draft(草案・下書き・徴兵)の意味と使い方

draft

カタカナで「ドラフト」といえば、プロ野球などの新人を獲得するドラフト制度や、ドラフトビール(生ビール)などが真っ先に思い浮かぶかもしれません。

これらの意味もありますが英語では「下書き、草案」の意味で使われたり、軍隊などに徴兵されることを意味します。

動詞、名詞ともに幅広い意味で使われているのでdraftの使い方を整理してみました。

draft【drǽft】

下書き・草案(名詞)

ラフな状態の下書き、草案などで文章だけではなく、アイデアそのものを指しても使われます。

In the first draft of the script the main character dies at the end, but they changed it.
脚本の最初の下書きでは、主要キャラは最後に死ぬが、彼らはそれを変更した。

I made a rough draft of the contract for you to check.
あなたがチェックするためにラフな契約の下書きをつくった。

下書き・草案を作る

これはそのまま動詞で「下書きを作る、原案を書く、起草する」といった意味になります。建築の場合は下絵です。

I drafted a letter to the president asking for a raise.
私は社長に昇給を求める手紙を下書きした。

召集令、徴兵召集(名詞・動詞)

軍人

軍隊などに強制的に参加させられる招集令などはドラフトと呼ばれます。

韓国の兵役のような常時行われているものはconscriptionとも表現されますが、draftはある程度緊急のいきなり戦地に行かされるような徴兵を指しています。

The USA ended the draft after the Vietnam war.
アメリカはベトナム戦争の後で徴兵制を止めた。

He was drafted in World War II.
彼は第二次世界大戦に徴兵された。

これはそのまま動詞で「徴兵する、徴募する」となります。

Donald Trump was supposed to be drafted but avoided joining the military.
ドナルド・トランプは徴兵されるはずだったが、軍隊に入ることを避けた。

He was drafted into the army when he was 21.
彼は21歳のときに軍に徴兵された。

The army drafted him when he was 21.
彼が21歳の時に軍は彼を徴兵した。

enlistとdraft

enlistも軍隊に対して入隊することを意味します。自分が選んだのではないケースではdraftが使われます。

My grandfather enlisted during World War II.
祖父は第二次世界大戦中に軍に入隊していた。

A lot of people enlist in the armed forces for a better education.
多くの人々はより良い教育のために部隊に入隊する。

プロスポーツのドラフト

draftはスポーツで行われるドラフトと同じです。スポーツドラフトは指名された球団にしか入団できませんが、これも徴兵と似た構造ではあります。名詞、動詞どちらでも使えます。

The NBA draft will be held next week in Florida.
NBAのドラフトは来週、フロリダで開催される。

He was drafted by the Chicago Bulls.
彼はシカゴ・ブルズにドラフトされた。

The Chicago Bulls drafted him.
シカゴ・ブルズは彼をドラフトした。

He was drafted to the Yankees when he was only 18.
彼はわずか18歳でヤンキースにドラフトされた。

隙間風(draft / draught)

アメリカとイギリスでスペルに違いが見られますが、建物の内部で感じる隙間風といった意味もあります。米がdraft、英がdraughtですが発音は同じです。

Can you close the window? I feel a draft.
窓を閉めてくれる? 隙間風を感じる。

This old house has a draft.
この古い家は隙間風がある。

ドラフトビール

生ビール

いわゆる熱処理をしない生ビールを指して使われます。厳密には細かな定義がありますが、一般的には樽から注ぐようなビールを指しています。

日本では缶の生ビールが多く存在していますが、各国によって定義に違いが見られます。

この場合も米がdraft beer、英がdraught beerのようにスペルに違いが見られます。

I bought a draft beer for my friend.
友達にドラフトビールを買った。

詳しくはWikipediaに各国の定義が詳しく載っていました。

参考:生ビール(Wikipedia)

bank draft

ちょっと古臭い言葉になっていますが、小切手のような銀行為替手形を指してバンクドラフトと呼ばれます。B/Dとも表記されます。

He payed for the order with a bank draft.
彼は注文を為替手形で支払った。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. コンペンセイト

    カタカナビジネス英語

    compensate / compensationの使い方

    日本語訳としては動詞では「compensate(補償する、埋め合わせを…

  2. 炎上

    日本語から英語へ

    野球でピッチャーの「炎上」を英語でどういうか?

    野球でピッチャーが特に短いイニングで大量失点することを「田中が2回7失…

  3. Tenderの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    tenderの意味と使い方

    3つの異なる語源が1つの同じ言葉「tender(テンダー)」になってし…

  4. 賭ける

    イディオム・熟語・慣用句

    bet(賭ける)の英語表現

    日本語でも「あいつは来ない。賭けてもいいよ!」といった場合、多くケース…

  5. select

    カタカナビジネス英語

    「選ぶ・選択する」のselect / choose / pickの違い

    「選択する、選ぶ」を意味するこの3つの言葉は置き換えて使うこともできま…

  6. import(輸入)とexport(輸出)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    import(輸入)とexport(輸出)の意味と使い方

    import(インポート)が「輸入する」で、export(エクスポート…

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. asas
  3. お客さん
  4. ゆるキャラ
  5. present




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  2. sort(ソート)の意味と使い方
  3. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  4. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  5. shoot upとshoot downの意味と使い方
  6. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い
  7. stake(ステイク)の意味と使い方
  8. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い




PAGE TOP