ホーディング

hoarding(ホーディング)とholding(ホールディング)

ニュースに「hoarder」と「holder」の単語が登場して混乱しましたが、2つはぜんぜん関係がありません。

hoardで「溜め込む、貯蔵する、貯蔵」で、holdは「持っている」です。

ニュアンスや意味合いも近く、発音も似ているので、親戚みたいな感じもしますが、特に関連性はないそうです。

①I am a title-holder.
(私はタイトルホルダーだ)

②I am a title-hoarder.
(私はタイトルホーダーだ)

①はボクシングなどの格闘技をはじめ、さまざまな競技で聞かれるタイトルを持っている人を意味する一般的な表現です。

②は存在しないと思うけど、別に論理的には変ではないし、例えばタイトルをいっぱい貯めこんで手放さない状況の人がいれば使ってもいいみたいですが、そもそも、そのような状況が少ないです。

ネットで検索すると、ゲーム関係のページで少しだけ見ることができました。変ではないにしても、一般的な表現ではないみたいです。

英語ネイティブの見解

カナダ人のスティーブは「hoardとholdは日本人には似たような言葉に見え、聞こえるかもしれないけど、普通の英語ネイティブならそこは混同する要素じゃないと思う」と意見を述べていました。

hoard【hɔ́ːrd】
hold【hóuld】

hoarder【hɔ́ːrdər】
holder【hóuldər】

これは母国語、カタカナにした場合の影響も大きいのでしょう。よく聞くとぜんぜん違います。

持株会社のことをホールディングカンパニーと呼びますが、より正確にカタカナで置き換えるならばホールディングではなく「ホウルディング」が近いかもしれません。

逆に英語ネイティブが混同するのは「hoardとhorde」だといっています。これは発音が同じの同音異義語になり、こっちは混同するケースがあるようです。

hoard【hɔ́ːrd】
horde【hɔ́ːrd】

hordeは「大群、多数、群がる」の意味で、特に狼やライオンなど攻撃的な動物の群れなどに使われます。

There is a horde of monsters outside.
(外にモンスターの群れがいる)

He is hoarding all the cheese.
(彼はすべてのチーズを貯めこんでいる)

ゴミを貯める行為「ホーディング」

昔から事実として存在していましたが最近になって「強迫的ホーディング(Compulsive hoarding)」「ホーディング」などと呼ばれる行為がニュースで報道されるようになりました。

まだまだ研究の浅いジャンルで、最近になって精神疾患として定義されるようになったようです。

Compulsive hoarding

そもそも、家の中がゴミだらけになってしまうのは様々な背景があると言われていますが、一説には収集している人の多くは独居の高齢者で、孤独を埋めるためであったり、モノに囲まれて安心感を感じるためと、メンタルの問題でモノを集め続けてしまうことがあるようです。

また、本人には問題意識がないことがほとんどなようですが、治安の悪化、悪臭、虫の発生や火災の原因になったりと、近隣住民は被害を被っています。

私の田舎の家の近所にも似たような家がありまして、それは決してゴミではないのですが‥‥ 大量の野良ネコが住み着いている、ネコ屋敷です。

ネコ屋敷の住人は独居の高齢の方で、野良ネコに餌をやるため、たくさん家に住み着いているといわれています。家の前を通ると獣の匂いがぷ~んと漂ってきます。また、夏場はハエが大量発生したりします。その家のすぐ隣にある家の敷地内で糞をするなど、迷惑に感じている方もいます。

幸い私の家はど田舎にあり、各家の間隔が基本的には100メートル位離れています。町内の住民はその家と関わらず生活出来るため、実際、被害を感じてるご家庭は2件程度にとどまっており、この件はあまり問題視されてはいません。私は「これが密集した都会なら問題だろうなぁ。私が隣だったらいやだな」と思いますが、田舎ではむしろ周りの住民は「さみしいんだろうし、あまり言うのも可哀想なのでそっとしておこう」という状態です。

その家主は数年前に奥さんを亡くしてから野良ネコを住まわせているようです。

ゴミ収集と、野良ネコを招き入れてしまうのが同じ動機とは断定できませんが、両者ともに孤独を紛らわしたいなど、ある種のストレスを発散しようとしている気がします。

ゴミについては、条例で場合により強制撤去が出来るようになりました。しかしゴミを撤去しても家主の心の問題は依然残ると思います。だからといって、住民や行政が家主の心に対して出来る事も限られてはいるのですが‥‥。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  2. 形容詞(adjective)の順序とネイティブの感覚
  3. 英会話スクールの講師になる方法
  4. アメリカと日本の育児方針の違い
  5. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件

関連記事

  1. トライ

    イディオム・熟語・慣用句

    tryとtry outの違いについて

    すでにカタカナとしてもかなり使われている「try」の使い方や基本的な意…

  2. パンツ

    英単語の使い方と単語比較

    パンツ(pants)が複数形になる理由

    パンツが複数形になる理由は製法から来る歴史的なものの名残だそうです。…

  3. カムバック

    英単語の使い方と単語比較

    make a comebackとcome backの違い

    ニュースで「make a comeback」の表現が登場したときに、通…

  4. 羽

    イディオム・熟語・慣用句

    knock me over with a featherの意味

    『マッドマックス怒りのデスロード』が国際映画批評家連盟の年間グランプリ…

  5. セレブ

    英単語の使い方と単語比較

    セレブ、タレント、ギャラを英語で表現する

    カタカナでも随分と聞かれるようになったセレブですが、英語ではceleb…

  6. 猫

    英単語の使い方と単語比較

    いつ使うかわからないfeline(猫)とcanine(犬)

    猫エイズの話題をとりあげた時にfeline(猫の)という言葉が出てきま…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. パン
  3. フリーティー
  4. はてぶ
  5. センテンススプリング
  6. 失恋
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上する

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. 色を塗る
  2. ガジェット
  3. 展示会
  4. 鹿
  5. セレブ
  6. エレン・デジェネレス
  7. ハイジャック
  8. ウエスタン
  9. 信じる
  10. ぬいぐるみ
  1. 31円

    日本(Japan)

    Vol.03『所持金は31円』
  2. フリー

    英単語の使い方と単語比較

    freeとfreelyの違い
  3. ハック

    英単語の使い方と単語比較

    英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  4. はてぶ

    日本(Japan)

    2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  5. pay / cost

    英単語の使い方と単語比較

    cost / pay / sell for / worthの違い
PAGE TOP