シールとステッカー

シール、ステッカー、ラベルの違い

シールとステッカーの違いを説明しろと言われてもカタカナだと難しいかもしれません。

しかし英語ではseal(シール)sticker(ステッカー)label(ラベル)は明確に別物です。

日本の印刷業界用語としてのシール、ステッカーの定義とはまったく別物なので、このサイトではあくまで英単語として考えていますのでご注意ください。

sticker(ステッカー)

ステッカーはおもちゃとして販売されているような、貼り付けるような紙です。貼って遊ぶようなものです。

私達日本人がイメージするシールのほとんどは「sticker」と表現したほうが近いかもしれません。

古くはビックリマンチョコなどに同封されていたものは、ビックリマン・ステッカーが表現としては近いです。

My daughter put stickers all over her notebook.
(私の娘がノート中にシールを貼り付けてしまった)

I won a pack of stickers at the festival.
(お祭りでシールのパックが当たったよ!)

もともとのシール(seal)は「密閉するようなもの、封をすること」を意味するので、この意味でも日本のシールは一部をのぞき貼って楽しむだけなのでステッカーに近いです。

動詞のstickは「くっつく、貼る、くっつける」などの意味があり、それに「er」がついて、「貼り付くもの」といった本来の意味があります。

label(ラベル)

カタカナと発音が違い「レイベル」みたいな感じになります。

ラベルは基本的に「情報を伝えるもの」です。注意事項、成分であったりします。必ずしも貼り付いている必要はなく、布やステッカー状のものまで様々な範囲を指すことができます。

したがって「ステッカー状のラベル」は存在しよく見かけます。商品に貼り付いている成分表などがそうです。しかし、単純に貼って遊ぶだけのものはラベルとはいいません。

Read the warning label first.
(最初に注意事項のラベルをお読みください)

ただし、貼り付けるタイプのラベルだと、ステッカーで置き換えても問題ないそうです。どちらも見かける表現です。

Read the warning sticker first.
(最初に注意事項のステッカーをお読みください)

値段を伝える意味では「price tag」という言葉があるので、こちらが一般的ですが、それでもステッカーでもOKみたいです。

The price tag says $19.99.
=The sticker says $19.99.

また「sticker price」といった言葉もあり、これは店頭の小売価格などを表します。

The sticker-price is $10,000.

seal(シール)

一方の「seal」は、ある団体や人物が発行するもっと公式、正式なものです。シールがあることによって、品質や製品に何かしら保証などの意味合いをもたせます。

特に商品が「未開封」であることを証明するsecurity seal(セキュリティ・シール)など、日本人にも身近に感じられる要素です。

英語でsealは紙だったり、金属箔のものだったり、場合によってはインクだけの印影のようなものも指します。

日本語でいう「印影、印形、印鑑、はんこ」あたりもシールの範疇に含まれてくるので私達の想像するものとはちょっと違います。

The president put his seal on the document.
(大統領は書類に印影を押した)

Do not use the medicine if the seal is broken.
(封が切れている薬は使うなよ)

本来のsealは「密閉する、封をする行為」を指していますが、大昔はワックスを垂らして上からスタンプを押し付けるような封のしかたがありました。

こういう行為をするのは王室や貴族など身分の高い人で、結果的に権威付けや御墨付を与える行為につながっていきます。

現在ではワックスを使ったシールなど珍しいもので、結果的に「型を押す(ハンコ)」のような行為だけが残ったりして、密閉するの意味が失われていきます。

日本のハンコ・印鑑も密閉する、封をするという意味では違いますが「型を押して、権威付けする、中身を保証する」という意味ではシールだといえます。表彰状などにも市長や校長などのハンコがあることで本物を証明し権威づけています。

元々成り立ちの違う文化なので同一の言葉を当てはめるのは無理がありますが、契約書の「割り印」などは同一のものを保証する、中身を保証する、という意味でも現代のシールに近い考え方かもしれません。

seal of quality

有名なシールといえば、任天堂が北米で自社のソフトに貼っていたseal of qualityなどが有名です。

任天堂のシール

Nintendo was known for the “seal of quality” that they put on each game.
(任天堂はそれぞれのゲームに「品質シール」を貼ることで知られていた)

1980年代の北米マーケットで粗悪なゲームが大量に販売され(アタリショック)、ゲーム業界全体に消費者不信を招いた時に、任天堂が品質を保証する意味で自社製品に貼ったシールです。

他にもアメリカのトランプ製造会社が自社のトランプ(playing cards)の品質を保証するために、青色の台紙にクローバーを描いたデザインの「blue seal(ブルーシール)」を貼っていました。

沖縄にある同名の「ブルーシール」という名のアイスクリームチェーンも有名です。アメリカの米軍基地内で発足したアイスクリーム店で、もともとの名前の由来をたどれば、品質の良い酪農品に贈られる「ブルーリボン賞」の称号である「ブルーシール」にあやかったものだそうです。

そういった意味で、英語のシールは品質を保証したりする意味合いが強いものだと感じることができます。日本人が考える「シール」とは少し違います。

ちなみにsealには同じ綴りでアシカ、アザラシの意味もありますが、関係はたぶんないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英会話スクールの講師になる方法
  2. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  3. 形容詞(adjective)の順序とネイティブの感覚
  4. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  5. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い

関連記事

  1. impressive

    微妙な日本語の翻訳

    「印象に残った」を英語にすると?

    アプリ内で「2016年に最も印象にのこった出来事」に関するアンケート調…

  2. 英単語の使い方と単語比較

    moralとmorale、motivation違い

    moral(モラル)とmorale(モラール)は発音もスペルも似ている…

  3. マジシャン

    英単語の使い方と単語比較

    メンタリスト、マジシャン、サイキックを英語から考える

    1980年代に活躍したMr.マリックが超魔術ブームを起こしましたが、当…

  4. determine

    英単語の使い方と単語比較

    determineとdecideの違い

    ニュースにもよく登場するdetermineは、使われ方や文脈によってい…

  5. LINE

    英単語の使い方と単語比較

    lineとseriesの違いについて

    英語でlineが使われた場合、大きくいくつかの意味に分けることができま…

  6. 宝くじ・クジ引き

    英単語の使い方と単語比較

    lottery, raffle, drawなど「くじ引き」の英語

    ローソンで「X JAPANのバスローブが当たるくじ引きが発売」という記…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. known to
  2. odds
  3. bet
  4. 梟(owl)
  5. ライン
  6. LINE
  7. relationship
  8. 保険用語の英語
  9. 料理
  10. フリー
  1. エルダィとオールド

    英単語の使い方と単語比較

    elderly, elder, oldの違い
  2. 三角形

    英単語の使い方と単語比較

    球体、三角形など形に関する単語
  3. クラッシュ

    英単語の使い方と単語比較

    crash / clash / crushの違い
  4. マジシャン

    英単語の使い方と単語比較

    メンタリスト、マジシャン、サイキックを英語から考える
  5. やしきたかじん

    国内イベントのレポ

    梅田のやしきたかじん展に行ってきました
PAGE TOP