moral / morale / motivation

moral / morale / motivation / motiveの違い

moral(モラル)とmorale(モラール)は発音もスペルも似ているけれど(おそらく)関連のない言葉だそうです。

私達がカタカナで使う「あいつはモラルがないよな~」がどっちを指すのか? という問題にもつながります。

moral【mɔ́(ː)rəl】モラル

発音はカタカナにすると「モーラル/モラル」でしょうか。

名詞では「教訓、格言、金言」の意味があります。

形容詞では「道徳的な、教訓的な、道徳上の、善悪の判断に関する、良心の、精神的な」の意味があります。

おそらく私たちが使っている「モラル」は道徳意識みたいなことなので、こっちの意味が近いはずです。

①The moral of the story is: Do not steal.
(この物語の教訓は「盗むな」だ)

このように名詞で使うと「教訓」みたいな意味になってしまいます。カタカナのモラルとは意味がずれている感じがします。

②He is a moral person.
(彼は道徳的な人間だ)

②は信号無視をしない、ポイ捨てをしないといった道徳意識が高いような人を指します。形容詞だとカタカナに意味が近くなります。

日本語と同じ感覚でモラルが「ある/ない」や「高い/低い」で使うと、いろんな意味でちょっとずれているような感じがします。

morale【mərǽl】モラール

発音も違いますがアクセントの位置も違います。

カタカナにしてしまうと限界がありますが「モラール」が近いです。

名詞のみ存在しており辞書では「(同じチーム・組織などに属する人たちの)やる気、気力、士気、モラール」とあります。

Morale is high in the company after the dress code was loosened.
(服装の規則がゆるくなった後は、会社の士気は高い)

We need to do something to improve morale.
(我々はやる気を改善するために何かする必要がある)

motivationとは違うのか?

カナダ人のスティーブと「Motivation(モチベーション)と一緒じゃないの?」と話していましたが、明らかに別だそうです。

彼の言葉をそのまま使うと以下のとおりです。

Motivation is low.
=People aren’t working hard enough.

Morale is low.
=People aren’t happy.

moraleのほうがもっと全体的で土台にあるような感じのものだそうです。

例えばアップルの下請けで会社で、台湾のFoxconnという会社があります。ここは重労働で自殺者が多くでていることがニュースになりました。

こういう状態の会社は、従業員は働く気(Motivation)はあるけれど幸せだとは思っていない(Morale)といった状況です。

極論するとムチでビシビシ叩いて「働け~、働け~、聖帝様のために働け~」と脅した場合に、従業員は「働かないと殺される…」と思って働きます。

これはある意味で「Motivationを高めている、Motivationが高い」ともいえます。働く気を起こさせており、実際に働かないといけないと思っているからです。

しかしこういう人達は「Moraleが高い」とはいえません。自分たちを幸せだとは思っていないからです。

日本語でモチベーションが定着してしまっているので、英語の単語を感覚で理解するのが非常に難しいです。

motivationとmotiveの違い

ややこしことにmotiveという言葉もあり、同じく名詞で「動機、真意」として使われます。motivationとの違いがややこしいです。

motive【móutiv】

一般的にmotivationは普通はポジティブなことに使われるのに対して、motiveはネガティブなことに使われる傾向があります。

Police arrested him for murdering his co-worker, but they don’t know his motive.
警察は同僚を殺したことで彼を逮捕した。しかし、動機はわかっていない。

Police arrested him for murdering his co-worker, but they don’t know his motivation.
(こういう言い方をしない)

またどちらでも成立する文章はありますが、ニュアンスが違って伝わります。

My motivation for studying English is to live in Switzerland.
私の英語を勉強する動機はスイスに住むためだ。

My motive for studying English is to live in Switzerland.

一般的にはこの場合はmotivationを使います。motiveを使うと何かやましいことや、不誠実な感じ、たくらんでいるような感じで伝わってしまう可能性があります。しかし文章としては間違いではありません。

例文に登場する主な単語と熟語
moral 道徳の 道義
morale 士気 意気込み
loose 放たれた 自由な
improve 改良する 改善する
motivation 動機 やる気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ドリフで考えるifと仮定法(もしも威勢のいい銭湯があったら)
  2. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?
  3. 「支持する」を英語でどう表現するか?
  4. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  5. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い

関連記事

  1. stab

    英単語の意味と使い方

    「刺す」のstab / sting / bite の違い

    stab / sting / biteはすべて「刺す」を意味しますが、…

  2. マジシャン

    英単語の意味と使い方

    メンタリスト、マジシャン、サイキックを英語から考える

    1980年代に活躍したMr.マリックが超魔術ブームを起こしましたが、当…

  3. enthusiastic

    英単語の意味と使い方

    enthusiastic / enthuseの意味と使い方

    enthusiastic(熱狂的な)に関連する派生語は多いですが、すべ…

  4. ペットの名前

    スラング

    ペットに多い英語の名前

    英語では名前の後ろに「-y / -ie」をつけて、日本語でいう「~ちゃ…

  5. 歯医者

    英単語の意味と使い方

    reservationとappointmentの違い

    歯医者の「予約」はreservation(リザベーション)か?appo…

  6. ban

    英単語の意味と使い方

    禁止するのban, kick out, ejectの違い

    何かを禁止する場合には法律などにより「~を禁じる」を意味する「ban」…

おすすめ記事

  1. 仕事
  2. シューズ
  3. 支持する
  4. capital-letter
  5. ジブリ
  6. 倍
  7. ミッションインポッシブル
  8. 炎上
  9. センテンススプリング
  10. 外国人

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. indigenous
  2. pose(ポーズ)
  3. previous
  4. ダメージ
  5. tension(テンション)
  6. upon(アポン)
  7. topping(トッピング)
  8. overtake
  9. spec
  10. dunk12
  1. ピアレンティング

    英単語の意味と使い方

    parentingとchildcareの意味の差を考える
  2. アメリカ

    ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  3. コールド

    英単語の意味と使い方

    cold(冷たい・寒い)とa cold(風邪)の違い
  4. アイス

    アメリカ

    かき氷やアイスクリームの英語
  5. work

    イディオム・熟語・慣用句

    work+at, for, in, onの違い
PAGE TOP