dozen

dozen(ダース)という不思議な単位の使い方

海外に出ると12個を1組とする「ダース」発音としては「ダズン」が当たり前のように使われています。日本でも見かけますが元々が輸入品だったりと、日本人がすすんで使っている感じでもありません。

日本人にすると中途半端な数字ですが、12個が好まれるのは半分(halves)1/3(thirds)クォーター(quarters)のどれにも簡単に割れるからだそうです。

今回はダースの表現を取り上げてみます。特に卵やドーナツの販売などによく見られますね。

最初に書いておきますがスター・ウォーズのDarth Vader(ダースベイダー)は字が違うしそもそも造語です。しかも英語ではdozen(ダズン)なので発音も何もかも関係ありません。

ダース(a dozen)

ダース

ダースで販売しているものは一般的に以下のような表現が可能です。

They sell eggs by the dozen.
彼らは卵をダースで売る。

You can buy donuts by the dozen.
ドーナツをダースで買えます。

値段の表現をするときは”for a dozen”や単純に”dozen”といいます。

They sell eggs for $3 for a dozen.
They sell a dozen eggs for $3.
彼らは卵12個を$3で売る。

You can buy donuts for $5 for a dozen.
You can buy a dozen donuts for $5.
ドーナツ12個を$5で買えます。

dozens of(たくさんの)

a dozenは「12」を意味しますが、dozens ofで「たくさんの、いっぱいの」を意味します。この場合、特に12の倍数である必要もなく感覚的に「いっぱい、たくさん」の意味になります。

There is a dozen pigeons outside my house.
= There are 12 pigeons outside my house.
家の外にハトが12匹いる。

There are dozens of pigeons outside my house.
= There are a lot of pigeons outside my house.
家の外にハトがいっぱいいる。(たぶん100匹ぐらい)

She is famous for helping dozens of poor people.
彼女は多くの貧しい人々を助けていることで有名だ。

a score / score of

似たような考え方でscoreには点数などのスコアもありますが、数字の「20」を意味します。ちょうどdozenが「12」を意味するのと同じ関係にあたります。

a dozenが「12」を意味し、dozens ofが「たくさんの、いっぱいの」を意味するのと同じことがscoreにもいえます。

a scoreが「20」を意味し、scores of が「たくさんの、いっぱいの」を意味することになります。

There is a score of pigeons outside my house.
= There are 20 pigeons outside my house.
家の外にハトが20匹いる。

There are scores of pigeons outside my house.
= There are a lot of pigeons outside my house.
家の外にハトがいっぱいいる。(たぶん100匹ぐらい)

なぜscoreが20を指すのかは諸説あるようですが、昔の羊を数えることに由来する説があり、手足の指の合計ではないかという話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  2. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  3. 形容詞(adjective)の順序とネイティブの感覚
  4. 世界のツイッターフォロワー数ランキング!
  5. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?

関連記事

  1. 許可

    英単語の使い方と単語比較

    許可する、許すのlet / allow / permitの違い

    let / allow / permitはどれも「許す、許可する」とい…

  2. トイレとお風呂

    イギリス英語とアメリカ米語

    toilet, bathroom, WCなどトイレの違い

    英語で「トイレ」を指す言葉は多くあり、日本語・カタカナとも感覚が違うの…

  3. オープン

    英文法とライティング

    openとopenedの意味の違いを考える

    openの使い方は簡単なように見えて難しいので、少し整理してみます。…

  4. コンペンセイト

    英単語の使い方と単語比較

    compensate / compensationの使い方

    日本語訳としては動詞では「compensate(補償する、埋め合わせを…

  5. intake

    英文法とライティング

    take in → intakeのような名詞

    cry out のような基本動詞+前置詞の組み合わせは、そのままout…

  6. suffer

    英単語の使い方と単語比較

    sufferとsuffer fromの使い方

    sufferは「苦しむ、嫌なことに耐える、我慢する」などの意味がありま…

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. 影響を与える
  3. カタカナ
  4. bread
  5. フリーティー
  6. hatena
  7. センテンススプリング
  8. 本当は好きじゃなかった
  9. ツイッター
  10. asas

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. dedicated
  2. チャージとリチャージ
  3. charge(チャージ)
  4. ifと仮定法
  5. 影響を与える
  6. gritty
  7. wonder
  8. オープン
  9. ニューオープン
  10. サクセス
  1. terribly

    英単語の使い方と単語比較

    強調の意味のterribly
  2. 驚く人

    アメリカ

    アメリカで宝くじに当選すると不幸になる?
  3. スポーツの勝ち負け

    英単語の使い方と単語比較

    スポーツの勝ち負けに関する英語表現
  4. comeback

    英単語の使い方と単語比較

    make a comebackとcome backの違い
  5. クリスマス

    アメリカ

    人種多様なアメリカのクリスマス事情
PAGE TOP