「get to」の意味と使い方をネイティブに聞いてみた

「get to」の意味と使い方をネイティブに聞いてみた
 

公開日: 最終更新日:2020.02.25

get toは英語のネイティブスピーカーがよく使う表現ですが、いくつかの意味に分類することが可能かもしれません。このページで4つぐらいの意味にわけてみました。

特に理解しにくいのが「(機会があって)~できる(can)」の意味と、「人をいらつかせる(annoy)」の意味です。ほかには「はじめる」や「到着する」の意味もあります。

ここでは4つの使い方をそれぞれネイティブスピーカーに作ってもらった例文にまとめてご紹介しています。

get to 動詞:機会がある、できる

「get to 動詞」の意味と使い方

いくつかある「get to」の使い方の中で、なかなか理解しづらいけれども、ネイティブがよく使うのが「can」に近い意味です。

何かをする「opportunity(機会)」があることであり「(機会があって)~できる」「~する機会がある」「(許されて)~できる」のようなニュアンスをともないます。

特に口語、カジュアル、スラングといったわけでもありませんが、かといってフォーマルでもない、普通の日常的な表現です。

例文

I will go to France this year.

今年、私はフランスに行くだろう。

例文

I (will) get to go to France this year.

今年、フランスに行くことができるだろう/ 行く機会があるだろう。

get toを使って表現することで、上の例文ならば「フランスに行く機会があるんだ」のような前向きな表現になって、フランスに行くことを喜んでいるようなニュアンスが出ます。日本語での「~する機会があったんだ」といわれたときの感覚に近い部分もあります。

例文

My mom said I get to use her car tonight.

母親は今夜、彼女の車を使っていいといった。

例文

You get to come with me to Las Vegas!

私と一緒にラスベガスに行けるよ!

例文

I get to go to the concert tonight.

今夜、コンサートに行ける / 行く機会がある。

例文

I got to know him during high school.

高校時代に彼と知り合いになった。

「get to know」は知り合いになるという意味です。「機会を与えられて~できるんだ」「~する機会がある」という感じが出る言葉です。

しかし、すべてが前向きでポジティブになるかといえば違い、以下の例文だと本当に「can」の意味ぐらいしかありません。

例文

I have a lot of money but all I get to spend is 1,000 yen a day.

私は大金を持っているけれど、1日で使える全額は1000円だ。

否定文でのget toの使い方

否定文でも使えます。日本語で考えるなら「機会がなかった」「できなかった」ぐらいの意味です。

例文

I didn’t see Jayne last week.

先週、ジェインに会わなかった。

例文

I didn’t get to see Jayne last week.

先週、ジェインに会えなかった。

上段は「会わなかった」と事実を報告しているだけですが、get toを使うと「会う機会がなかった」「会えなかった」と少し残念に思う、会いたかったニュアンスが少し出ています。

以下の例文も参考にしてください。「できない」「機会がない」の意味です。

例文

He won’t get to watch the championship game this year.

彼は今年のチャンピオンシップの試合は見れないだろう。

例文

I didn’t get to see my favorite band when they came to Osaka.

お気にいりのバンドが大阪に来た時に見れなかった。

get to 場所:たどり着く、到着する

get to 場所:たどり着く、到着する

get toの後に場所や場所に類するものがくると、単純にそこにたどり着く、到着するという意味になります。言い換えるとarriveあたりです。

例文

When we got to school it started to rain.

学校についたとき、雨が降り始めた。

例文

I can’t get to the end of the book tonight.

今夜に本の最後にはたどり着けない(読み終わらない)

例文

When I got to work, I was hungry.

職場に着いたとき、私は空腹だった。

最後の例文はworkを職場と考えるか、作業と考えるか微妙なところですが、そこにたどり着くといった意味です。

get to 物事:はじめる

get to 物事:はじめる

beginに近い意味でget to 物事(名詞)で何かを始めるといった意味にもなります。

例文

I couldn’t get to my housework until 5:00.

5時まで家事をはじめられなかった。

例文

Enough waiting. Let’s get to it.

十分に待ったので、はじめましょう。

例文

I didn’t get to working until 11:00.

11時まで仕事を始めなかった。

先に紹介した「get to know(知り合いになる)」にも通じる部分ですが、カナダ人のスティーブは「get to 物事」に段階的なものを感じる、じょじょに何かを始めていくような感覚があるそうです。

しかし辞書には「begin」としか書いていないので、それがカナダ人のスティーブが感じる特有のものなのかは不明です。調査しておきます。

get to 人:いらつかせる

get to 人:いらつかせる

けっこう理解しにくいのが「get to 人」でannoy(いらつかせる)の意味になることです。

これはおそらく自分の中に入ってくる、心や頭に侵入してくるイメージから「いらつかせる」になっているのだと予想されます。

例文

This heat is getting to me.

この暑さにイラつく。

この意味は否定文でよく見かけ「Don’t let 〇〇 get to you」の形になります。意味は「〇〇なんて気にするな」です。イライラしている友人などにかける言葉です。

例文

Don’t let the heat get to you.

この暑さなんて気にするなよ。

例文

Don’t let him get to you.

やつのことなんて気にするなよ。

無理やり直訳で理屈を考えるなら「暑さをお前の中にたどり着かせるな」「彼の存在をお前の中にとどめておいてはダメだ」みたいな感じで、心の中に入ってこさせるな、つまり気にしたらダメだ、忘れろよといったニュアンスになります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. establish / establishmentの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    establish / establishmentの意味と使い方

    establish(エスタブリッシュ)は動詞で「設立する、開設する、創…

  2. let off

    英単語の意味と使い方

    let off(let me off)の意味と使い方

    let offも意味がかなり広いので使い方をご紹介します。letは何か…

  3. photo / picture / imageの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    photo / picture / imageの意味の違い

    photo(フォト)またはphotograph(フォトグラフ)はカメラ…

  4. pose(ポーズ)

    英単語の意味と使い方

    pose(引き起こす・もたらす・ポーズ)の意味と使い方

    カタカナでもよく聞く「ポーズ(pose)」には、特定の体勢をとるような…

  5. moist

    英単語の意味と使い方

    Moistが最悪な英単語の調査でトップ

    辞書製作で有名なオックスフォードプレッシングが実施した国際的な調査では…

  6. 英単語の意味と使い方

    ultimate(アルティメット)の意味と使い方

    ultimate(アルティメット)はよくカタカナでも商品名やゲームの技…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言
  2. 国歌斉唱
  3. ファックについて
  4. shithole
  5. select




最近の記事

  1. diaper(おむつ)の意味と使い方
  2. relent / relentlessの意味と使い方
  3. lightenとlighten upの意味と使い方
  4. wholehearted / half-heartedの意味と使い方
  5. weightとweighの使い方の違い
  6. crown(王冠・クラウン)の意味と使い方
  7. divide / division / divisiveの意味と使い方
  8. potential(ポテンシャル・見込み)の意味と使い方
PAGE TOP