chart(チャート)の意味と使い方

chart(チャート)の意味と使い方

chart(チャート)といえば日本語でいう「図、表、グラフ」などを指す言葉ですが、けっこう大カテゴリー、総称なのであらゆるものを含むことができます。

そのchartの中に「graph(グラフ)」という小カテゴリーが存在していると考えることができます。グラフとチャートの違いもまとめました。

また音楽関係でいえばいわゆる「ヒットチャート(hit chart)」を指しますが、少し和製英語になっています。ここではchart(チャート)という単語の使い方をまとめています。

chart(チャート)の意味と使い方

chart(チャート)の意味と使い方

chart(チャート)といえば「図、表、図表、グラフ」みたいな意味です。

chartそのものはかなり広範囲にいろんなものを含むことができますが、データなどをわかりやすく図形や表で整理して視覚化して、人に見せることを意図したものに使われる傾向があります。

カラフルな図である必要はありません。chronological chartで「年表」の意味になります。

例文

He used colorful charts in his speech.

彼はスピーチの中でカラフルな図を使った。

例文

Please look at this chart.

この図・グラフを見てください。

例文

There is a mistake in the top section of the chart.

チャートの上部に間違いがある。

例文

Researchers surveyed 10,000 children and compiled the results in a chart.

研究者たちは1万人の子どもを調査し、その結果の表を作成した。

chart(チャート)とgraph(グラフ)の違い

似たような意味ですがchart(チャート)のほうが大カテゴリーにあたり「図、表、図表」などを全般的に指せます。

その中のジャンル・カテゴリーの1つとしてX軸とY軸を持つタイプのチャートを特にgraph(グラフ)と呼ぶイメージです。

折れ線グラフ(Line graph)、棒グラフ(Bar graph)はX軸とY軸がありますが、円グラフはX軸とY軸がないのでpie chartと呼ばれたりします。

例文

You can make pie charts with this software.

このソフトウェアで円グラフが作れます。

ただしこのルールや規定もどこまで厳格なのか曖昧で、辞書には円グラフを「circular chart」「circular graph」の形で掲載もありました。

「circular chart」は大カテゴリー/総称なんで理屈としてもOKですが、カナダ人のスティーブはX軸とY軸がない一般的な円グラフを「circular graph」と呼んでいるのは見たことないと言っていました。

以下は海外サイトが作っているグラフの名称の一覧表です。全世界で統一してこの用語ではありませんが、以下はすべて「chart」で、中には「graph」と呼んでもいいものもあります。

グラフ一覧

the charts

the charts

the chartsと書けば普通は「週間」の「音楽」の売れゆきを指したものです。アメリカでは音楽業界誌の『ビルボード』が発表するもの、日本ではオリコンが有名です。

チャートに入るとは一般的には100位ぐらいまでを指す感覚です。record chartやmusic chartとも呼ばれます。

例文

Her new single debuted at the top of the charts.

彼女の新しいシングルはチャートの1位でデビューした。

例文

Their latest album didn’t even make the charts in the UK.

彼らの最新アルバムはイギリスでチャートにも入らなかった。

例文

Their last album peaked at number seven on the charts.

彼らの最後のアルバムはヒットチャートで最高7位だった。

例文

Babymetal made it to 39th on the US Billboard chart.

ベイビーメタルはビルボードチャートで39位だった。

カタカナだと「ヒットチャート(hit chart)」になりますがhitを動詞にとられる可能性が高くなります。

あまり英語では「hit chart」とはいわず和製英語ぎみですが、hit song chartの略だと考えればまったく意味不明というわけでもありません。

一般的には音楽はthe chartsです。複数形になっているのはヒップホップチャートやロックチャートのようにジャンルがわかれているからです。

動詞でchartを使う

動詞でもそのまま使えて、the chartsに登場することです。

例文

His first single charted at number 10 in it’s first week.

彼の初のシングルは初週に10位に入った。

例文

Everyone is expecting that song to chart at number one when it is released.

あの曲がリリースすると1位になるとみんな期待している。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. お世辞のflatterとflatteryの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    お世辞のflatterとflatteryの意味と使い方

    flatterは動詞で「お世辞を言う」の意味として知られます。確かに日…

  2. 握手会
  3. cool(クール)

    スラング

    cool(クール・かっこいい)の意味と使い方

    coolは「冷たい、涼しい」の形容詞の意味がもともとあります。そこから…

  4. 強制

    カタカナビジネス英語

    強制を意味する「mandatory」と「compulsory」の違い

    これはどちらも「強制的な、強制された、必須の」といった意味ですが少しニ…

  5. ジッパー

    英単語の意味と使い方

    fastener(ファスナー)とチャックの関係

    ジーンズや服などについているチャックは英語なのか? といった問題がまず…

  6. ムードメーカー

    和製英語とカタカナ英語

    「ムードメーカー(mood maker)」を英語でどういうか?

    ムードメーカー(mood maker)といった言葉は和製英語になります…

おすすめ記事

  1. fix / repair / mend
  2. 支持する
  3. present
  4. カタカナ
  5. 英語の先生




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. draw(引く・描く・引き分け)の意味と使い方
  2. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  3. sort(ソート)の意味と使い方
  4. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  5. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  6. shoot upとshoot downの意味と使い方
  7. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い
  8. stake(ステイク)の意味と使い方




PAGE TOP