福島第一原発を見に行ってきました。

福島第一原発

2014年の冬の話になりますが、StudyNowの休暇中に福島第一原発に近づけるだけ近づいてみようとバイクを走らせました。その時のちょっとしたレポートです。

ルートは大阪から仙台に飛行機で行き、そこでレンタルバイクを借りて、海岸沿いの6号線(陸前浜街道)をひたすら南下するシンプルな道のりです。

震災のニュースは大阪から何度も見ていたんですが、どうしてもいつか、この目で何があったのかを見ておきたいと思っていました。

復興を支援したいとか立派な志があるわけでもなく、少し時間もたったので邪魔にならない程度に実際に見たかっただけです。

変わっていく景色

東北の寒さは覚悟していたのでヒートテックを上下に着込んでいました。数年ぶりに乗る慣れないバイク、雨が降り出してからかなり寒くなり、何度も引き返そうかと悩みました。

仙台から名取市、岩沼市、相馬市と抜けて、南相馬市を越えたあたりから交通量が明らかに減っていきます。

南相馬市の道の駅から先に開いているお店はほぼありません。以下はときどき停車して撮影したものです。

閉まったファミマ

ガードレール

海が見えないぐらいに海岸から距離があったんですが、折れ曲がったガードレールや廃墟になった建物が生々しく残っていました。

瓦礫

ボロボロの工場

浪江町の交差点

最も印象に残っているのが、たぶん浪江町役場の近くの交差点です。

交差点

ソフトバンク

ドコモの看板

大きな交差点で角にお店があります。視界にはソフトバンクやドコモ、地元の服屋の大きな看板が入ってくる。

天気は少し回復して、晴れて明るい。寒いけど、けっして悪くない天気。待っていた赤信号が青になる。

特に珍しくもない、どこにでもあるロードサイドの風景です。

けど、誰もいないんですよね。

視界に何1つ動いているものの気配がない、時が止まった異様な世界でした。

田中前交差点

近所のスーパー

薬局のセイムス

本当にこの世界に存在しているのは自分だけじゃないかと思うほど静かで、パラレルワールドや制作途中のゲームの世界に迷い込んだような錯覚がします。

最後の到達地点の看板です。ここで引き返しました。

行き止まり

帰り道は雨にあって、寒さと雨で人生の中でも印象に残る辛い時間でした。

建物を直すこととは別に

震災の復興について「建物を建て直す」という意味で想像がつきます。神戸を見たらよくわかります。

それとはまったく別の次元の問題があります。ニュースを見て頭ではわかっていたことを、実際に見てみるとあらためて感じました。

震災で倒壊した建物を見ると確かに暴力的で迫力があって自然の力の大きさを感じます。

その一方で浪江の交差点で見た怖さはもっと別の種類の静かで冷たい感じのものです。

見慣れた看板が並ぶ日中の交差点を無人にしてしまうほどの見えない力ってとても怖い存在です。

おわりに

何か伝えたい個人的、政治的なメッセージがあるわけではありません。

311の後に自分の中で変わったことは多くはないけど、たまに海外に出た時にはケチらないようになりました。

海外を歩いていると時々、お金を恵んでほしい人や寄付をせがんでくる人に出くわします。

切実な人もいれば寸借詐欺もいるしキリストの教えがついてきたりいろいろ。タクシーの雑談でも日本から来たといえば震災を心配してくれることもあります。

そういう時は自分がだまされてるとか深く考えずに「震災の時はいろいろありがとう」といって払ったり、大目にチップを出したりするようになりました。

ポケットの小銭を渡し、タバコを箱ごと渡し、持っていた予備の缶ビールを渡す。

まあそんなぐらいしかできないし、たいした金額じゃないんですけどね。

これからもそうすると思います。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ファミレス
  2. 31円

    日本(Japan)

    Vol.03『所持金は31円』

    Vol.02 『英会話スクールNOVAの時代』からの続きです。この記事…

  3. 仮予約

    日本語から英語へ

    仮予約を英語でどう言うか?(言う必要はあるのか?)

    仮予約の英語を考える際に問題になるのは、そもそも「仮予約とは何か?」の…

  4. フリーティー

    商品のネーミング検証

    外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き

    ツイッターでアジア系の外国人がストレスから解放される意味での「フリーテ…

  5. 日本人と無神論

    オーストラリア

    日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?

    よく日本人の宗教観が海外の反応ネタとして取り上げられることがあります。…

  6. nova

    日本(Japan)

    Vol.01 『日本に来ていきなりNOVAなくなっちゃた』の話

    英会話スクールNOVAが倒産したときに、身の回りに起こったちょっとした…

おすすめ記事

  1. 〇〇風
  2. asas
  3. adjective(形容詞)
  4. ファックについて
  5. タクシー




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. smuggle(密輸する)の意味と使い方
  2. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い
  3. lifespanとlife expectancyの意味の違い
  4. disputeとargue(argument)の意味の違い
  5. Tenderの意味と使い方
  6. bunch(束・房)の意味と使い方
  7. clean up / clean out / cleanの意味の違い
  8. clue(クルー)の意味と使い方




PAGE TOP