bring(brought)の意味と使い方

bring(brought)の意味と使い方

bringは「~を持って来る」の意味で、過去形・過去分詞はbroughtとなり、中学で英語を習いはじめた時に苦戦した記憶がある方も多いかもしれません。

bringは物体だけではなく「ある事件が不幸をもたらす」「彼の演説が団結をもたらす」「台風が大雨をもたらす」など人間以外のものが、目に見えないものを持ってくることにも使われます。

ここでは基本的なbring(brought)の使い方を例文付きで取り上げています。

bringの意味と使い方

bringの意味と使い方

ある場所に何かを「持って来る、運ぶ、もたらす」の意味です。発音は以下の音声ファイルで確認してください。カタカナの読み方だとブリングとブロウトです。

bring【bríŋ】原形
brought【brɔ́ːt】過去形・過去分詞

日本語の「持って来る」は人間が何かの物体を運ぶことが頭に浮かびますが、bringは主語が人間以外(事件、天気、態度、制度、仕組みなど)になったり、目に見えないもの(不幸、名誉、名声、団結など)をもたらすケースにも使えるので幅が広いです。

ある場所からある場所へ何かを持ってくること、もたらすことを広く意味できるので、最適な日本語訳も状況によって異なります。

例文

I brought the cup to the table.

私はテーブルにカップを持って来た。

例文

I brought my pen to the test.

試験のために自分のペンを持って来た。

文型の話をするとgiveと一緒なので以下の形が成立します。

bring + 人や場所 + 持ってくる物
bring + 持ってくる物 + to + 人や場所

どちらを使っても同じです。

例文

I brought you a coffee.

I brought a coffee to you.

私はあなたにコーヒーを持って来た。

例文

I brought you a coffee to cheer you up.

I brought a coffee to you to cheer you up.

私はあなたにコーヒーを元気づけるために持って来た。

例文をあげれば無限に作れると思いますがいくつか例文を記載しておきます。

例文

I might bring my girlfriend to the wedding.

その結婚式に彼女を連れて行くかもしれない。

例文

The hurricane brought torrential rain to the peninsula.

ハリケーンは半島に大雨をもたらした。

例文

His Hawaiian pizza brought him fame.

彼のハワイアンピザは彼を有名にした。

彼のハワイアンピザが彼に名声をもたらした。

例文

My son brought shame to the family when he assassinated the president.

息子が大統領を暗殺して、家族に不名誉をもたらした。

例文

This program is brought to you by Coca-Cola.

この番組はコカ・コーラの提供でお届けします。

What brought you to Japan?

What brought you toの意味

「What brought you to Japan?」は「なんで日本に来たの?」といった英会話でもよく見かける表現で「何があなたを日本に連れてきたのか?」といったきっかけを質問するような言葉です。

例文

What brought you to Japan?

なんで日本に来たの?

例文

A love of anime brought me to Japan.

アニメへの愛が私を日本に連れてきた。

= 日本へ来た動機はアニメへの愛だった。

結果にも使える

結果に対してbringを使う

場所だけでなく、ある結果・状況に持っていく、至らせるといった意味でも使えます。

日本語でも「完成まで持っていけるかわからない」といった表現があるので、非常に日本語と近い自然な対訳ができます。

例文

Bring the water to a boil, then add the pasta.

水を沸騰させて、そしてパスタを加えて。

例文

The magician killed the dove, then brought it back to life.

マジシャンはハトを殺した。それから、生き返らせた。

例文

Her speech brought a sense of unity to the group.

彼女のスピーチはグループに団結をもたらした。

bring oneself to do something

bring oneself to do something

熟語やイディオムになっている表現も多いので、代表的なものをご紹介します。

bring oneself to do somethingは「自身を何かをする状態に持っていく」ですが、よく否定文で使われます。

例文

He couldn’t bring himself to apologize.

彼は謝罪することができなかった。

上の例文だと「自分を謝罪するという状態に連れて来る」を否定文で使っています。暗に彼は謝らないといけないのがわかっているけれど、それができなかったと伝えています。

例文

It took some time before I could bring myself to talk with her again.

彼女と再び話すのには、時間がかかった。

この例文だと、彼女側の問題ではなく、自分自身を彼女と話す状態に持っていくことであり、自分が納得できていない、彼女を許せなかった感じが出ています。

bring someone to

意識を戻す

これだけだと「意識を戻す」の意味になります。consciousの意味です。

例文

He fainted so I slapped him to bring him to.

彼は気を失ったので、私は彼をひっぱたいて意識を戻した。

例文

The paramedics couldn’t bring her to.

救急医療隊員は彼女の意識を戻すことができなかった。

bring 〜 to a stop

「~を停止させる、~をやめさせる」などの意味になります。bring 〜 to a halt(~を中止・停止させる)の形も同じような意味でよく用いられます。

例文

We brought the party to a halt when there was no food left.

私たちは食べ物がなくなった時に、パーティーを終わらせた。

詳しくは以下のページにまとめています。

bringの活用(過去形と過去分詞)

singの活用は「sing / sang / sung」になりますが、これに釣られてbringの活用を「bring / brang / brung」としてしまうネイティブスピーカーがそれなりにいるそうです。

正しくはbring(原形)、 brought(過去形)、brought(過去分詞)です。

例文

I brought a stereo to the party.

パーティーにステレオを持っていった。

例文

She had brought two chairs outside to watch the moon.

彼女は月を見るために外に椅子を2脚持って出ていた。

しかしながらネイティブスピーカーでも以下のように言ってしまう人がいます。

例文

I brang a stereo to the party.

She had brung two chairs outside to watch the moon.

(言葉としては間違いです)

他にもthink / thought / thoughtを間違えてthink / thank / thunkみたいに、活用してしまうケースもどこかで見かけるかもねといっています。

例文

I had thought you left already.

もう出かけたと思っていた。

例文

I had thunk you left already.

(言葉としては間違いです)

think / thank / thunkはさすがに間違いに気がつくけど、bring / brang / brungは会話でさらっと言われると気づかない可能性もあるそうです。

しかしこれらは明らかに間違いで、教育を受けていないことのサインであり、コメディなどでちょっとお馬鹿なキャラの演出として使われることがあります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. value

    和製英語とカタカナ英語

    value(バリュー)の動詞・名詞での使い方

    value(バリュー)もカタカナとして定着していますが、あらためていく…

  2. wound-injury

    英単語の意味と使い方

    injured(injury)とwounded(wound)の意味の違い

    どちらも「怪我・負傷」に関連する言葉で、それぞれに形容詞・名詞・動詞の…

  3. ショート

    英単語の意味と使い方

    shortage, lack, shortfallの違い

    似たような単語が並びますが、shortage, shortfallは「…

  4. エクスペリエンス

    英単語の意味と使い方

    experience(動詞・名詞)での意味と使い方

    experienceは名詞で「経験、体験」の意味で登場することが多く、…

  5. as if / as though

    イディオム・熟語・慣用句

    as ifとas thoughの違い

    as ifとas thoughの違いについては、基本的には同じものだと…

  6. go to hell

    スラング

    go to hellの意味と使い方

    go to hellはそのまま文字通り「地獄へ行け」となり、拒絶や拒否…

おすすめ記事

  1. rich / wealthy
  2. 保証する
  3. ミッションインポッシブル
  4. 影響を与える
  5. ゆるキャラ




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 「中古」を意味するsecondhandとusedの違い
  2. like(~のような・~のように)の意味と使い方
  3. invade / invasive / invasionの意味と使い方
  4. restの動詞・名詞での意味と使い方
  5. result inとresult fromの意味の違い
  6. carry onの意味と使い方
  7. break out / outbreakの意味と使い方




  1. ガラスの天井

    イディオム・熟語・慣用句

    glass ceiling(ガラスの天井)とglass cliff(ガラスの崖)…
  2. 細い・痩せている

    英単語の意味と使い方

    「痩せている」のthin, slim, slender, skinny, lea…
  3. たこやき

    日本文化

    たこ焼きを「オクトパス・ボール」と訳す料理翻訳の難しさ
  4. だいたいあってる

    日本語から英語への翻訳

    「だいたいあってる」を英語で表現する
  5. switchの意味

    英単語の意味と使い方

    switchの意味と使い方
PAGE TOP