

○ During summer vacation, we visited the beach.
夏休みの間に、私たちはビーチに行った。

△ In the course of the summer vacation, we visited the beach.
夏休みの間に、私たちはビーチに行った。

下段の例文はやや自然さに欠ける部分がありますが間違いではありません。summer vacationのような期間の長いものにはduringが使われやすい程度です。

そもそもこの場合も「in the summer vacation」だけで十分に伝わる話であり「the course of」をつけないといけない理由がさほどありません。

over the course ofとの違い

over the courseの表現もまた一般的です。この違いについてネイティブスピーカーに確認すると感覚的には基本的にはinもoverも差は感じられないといった意見でした。

確かに一般的にoverのほうが「全体に渡って」のイメージがあるので、そのコース全体・過程全体で何かがあったことをイメージさせるという理屈はつきます。

しかしながら、inとoverを置き換えたところで、overの意味が強調されるかといえばそうでもないといった意見です。

In(= Over) the course of this project, I learned a lot about insects.
このプロジェクトの間に、昆虫について多くのことを学んだ。

上の例文の場合には指している内容は同じです。

overだと「そのプロジェクトの過程全般で昆虫について学んだ」、inだと「そのプロジェクトのある部分で昆虫について学んだ(別の部分では魚について学んだ)」といった差があるのかといえば、あまり出ていないという意見です。

もしそのコース・過程の「全体」を強調したいならばThroughoutなどを使うことができます。

Throughout the summer I worked as a cook.
夏の間ずっと、料理人として働いた。

これらもduringやinで言ったほうが簡単で、会話では一般的です。以下の例文のように使えます。

During summer vacation, we visited the beach.
=Over the course of summer vacation, we visited the beach.
夏休みの間に、私たちはビーチに行った。

In my life I have never eaten natto.
=Over the course of my life I have never eaten natto.
私の人生の中で、納豆を一度も食べたことがない。

over the courseとin the courseを比較した場合に、確かに感覚的なマイナーな差はあるようです。

Over the course of the summer I worked as a cook.
この夏の間、私は料理人として働いた。

over the courseとin the courseはそもそも会話で使ってくる人があまりいないため事例そのものが少ないけれど、上の料理人の例文ならばoverを使う人のほうがまだ多いと思うといった程度の差です。

そういった細かい感覚レベルのニュアンスの違和感を無視してしまえば、over the courseもin the courseもどちらも同じで、かつ、inやduringのほうが使いやすいといった結論になります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. street
  2. commit(コミット)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    commit(コミット)の意味と使い方

    commit(コミット)はいくつかの使い方がありますが、代表的なものは…

  3. steer(操縦・操作する)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    steer(操縦・操作する)の意味と使い方

    steerは「操作する、操縦する、操る」といった意味で機械に限らずさま…

  4. スマッシュ

    英単語の意味と使い方

    スマッシュヒット(smash hit)の意味を考える

    日本の音楽業界用語では「スマッシュヒット」が大ヒットはしていないけど、…

  5. clean up / clean out / cleanの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    clean up / clean out / cleanの意味の違い

    まずcleanには「掃除をする、綺麗にする」といった意味があります。c…

  6. set(セット)の意味

    英単語の意味と使い方

    set(セット)の意味と使い方

    カタカナでも「アラームをセットする」のような動詞での使い方や「ランチセ…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  2. 本当は好きじゃなかった
  3. yera-old
  4. adjective(形容詞)
  5. センテンススプリング




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. workshop(ワークショップ)の意味と使い方
  2. fiscal / financial / financeの意味と使い方
  3. adhere / adhesiveの意味と使い方
  4. come throughの意味と使い方
  5. hospital(ホスピタル)とclinic(クリニック)の違い
  6. stigma(スティグマ・烙印・汚名)の意味と使い方
  7. postpone(延期する)の意味と使い方
  8. nameの動詞・名詞での使い方
PAGE TOP