viaの意味と使い方、by, throughとの違い

via
 

公開日: 最終更新日:2020.04.3

viaは「~を経由して、~を通って、~を用いて」を意味する前置詞でラテン語がそのまま残っている感じで英語っぽくない響きがあります。

これは旅行などで「サンフランシスコ経由でラスベガスに行った」のような使い方もあれば、「ブルートゥースを通してアクセスする」「ラインで連絡する」といった使い方もできます。

他にもbyやthroughでも置き換えられるケースがあり、このあたりどれを使うべきか使い分けをネイティブスピーカーと1つ1つ検証してみました。使えるケースと使えないケースがあります。

今回、違いを検証するのは「via」「by」「through」の3つです。

〇が問題ない普通の表現、△は言う人がいてもおかしくない表現、▲は間違いとはいえないものの普通のネイティブスピーカーならばまず言わないであろう表現です。×は間違いと断定できる表現です。

viaのシンプルな使い方についてはこのページの最後に発音・読み方と一緒にまとめています。through(スルー)単独での詳しい使い方をお探しの方は『through(スルー)の使い方、throughoutとの違い』も合わせてご覧ください。

LINEで連絡する

ここではメッセージングアプリのLINEを例に出していますが、フェイスブックでもスカイプでも同じ扱いです。

「LINEを通して友達と話した、LINE経由で友達に連絡した」です。

例文

〇 I talked to my friend via Line.

〇 I talked to my friend through Line.

例文

▲ I talked to my friend by Line.

モスクワ経由でロンドンに行く

旅行などでどこかに寄ってから目的地に向かうケースでは以下の表現が成立します。文法的に問題はありませんが意味が異なってしまうケースがあります。

以下は「モスクワ経由ロンドン行きの飛行機に乗っている」です。

例文

〇 I’m taking a flight to London via Moscow.

〇 I’m taking a flight to London through Moscow.

例文

☆ I’m taking a flight to London by Moscow.

☆は文章としては問題ありませんが意味が変わります。モスクワの「近くを通って」の意味になるのでモスクワには止まっていません。

viaとthroughに関してはモスクワにいったん降りて、おそらく飛行機を乗り換えています。つまり経由しています。

知人を介して人に会う

人を介して誰かに会う、紹介してもらうケースなどを想定しています。

例文では「主治医がトム・クルーズを紹介してくれた」「主治医を介してトム・クルーズに会った」といった意味です。

例文

〇 I met Tom Cruise via my doctor.

〇 I met Tom Cruise through my doctor.

例文

☆ I met Tom Cruise by my doctor.

☆も文法上、表現上は問題ありませんが「私の主治医のそばにいるトム・クルーズに会った」になってしまいます。

南側のドアからビルに入る

建物などに入る場合にどこか特定のドアから入るようなケースです。以下は「南のドアを通って建物に入った」です。

例文

〇 I entered the building via the south door.

〇 I entered the building through the south door.

△ I entered the building by the south door.

最後、ちょっと違和感がありますが大丈夫だろうという意見です。

HISを使って中国に行く

また旅行会社に対しては以下のような表現が可能です。旅行会社そのものは交通機関ではないので非常に微妙なラインです。

例文

〇 She went to China via HIS.

〇 She went to China through HIS.

例文

▲ She went to China by HIS.

最後の表現だけ普通のネイティブスピーカーならば言わないであろう表現ですが、間違いだとは言い切れないレベルです。

viaをbyの意味で使う(交通機関)

交通機関に限っていえば、viaをbyの意味で使う人がしばしば見られます。ひょっとしたら北米の英語かもしれませんので確認しておきます。この使い方は実際によく見られます。

以下の例文は「電車を使って仕事に行った」です。普通はbyを使います。

例文

〇 I went to work via train.

〇 I went to work by train.

例文

× I went to work through train.

同じく「彼女はクルーズ船で中国に行った」を意味する例文です。

例文

〇 She went to China via cruise ship.

〇 She went to China by cruise ship.

例文

× She went to China through cruise ship.

viaの意味と使い方

viaが使われたケースを実際のニュースから拾ってきました。使い方としてはシンプルです。ラテン語では「way」を意味します。

発音・読み方は【váiə】なのでヴァイア、バイアが近いです。

妊娠検査のためのIOTアプリが出たニュースからです。

例文

The test involves urinating on a special stick that connects to a smartphone via Bluetooth.

検査は、ブルートゥースを経由してスマートフォンに繋がる特別な棒への排尿を必要とする。

以下は北朝鮮の核問題についてアメリカの大統領補佐官が日本の国家安全保障局長と会談したニュースです。

例文

The assurance was made via telephone to Shotarou Yachi, the Director-General of the Japanese National Security Council.

その言質は電話を通して谷内正太郎国家安全保障局長に行われた。

他にも以下のように使いますので例文をあげておきます。

例文

I booked a connected flight from Osaka to Helsinki via Bangkok.

バンコク経由の大阪からヘルシンキへのフライトを予約した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 仕事

    英単語の意味と使い方

    仕事を意味するjob(ジョブ)とwork(ワーク)の違い

    job(ジョブ)とwork(ワーク)は基本的には同じ意味でどちらも「仕…

  2. flavor(フレーバー・味)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    flavor(フレーバー・味)の意味と使い方

    カタカナでも広く使われている「flavor」は名詞では「味(あじ)」を…

  3. hint(ヒント)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    hint(ヒント)の意味と使い方

    hint(ヒント)はカタカナでも使われるようにクイズなどの答えに近づく…

  4. subtitle(サブタイトル)の意味は字幕か副題か?

    英単語の意味と使い方

    subtitle(サブタイトル)の意味は字幕か副題か?

    英語では一般的にsubtitle(サブタイトル)といえば、それは「字幕…

  5. singular(単数形)とplural(複数形)の使い方

    英単語の意味と使い方

    singular(単数形)とplural(複数形)の使い方

    英語学習者ならば当然のように意識している「S」をつけたりする複数形と単…

  6. drone

    英単語の意味と使い方

    英語としてのdrone(ドローン)の意味と使い方

    今日では無人航空機として知られるドローン(drone)ですが、これ以外…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. peace sign
  2. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言
  3. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?
  4. イギリス / イングランド / UK / ブリティッシュの違い
  5. ファックについて

最近の記事

  1. surviveとsurvivalの意味と使い方
  2. enter / entry / entranceの意味と使い方
  3. simple / simply / simplicityの意味と使い方
  4. dwarf(ドワーフ)とelf(エルフ)の意味と使い方
  5. トラック(truck / track)の意味と使い方
  6. lobby(ロビー)の動詞・名詞での意味と使い方
  7. blossom(ブロッサム)、bloom(ブルーム)、flower(フラワー)の違い
  8. bear(もたらす、耐える、産む、熊)の意味と使い方
PAGE TOP