fitting(フィッティング)の意味と使い方

fitting(フィッティング)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2019.12.5

動詞のfit(合う、適合する)が-ingになって進行形でfittingが使われている可能性はありますが、fitting単独でも名詞や形容詞で使われることも多いです。

洋服などを着てみるフィッティングや試着室を表す「fitting room」などのカタカナになっている言葉もあれば、ネジなどの付属品といった意味でも使われる言葉です。

一通りのfittingの意味だけを拾い上げて使い方をまとめてみました。全体的なイメージは何かと何かが合っていることです。

付属部品、付属機器

付属部品、付属機器

パイプやチューブ、ネジなどのことで、名詞で「付属部品、付属機器」を意味します。取り付けられるということは合っていることになります。

例文

They make various bathroom fittings.

彼らはさまざまな浴室の付属器具を作っている。

例文

He bought the wrong sized fitting for his pump.

彼はポンプに間違ったサイズの付属部品を買った。

attachmentも近い意味です。fittingと微妙なニュアンスの差があるようで、fittingはより単体で成立するようなもので、いったん取り付けると着脱がそこまで簡単ではないものに使われるそうです。

パイプ・配管などをイメージするとわかりますが、いったん取り付けてしまうと外すことは可能ですが、ワンタッチで簡単というわけではないので、こういうものにfittingが使われやすいです。

取り付け、組み立て

取り付け、組み立て

何かを取り付けたりくっつけたりする行為のことで「取り付け、組み立て」といった意味もあります。何かと何かをフィット(合わせる)ことです。

例文

The fitting of the new engine made the rocket lighter.

その新しいエンジンの取り付けがロケットをより軽くした。

例文

It will take two days for the window to arrive and another day for the fitting.

窓が到着するのに2日かかるし、取り付けにはもう1日かかるだろう。

フィッティング

フィッティング

洋服などを着てみることで、カタカナにもなっているフィッティングの意味でも使えます。

モノや機械なら「取り付け」になりますが、人間相手で服ならば合わせること、合っていることです。

例文

Does this store have a fitting room?

このお店にはフィッティングルームはありますか?

例文

The company hired fitting models.

その会社はフィッティングモデルを雇った。

服でいえば「loose fitting(ゆるい)」や「tight fitting(きつい、タイトな)」などの表現が見られます。

例文

I like loose fitting clothes.

ゆったりした服が好きだ。

例文

She always wears tight fitting clothes to work.

彼女はいつも仕事にタイトな服を着る。

ただしfittingをなくして「tight clothes」でも意味は変わりません。

例文

She always wears tight clothes to work.

(同じ意味です)

ふさわしい、適切な(形容詞)

そのまま形容詞としても使え「ふさわしい、適切な」を意味します。「合っている」という意味です。

例文

It was a fitting end to an exciting game.

エキサイティングなゲームにふさわしい終わりだったよ。

例文

He was given a fitting punishment for his crime.

彼は彼の犯罪に対してふさわしい罰を与えられた。

fittingly(副詞)の意味と使い方

「ふさわしい、適切な」の意味での副詞がfittinglyです。ある状況に何かが合っていることであり、言い換えると「appropriately」です。

例文

He was fittingly dressed for the party.

彼はパーティーにふさわしい服を着ていた。

例文

She fittingly lost the money that she had stolen.

彼女は盗んだことにふさわしいように金を失った。

上の例文は「罰があたった」「当然の報いを受けた」のような意味合いです。

例文

She is fittingly described as a master violinist.

彼女は適切にバイオリンの達人と描写される。

最後の例文などは人々が大げさに誇張することも、過小評価することもなく、適切に「彼女はバイオリンの達人だ」と表現されているといった意味合いです。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「部分的」のpartially / in part / partlyの使い方の違い

    英単語の意味と使い方

    「部分的」のpartially / in part / partlyの使い方の違い

    「partially」「partly」「in part」はどれも基本的…

  2. invite / invitationの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    invite / invitationの意味と使い方

    inviteは基本的には動詞で「招待する、招く」といった意味ですが、名…

  3. around(アラウンド)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    around(アラウンド)の意味と使い方

    aroundは前置詞または副詞なので、この言葉単独で使われるというより…

  4. historicとhistoricalの違い

    英単語の意味と使い方

    historicとhistoricalの違い

    historic(ヒストリック)とhistorical(ヒストリカル)…

  5. feeling(フィーリング)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    feeling(フィーリング)の意味と使い方

    feeling(フィーリング)もかなりカタカナで定着している言葉です。…

  6. through

    英単語の意味と使い方

    through(スルー)の使い方、throughoutとの違い

    カタカナでもなじみのある「through(スルー)」は品詞としては動詞…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 炎上
  2. i’m lovin’ it
  3. all-you-can-eat
  4. Japanese
  5. shithole




最近の記事

  1. mob(モブ)の意味と使い方
  2. striking / strikinglyの意味と使い方
  3. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  4. take offense / no offenseの意味と使い方
  5. review(レビュー・批評・復習)の意味と使い方
  6. second only to / second to noneの意味と使い方
  7. index(インデックス)の意味と使い方
  8. bake(ベイク)/ bakery(ベーカリー)の意味と使い方
PAGE TOP