moral / morale / motivation

moral / morale / motivation / motiveの違い

moral(モラル)とmorale(モラール)は発音もスペルも似ているけれど(おそらく)関連のない言葉だそうです。

私達がカタカナで使う「あいつはモラルがないよな~」がどっちを指すのか? という問題にもつながります。

moral【mɔ́(ː)rəl】モラル

発音はカタカナにすると「モーラル/モラル」でしょうか。

名詞では「教訓、格言、金言」の意味があります。

形容詞では「道徳的な、教訓的な、道徳上の、善悪の判断に関する、良心の、精神的な」の意味があります。

おそらく私たちが使っている「モラル」は道徳意識みたいなことなので、こっちの意味が近いはずです。

①The moral of the story is: Do not steal.
(この物語の教訓は「盗むな」だ)

このように名詞で使うと「教訓」みたいな意味になってしまいます。カタカナのモラルとは意味がずれている感じがします。

②He is a moral person.
(彼は道徳的な人間だ)

②は信号無視をしない、ポイ捨てをしないといった道徳意識が高いような人を指します。形容詞だとカタカナに意味が近くなります。

日本語と同じ感覚でモラルが「ある/ない」や「高い/低い」で使うと、いろんな意味でちょっとずれているような感じがします。

morale【mərǽl】モラール

発音も違いますがアクセントの位置も違います。

カタカナにしてしまうと限界がありますが「モラール」が近いです。

名詞のみ存在しており辞書では「(同じチーム・組織などに属する人たちの)やる気、気力、士気、モラール」とあります。

Morale is high in the company after the dress code was loosened.
(服装の規則がゆるくなった後は、会社の士気は高い)

We need to do something to improve morale.
(我々はやる気を改善するために何かする必要がある)

motivationとは違うのか?

カナダ人のスティーブと「Motivation(モチベーション)と一緒じゃないの?」と話していましたが、明らかに別だそうです。

彼の言葉をそのまま使うと以下のとおりです。

Motivation is low.
=People aren’t working hard enough.

Morale is low.
=People aren’t happy.

moraleのほうがもっと全体的で土台にあるような感じのものだそうです。

例えばアップルの下請けで会社で、台湾のFoxconnという会社があります。ここは重労働で自殺者が多くでていることがニュースになりました。

こういう状態の会社は、従業員は働く気(Motivation)はあるけれど幸せだとは思っていない(Morale)といった状況です。

極論するとムチでビシビシ叩いて「働け~、働け~、聖帝様のために働け~」と脅した場合に、従業員は「働かないと殺される…」と思って働きます。

これはある意味で「Motivationを高めている、Motivationが高い」ともいえます。働く気を起こさせており、実際に働かないといけないと思っているからです。

しかしこういう人達は「Moraleが高い」とはいえません。自分たちを幸せだとは思っていないからです。

日本語でモチベーションが定着してしまっているので、英語の単語を感覚で理解するのが非常に難しいです。

motivationとmotiveの違い

ややこしいことにmotiveという言葉もあり、同じく名詞で「動機、真意」として使われます。motivationとの違いがややこしいです。

motive【móutiv】

一般的にmotivationは普通はポジティブなことに使われるのに対して、motiveはネガティブなことに使われる傾向があります。

Police arrested him for murdering his co-worker, but they don’t know his motive.
警察は同僚を殺したことで彼を逮捕した。しかし、動機はわかっていない。

Police arrested him for murdering his co-worker, but they don’t know his motivation.
(こういう言い方をしない)

またどちらでも成立する文章はありますが、ニュアンスが違って伝わります。

My motivation for studying English is to live in Switzerland.
私の英語を勉強する動機はスイスに住むためだ。

My motive for studying English is to live in Switzerland.

一般的にはこの場合はmotivationを使います。motiveを使うと何かやましいことや、不誠実な感じ、たくらんでいるような感じで伝わってしまう可能性があります。しかし文章としては間違いではありません。

例文に登場する主な単語と熟語
moral 道徳の 道義
morale 士気 意気込み
loose 放たれた 自由な
improve 改良する 改善する
motivation 動機 やる気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  2. years oldとyear-oldの違い
  3. 「should you choose to accept it」とifの省略
  4. 英語の形容詞(adjective)の順番・語順について
  5. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い

関連記事

  1. フィールド

    英単語の意味と使い方

    field(フィールド)の意味

    カタカナでもよくフィールドが使われますが、文脈を丁寧に見ると個々には別…

  2. hit-strike

    英語の使い方

    hit / strike / knockの違い

    hit(ヒット)とstrike(ストライク)の違いについてはネイティブ…

  3. big-deals

    英単語の意味と使い方

    big deal / great dealの意味と使い方

    dealそのものは名詞で「取引・契約」といった意味ですが、big de…

  4. 比較級

    英文法とライティング

    比較級は会話ではわりと適当

    ニュースに登場した英単語securerはsecure(頑丈な、しっかり…

  5. milestone

    和製英語とカタカナ英語

    milestone(マイルストーン)の使い方

    ビジネス用語としてのマイルストーンは何かの節目を意味する言葉です。…

  6. ダメージ

    和製英語とカタカナ英語

    damage(ダメージ)の動詞・名詞での使い方

    カタカナでもおなじみの「ダメージ(damage)」の使い方について、一…

おすすめ記事

  1. yera-old
  2. ジブリ
  3. ファックについて
  4. センテンススプリング
  5. rich / wealthy
  6. capital-letter
  7. ハンバーグ
  8. lay-lie
  9. カタカナ
  10. タクシー

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. stable
  2. long-for
  3. cheer
  4. cheek
  5. fix / repair / mend
  6. maternity
  7. in the course of
  8. ~になる
  9. burden
  10. shithole
  1. 倍

    英単語の意味と使い方

    倍(2倍、3倍~)の英語表現
  2. worst-joke

    スラング

    2016年、最悪の英語ジョーク
  3. turn-on

    イディオム・熟語・慣用句

    turn onとturn off の意味(例文付き)
  4. オートグラフ

    英単語の意味と使い方

    sign / signature / autographの違い
  5. usa-food

    アメリカ

    アメリカにも美味しい食材はいっぱいあるよ
PAGE TOP