bridge(ブリッジ)の意味と使い方

bridge(ブリッジ)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2019.12.5

bridge(ブリッジ)といえば「橋」のことですが、日本語でも「懸け橋になる」のように比喩的に使われるのは英語でも同じです。動詞では「懸け橋になる、溝を埋める」といった使い方ができます。

カタカナですら「ブリッジ」で思い浮かぶものが人によって少し違いますが、英語でも歯のブリッジや船の操縦室、あるいはトランプのコントラクトブリッジなども表すことができます。

このページはbridgeの使い方を例文にまとめています。比喩として使われやすい言葉だといえます。

橋としてのbridge

橋の意味

名詞で使えばそのまま「橋」の意味にもなります。橋にも種類があるので吊り橋は「suspension bridge」と呼ばれたりします。

歩道橋は「pedestrian bridge」となり、必ずしも河川にかかっているもの限定ではありません。写真はロンドンのタワーブリッジです。

例文

There are a lot of historic bridges in this town.

この街には多くの歴史的な橋がある。

例文

They built a suspension bridge.

彼らは吊り橋を作った。

例文

The city built a pedestrian bridge over the busy street.

街は混雑する道路に歩道橋を作った。

例文

The bridge didn’t look sturdy enough for our truck, so we went another way.

その橋は私たちのトラックに十分にしっかりしているように見えなかったので、別の道をいった。

例文

At the end of June, a small bridge connecting JR Osaka Station and Yodobashi Camera opened.

6月の終わりに、JR大阪駅とヨドバシカメラをつなぐ小さな橋が開通した。

橋を通る際に通行料金がかかる場合にはtollが使われたりします。

動詞でのbridgeの使い方

動詞でのbridgeの使い方

動詞では「~に橋を架ける、橋渡しをする、(空間・隙間・空白を)埋める」といった使い方ができます。

2つあるものをつなぐような行為です。差をなくすのではなく、2つのものに差・違いは依然としてありますが、その違いを重要でなくならすような行為です。

後ろに「barrier(障害)」や「gap(溝)」のような目的語をとる使い方が一般的です。

例文

Her music bridges the gap between dance hits and protest songs.

彼女の音楽は、ダンスのヒットとプロテストソング(反戦歌など)の溝を埋める。

例文

We created a new system to bridge the communication barrier between engineers and customers.

私たちはエンジニアと顧客のコミュニケーションの障害を埋める新しいシステムを作った。

本当に橋をかけるの意味ではあまり使われませんが使っても間違いではありません。

例文

This river was bridged in 1904.

この川には1904年に橋がかかった。

「橋」以外のブリッジの意味

以下は本当の橋ではなく、橋のイメージから使われるブリッジです。すでに比喩をこえて百年単位で使われているような用語も多いです。

船の操縦室

船の操縦室

船を操作するための部屋を指して使われます。これは昔の船(外輪船)の構造の名残で、船は前後に分けられ橋を架けるように前後を行き来できる通路をつくり、ちょうど中央に操縦室が来たことに由来します。

例文

Someone broke into the bridge and hijacked the ship.

誰かがブリッジに押し入って、船をハイジャックした。

もともとは船ですがその延長としてSF映画では宇宙船などにも使われています。

参考:昔は本当に橋だった「ブリッジ」(日本船主協会)

鼻梁(びりょう)

鼻梁(びりょう)

人間の顔のパーツで「鼻梁(びりょう)」とよばれる、鼻筋の部分を指します。鼻の一番高いところから目に向かうあたりです。

例文

These glasses hurt the bridge of my nose.

この眼鏡は私の鼻筋を痛めた。

例文

He pinched the bridge of his nose in frustration.

彼はイライラして鼻筋をつまんだ。

歯のブリッジ

歯のブリッジ

また歯科としてのブリッジもあります。なくなってしまった歯を補う形で、生きている両サイドの歯から橋をかけるような構造です。

例文

He got a piece of food stuck under his bridge.

彼は歯のブリッジの下に食べかすがつまった。

コントラクトブリッジ

コントラクトブリッジ

また単にbridgeでトランプのコントラクトブリッジ(contract bridge)を指すこともあります。有名なゲームですがルールがいまいち分かりにくいですね。

例文

My aunt is at her bridge club tonight.

叔母はブリッジクラブに今夜、参加している。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. equal / equate / equivalentの意味と使い方の違い

    英単語の意味と使い方

    equal / equate / equivalentの意味と使い方の違い

    「equal」「equate」「equivalent」はどれも「同じで…

  2. erratic / erraticallyの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    erratic / erraticallyの意味と使い方

    erraticは「気まぐれな、不安定な、予測不可能な」といった訳語があ…

  3. オクロック

    英単語の意味と使い方

    o’clock(オクロック)の省略について

    o'clock(オクロック)のようにアポストロフィで省略して「O」が用…

  4. アコモデーション(accommodation)

    英単語の意味と使い方

    accommodation / accommodateの意味と使い方

    accommodation(アコモデーション)は主に「宿泊施設」を表す…

  5. 心温まるの英語は「heartwarming」「heartful」「heartfelt」のどれなのか?

    英単語の意味と使い方

    心温まるの英語は「heartwarming」「heartful」「heartfelt」のどれなのか?…

    結論から書けば「心温まる」は英語では「heartwarming(ハート…

  6. gray

    英単語の意味と使い方

    灰色・グレーの「grey」と「gray」の違い

    grey / grayは結論から先に書けば綴り・スペルが違いますが、ど…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  2. middle finger
  3. イギリス / イングランド / UK / ブリティッシュの違い
  4. select
  5. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方

最近の記事

  1. bear(もたらす、耐える、産む、熊)の意味と使い方
  2. emerge / emergency / emergenceの使い方
  3. branch(枝・支店)の意味と使い方
  4. damn(ダム)の意味と使い方
  5. mob(モブ)の意味と使い方
  6. striking / strikinglyの意味と使い方
  7. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  8. take offense / no offenseの意味と使い方
PAGE TOP