creep / creepyの意味と使い方

creepの意味

creepはゆっくり忍び寄るような動作を指し、しばしばツタなどの植物が成長するような様子を表すのに使われます。

日常会話では、そこからくる「気味の悪さ」や「薄気味悪い人」といった使われ方がよくされる単語です。特にcreep outで「気味悪がらせる」といった意味になります。

過去形・過去分詞については少し議論がありますが一般的にはcreptが使われます。活用については最後にまとめています。

動詞:忍び寄る

creep動詞

creepはよく動詞で「忍び寄る」「ゆっくり近づく」といった意味で使われます。何かがゆっくり、静かに動くことです。

例文

The thief crept into the room and took the necklace.

泥棒は部屋に忍び入って、ネックレスを奪った。

しばしば、これはツタなどの植物が成長することを描写するときにも使われます。

例文

Ivy crept along the side of the building.

ツタが建物にそって成長した。

名詞:不気味さ、気味の悪い人

気味の悪い人

この忍び寄るイメージから「不気味さ、気味の悪さ」といった意味で名詞でも使われます。

これはgive [人] the creepsで「気味悪がらせる」といった使い方がよくされます。同じ意味では後で紹介するcreep outでもいけます。

例文

He wanted to leave because the waiter was giving him the creeps.

彼はその場を離れたかった。なぜならウエイターが気味が悪かったからだ。

例文

This place gives me the creeps. Let’s get out of here!

この場所、気味が悪い。ここから出よう!

creepだけで「気味の悪い人」としても使えます。スラングというよりも、そのままの意味かもしれません。

例文

There are a lot of creeps in that bar, you should stay away.

あのバーには気味の悪い連中がいっぱいいる。近づかないほうがいいよ。

例文

I don’t like using online message boards, there are too many creeps.

ネット掲示板を使うのは好きじゃない。いっぱい気持ち悪いやつらがいるから。

creep outの意味

creep-out

この形になると「ゾッとさせる」といった意味になります。生命の危険を感じるような恐怖ではなく、不快感やちょっとした気味の悪さを指します。

例文

My sister always creeps me out by turning her eyelids inside out.

うちの妹はいつも瞼をひっくりかえして私をぞっとさせる。

例文

I hate snakes. They creep me right out!

蛇が嫌い。気分を気持ち悪くさせる!

creepy(形容詞)の意味

creepy

同じく「ぞっとさせるような、気味の悪い」となります。そのまま形容詞として何かの名詞にかかります。

例文

There is a creepy old house in my neighborhood.

近所に気味の悪い古い家がある。

例文

The Sixth Sense is a creepy movie.

『シックス・センス』は気味の悪い映画だ。

少し前にネットで「creepy clown(気味の悪いピエロ)」といったピエロの恰好をしたドッキリ動画が流行りました。

creepの過去形・過去分詞は?

creepの活用については少し議論があるようで、基本的にはcreep – crept – creptです。これが16世紀頃に起源をもつスタイルで圧倒的に数も多いです。

しかし1970年代に入ってからcreepedが急激にみられるようになっています。

例文

Someone creeped into my room and stole my phone.

Someone crept into my room and stole my phone.

誰かが私の部屋にこっそり入ってきて、電話を盗んだ。

口語による崩れではなく、けっこう堅い文章にもcreepedが登場しています。これはcreepだけの問題ではなく、leaped / leptやspelled / speltのように他の言葉でも議論があります。

creeped
crept

ただcreep outのような句動詞になるとほぼcreeped outの形であり、crept outとは言わないと書いています。不思議ですね。

アメリカの辞書である「Merriam-Webster」が記事にまとめていたので参考にしてください。

What’s the Past Tense of ‘Creep’?(Merriam-Webster)

Windowsの校正機能では「crept」を正しい単語として検出しており、creepedが間違いになっています。口語ではどちらでも良さそうですがアカデミックな文章などではcreptが無難かなという感じはしますね。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い

    英単語の意味と使い方

    sign + up, in, off, out, over, awayの違い

    動詞のsignは自分の名前を書くこと、署名をすることですが、これに前置…

  2. 叫ぶ

    英単語の意味と使い方

    shout / scream / yell / holler / cryの違い

    どれも叫んだり怒鳴ったりなど大きな声を出す表現にあたります。それぞれ使…

  3. 申請・応募

    英単語の意味と使い方

    アプリケーション(application)の意味は?

    最近はカタカナでもapplication(アプリケーション)といった言…

  4. previous

    英単語の意味と使い方

    previousの意味と使い方

    previousは「前の、先の」といった意味ですが、formerなどと…

  5. 公表する、発表する

    英単語の意味と使い方

    発表する、公表する、公開するを英語でいうには?

    何かを「発表する」「公表する」「公開する」にあたる英語ではいくつか候補…

  6. pollution

    英単語の意味と使い方

    contaminationとpollutionの違い

    contaminationとpollutionはどちらもニュースでは「…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. manager
  2. asas
  3. 支持する
  4. ジブリ
  5. 飲み放題




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. set offの意味と使い方
  2. stream(ストリーム)とstreaming(ストリーミング)の意味と使い方
  3. delay / late / slowの意味と使い方の違い
  4. tap(タップ)の意味と使い方
  5. departure(出発・出国)の意味と使い方
  6. closure / closenessの意味と使い方
  7. hollow(くぼませる・くりぬく・くぼみ)の意味と使い方
  8. assist / assistance / helpの意味と使い方の違い
PAGE TOP