imageryとimageの違い

imagery
 

公開日: 最終更新日:2019.12.5

ニュースに「imagery」という単語が登場したことがあります。辞書で調べてみてもimageとの違いがいまいちよくわからなかったのでネイティブスピーカーに意味を確認してみました。

いくつかの使い方があるので例文を交えて使い分けをご紹介します。

image

image
まずimageは普通に1枚の絵や写真、画像だと思って間違いありません。pictureなども近い言葉です。

Look at this image of a baby bird.
=Look at this picture of a baby bird.
この鳥のひなの写真を見ろよ。

The book is full of violent images.
=The book is full of violent pictures.
その本は暴力的な写真でいっぱいだ。

imagery(比喩、修辞表現、心象)

imagery
imageryは大きく2つの意味にわかれます。

1つ目ですが、imageryは人に対して何かを見たり感じさせたりする五感に訴えかける「文章表現」に対して主に使われることが多いです。

心象や描写、比喩と考えても近いかもしれません。

The book is full of violent imagery.

上の文章が意味するのは、この本には暴力的な描写が細かく書かれており私たちはそれを読む、見ることによって何かを感じてしまうものがいっぱいある、といった意味です。

Her imagery of France is so good I can almost smell the fresh coffee at a cafe.

上の例文の意味は、彼女のフランスに書いた文章(エッセイ、小説など)はとてもリアルで、まるで私はフランスのカフェにいるように匂いとかを感じてしまうようだ、といった意味になります。

このように文章表現からくる映像に近いもの、イメージを指してimageryが使われます。

(集合的に)画像

しかしもう1つ意味があり「いくつかの画像」など集合的に画像、イメージとしても使われます。

The army used satellite imagery to map the area.
軍は衛星写真をその地域の地図を作るのに使った。

この場合、地図を作るのに使うのは衛生写真は1枚ではないので「衛生から撮影されたいくつかの写真」として集合的にimageryが使われています。

1枚の写真・画像(image)と区別する意味で、複数の写真画像(images=imagery)と考えても近いです。

ニュースでは日清食品が販売した日本をテーマにしたカップ麺ややきそばのパッケージの紹介文で登場しています。

The package includes both classical and modern Japanese imagery all done with a touch of cool Ukiyo-e style.
パッケージには、伝統的な日本の風景や文化と、現代の日本のイメージを掛け合わせ、浮世絵風のタッチでクールに描かれている。

imagery

日清のパッケージの場合はパッケージに複数の写真を使っているので、下のどちらの表現でもOKです。2つは近い言葉で、imageの複数形がimageryとほぼ同じ意味になります。

The images on the package are a combination of modern and classical Japan.

The imagery on the package is a combination of modern and classical Japan.

あまり「imageries」と複数形では用いられないそうです。

CGI / CG

コンピューターで描かれた絵は最近はCGI(computer generated imagery)と呼ばれています。

このCGIの「I」はimageryの略です。しかし、imageとしているケースもあるので、かなり2つは近い言葉ではあります。

CG(computer graphics)は少し古くなってしまった単語で、コンピューターで描いた映像など最近は「CGI」と表現されることが多いです。

◎They used CGI to create the monster.
〇They used CG to create the monster.

しかし専門の産業では使われているようです。あくまで一般人が使う分にはCGIが一般的になっています。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. meetとmeet withの違い

    英単語の意味と使い方

    meet withとmeetの意味の違い

    meet withは単に会うだけでなく、明確に何か目的を持って話し合う…

  2. source(ソース)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    source(ソース)の意味と使い方

    source(ソース)は名詞で「元、源」など、それがどこから来ているの…

  3. lifespanとlife expectancyの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    lifespanとlife expectancyの意味の違い

    lifespan(ライフスパン)は人生の長さ、命の長さであり寿命と考え…

  4. whereas

    Difference / 似た言葉の違い・比較

    whereasとbutの違い

    接続詞の「whereas」は「~の一方で、~に対して、しかし」といった…

  5. fauna and flora

    英単語の意味と使い方

    fauna and floraの意味は?

    fauna and floraとはわかりやすくいえば「動物(anima…

  6. dedicated

    英単語の意味と使い方

    dedicateの意味と使い方

    dedicateはいくつかの意味があるため文脈でどの使い方がされている…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. all-you-can-eat
  2. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  3. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  4. 電源の「コンセント」は英語でどういうか?
  5. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言




最近の記事

  1. striking / strikinglyの意味と使い方
  2. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  3. take offense / no offenseの意味と使い方
  4. review(レビュー・批評・復習)の意味と使い方
  5. second only to / second to noneの意味と使い方
  6. index(インデックス)の意味と使い方
  7. bake(ベイク)/ bakery(ベーカリー)の意味と使い方
  8. at the last minute(ギリギリで、土壇場で、直前で)の意味と使い方
PAGE TOP